てんかん Q&A

    てんかんとは?
TEXT SIZE
 
『てんかん専門医ガイドブック』

てんかん専門医ガイドブック
 ―てんかんにかかわる医師のための基本知識―

概要

てんかん専門医ガイドブック「てんかん研究」編集委員会

委員長 亀山茂樹   


2014年3月に、日本てんかん学会てんかん専門医ガイドブック編集委員会による『てんかん専門医ガイドブック』が発刊されました。てんかん専門医試験を受験する医師のみならず,てんかんにかかわるすべての医師必携のガイドブック.概念や分類,病因,診断,検査,治療などの総論から,新生児から高齢者まで各年代別の重要なてんかんや遺伝子研究結果に基づく特殊てんかんの最新知識,外科治療などを解説した各論に続き,妊娠,運転,生活支援についても具体的に紹介.臨床てんかん学の内容をコンパクトにまとめた実践的な一冊です。(診断と治療社HP、本書紹介文より転載) 


 ISBN9784787820341 定価:7,020円(税込)です。書店にてお求めください。 

(正誤表のお知らせ)

第1・2刷のP.141表2に間違いがございました。こちらより(PDF)ご確認くださ い。


【目次】

略語一覧

Ⅰ 総 論

第1章 てんかんの疫学

1.概念・定義・有病率・発病率

2.分類(1981 年,1989 年,2010 年の比較)

第2章 てんかんの病因・病態生理

1.てんかん原性と伝播

2.てんかんの責任遺伝子と遺伝子診断

①チャネロパシーとしてのてんかん責任遺伝子  ②その他のてんかん発作を呈する神経疾患の遺伝子異常  ③抗てんかん薬の代謝と副作用に関連する遺伝子  ④遺伝子診断の可能性と問題点

3.てんかん原性の病理

4.抗てんかん薬の作用機序と副作用

第3章 てんかんの診断

1.新生児

2.小児

3.成人

4.高齢者

5.精神症状の診断

6.てんかん性脳症

7.部分発作の発作症候・側方徴候

8.全般発作の発作症候

9.てんかんと突然死(SUDEP)

第4章 てんかんの検査

1.臨床神経生理

①脳波・脳磁図の原理と解釈  ②正常脳波と発作間欠期脳波  ③睡眠関連てんかんと睡眠異常―成人― 、 睡眠関連てんかんと睡眠異常―小児―   ④小児の脳波とその異常  ⑤発作時ビデオ脳波  ⑥頭蓋内脳波記録  ⑦脳磁図解析と焦点局在推定  ⑧経頭蓋磁気刺激

2.神経画像

3.機能画像

4.神経心理

5.変性疾患,急性疾患,心原性失神

第5章 てんかんの治療

1.薬物治療

①初発発作の薬物治療  ②薬物治療の終結  ③抗てんかん薬の薬物動態  ④身体疾患治療薬や他の薬剤との相互作用

2.小児・思春期てんかんの薬物治療

3.小児の特殊治療(ACTH,ケトン食など)

4.成人てんかんの薬物治療

5.妊娠適齢期てんかん患者の薬物治療

6.高齢者てんかんの薬物治療

7.合併心因発作,精神症状の治療

8.てんかん重積に対する救急治療

①けいれん性てんかん重積の診断と薬物治療―小児― 、 けいれん性てんかん重積の診断と薬物治療―成人―   ②非けいれん性てんかん重積  ③脳炎によるてんかん重積  ④その他の急性病態

9.外科治療総論

①難治てんかん,外科治療の適応  ②切除外科,遮断外科,緩和的外科治療

10.医療連携

①職種,専門医,診療科,施設間の連携  ②倫理,医療支援カウンセリング  ③医療・福祉サービス  ④てんかん患者の社会参加とリスク管理  ⑤道路交通法  ⑥その他の法律(銃刀法など)

Ⅱ 各 論

第1章 新生児・乳児てんかん

1.熱性けいれん

2.年齢依存性てんかん性脳症

①大田原症候群  ② West 症候群  ③ Lennox-Gastaut 症候群  

3.新生児てんかん 

①良性家族性・非家族性新生児てんかん  ②症候性新生児発作

4.乳児てんかん

① Dravet 症候群(乳児重症ミオクロニーてんかん)  ②乳児良性ミオクロニーてんかん ③ミオクロニー脱力てんかん(Doose 症候群)

第2章 小児てんかん

1.中心・側頭部棘波(を伴う)良性小児てんかん(BECTS)

2.Panayiotopoulos 症候群,Gastaut 型特発性小児後頭葉てんかん

3.徐波睡眠時持続性棘・徐波(をもつ)てんかん(ECSWS)

4.Landau-Kleffner 症候群

5.小児欠神てんかん

第3章 青年期てんかん

1.若年欠神てんかん

2.若年ミオクロニーてんかん

3.覚醒時大発作てんかん

4.視覚誘発てんかん

5.反射てんかん

第4章 孤発性部分てんかん

1.側頭葉てんかん

2.前頭葉てんかん

3.頭頂葉てんかん

4.後頭葉てんかん

5.反射てんかん

第5章 遺伝子異常によるてんかん・特殊てんかん

1.先天性代謝異常症

2.進行性ミオクローヌスてんかん(PME)

3.染色体異常

4.最近定義された遺伝性子異常によるてんかん症候群

5.持続性部分てんかん(EPC)

6.皮質下起源のてんかん(視床下部過誤腫など)

7.外傷性てんかん

第6章 外科治療

1.内側側頭葉てんかん

2.新皮質てんかん

3.腫瘍関連てんかん

4.脳梁離断術

5.半球離断術

6.迷走神経刺激療法

7.特殊な手術

第7章 てんかん精神病と心理的共存症

1.発作周辺期精神病

2.発作間欠期精神病

3.抗てんかん薬による精神症状

;
 

日本てんかん学会 事務局

〒187-0031
東京都小平市小川東町4-6-15
TEL・FAX:042-345-2522
E-MAIL: jes-oasumin.ac.jp
部分を @ に変更し、E-MAILアドレスをご利用ください。
Copyright (C) 2011 The Japan Epilepsy Society