Last Update
2017.08.30
 
visitors
from 2000/12/15
 
 
 
ダウンロードサイトは
こちら。
 
  What's NEW    
   
2017.08.30
役員・評議員一覧を更新しました。
   
2017.08.30
新理事長「ご挨拶」を掲載しました。
   
2017.08.25
第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会の情報を掲載しました。

 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会
     
   会 期:2018年5月24日(木)〜25日(金)
第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会
   会 場:大阪市中央公会堂
   会 長:楠本 健司
     関西医科大学形成外科講座
   テーマ:多職種の総力を挙げて-より良い治療を目標に-
   演題募集:2017年12月13日(水)〜2018年1月16日(火)
   事前参加登録期間:2017年12月13日(水)〜2018年4月20日(金)
   プログラム等詳細は決定次第、大会ホームページにてご案内いたします。
   大会ホームページ:http://jcpa42.umin.jp/
   事務局:関西医科大学形成外科講座
   第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会運営事務局:
     株式会社アカデミック・ブレインズ
 〒540-0033大阪市中央区石町1-1-1天満橋千代田ビル2号館10階
 TEL:06-6949-8137 FAX:06-6949-8138
 E-mail: jcpa42@academicbrains.jp
 
 

●2025年国際口蓋裂学会の京都開催が決定しました(国際委員会)

  2017年2月8日〜11日にインド・チェンナイ・マハーバリープラムで開催されました第13回国際口蓋裂・頭蓋顔面異常学会(13th International Congress on Cleft Palate and Related Craniofacial Anomalies)におきまして、投票の結果、第15回学会(2025年度)の開催国に日本(京都)が指名されました。これまで会員の皆様とともに誘致活動を行って参りましたが、この度の結果を得ることができました。関係者の皆様方に心より御礼申し上げます。これから2025年の開催に向けての準備を鋭意進めて行きたいと思っております。開催提案書(Bid Paper)をクリックしていただくと詳細をご覧いただけますので、引き続きご支援下さいますようお願い申し上げます。
 
     開催予定:2025年10月19日〜24日
   開催予定会場:国立京都国際会館
   テーマ:"Best time in Kyoto to create cleft history!"
 
    なお、国際学会に関しましては、下記のホームページをご参照願います。
 
  国際口蓋裂学会連合(International Confederation of Cleft Lip and Palate
  and Related Craniofacial Anomalies)ホームページ:http://www.iccpca.org/
 
 
 

●会員メーリングリストを開設しました

  受信希望の方は(1)会員番号(2)氏名(3)氏名かな(4)所属(5)Eメールアドレスを
事務局までメールでご連絡をお願いします。
 
 

●口唇裂・口蓋裂児の出生に関する実態調査について

  学術調査にご協力いただける登録施設の皆さまへ(お願い)
 
専用ページへ「進行状況および患児登録用紙の提出方法の確認のご案内」を掲載いたしました。
既に2月に入りましたので、倫理審査が終了した施設から調査を実施していただき、下記の要領にて添付文書として送信していただけますようよろしくお願いいたします。
 
症例登録方法再確認
 1)対象となる期間は2013年1月1日〜2014年12月31日までに初診された患者さんです。
 2)『患児登録用紙』の@初診時登録の部分を記入してください。
 3)1年以上経過している症例については、A〜Cも記入してください。
 4)1症例1枚を使用していただき、ファイル名は貴施設登録番号-症例数
   (01から順次)
   例:施設登録番号が 010 で 3 例目であれば、ファイル名は 010-03 です。
 5)ファイルを保存する段階でファイル→情報(一番上)→文書の保護→
   前回お知らせした同じPW(C***2**6)にて保存してください(PWが
   不明な場合にはメールで確認してください)。
 6)下記宛で添付文書として送信してください。
   メールのタイトルは:「実態調査登録」としてください。
   登録専用メールアドレス:cleftas2016@onebridge.co.jp
 
以上、よろしくお願いいたします。
 
平成29年2月吉日
日本口蓋裂学会 学術調査委員会 委員長 木律男
(新潟大学大学院医歯学総合研究科・顎顔面口腔外科学分野)
 
  ●学会誌「日本口蓋裂学会雑誌」発行
第41巻1号
 
  最新号:第41巻第3号 平成28年10月発行
前 号:第41巻第2号 平成28年05月発行
   
●学会誌「日本口蓋裂学会雑誌」投稿締切
 
   第42巻第2号 抄録号のため一般論文の受付・掲載はありません。
 第42巻第3号 平成29年06月15日(消印有効)
 第43巻第1号 平成29年11月15日(消印有効)
 
  ●「口唇裂・口蓋裂の治療プラン
  ―全国111診療チームにおける現況―」
  (日本口蓋裂学会)を発行しました。
  ご希望の方には実費で頒布しております(1冊500円+送料)。
お問い合わせ・お申し込みは本学会事務局までお願いします。
 
  ●「口唇裂・口蓋裂手引書」(日本口蓋裂学会編)
  を発行(平成28年3月再改訂)しました。
  ご希望の方には実費で頒布しております(1冊500円+送料)。
お問い合わせ・お申し込みは本学会事務局までお願いします。

  ●更新履歴
   
2017.08.30
役員・評議員一覧を更新しました。
   
2017.08.30
新理事長「ご挨拶」を掲載しました。
   
2017.08.25
第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会の情報を掲載しました。
 
 
2017.02.10
学術調査 患児登録用紙の確認のご案内を掲載しました。
 
 
2016.11.18
学会誌41巻3号目次を掲載しました。
 
 
2016.11.15
口唇裂・口蓋裂児の出生に関する実態調査について 締め切りを延長しました。
 
 
2016.10.24
国際口蓋裂学会誘致活動 Bid Paper を掲載しました。
 
 
2016.09.07
口唇裂・口蓋裂児の出生に関する実態調査について を掲載しました。
 
 
2016.09.07
委員会一覧を更新しました。
   
2016.06.14
第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会の情報を掲載しました。
   
2016.04.25
学会誌41巻1号目次を掲載しました。
   
2015.10.25
学会誌40巻3号目次を掲載しました。
   
2015.05.11
学会誌40巻1号目次を掲載しました。
   
2014.11.13
学会誌39巻3号目次を掲載しました。
   
2014.05.16
学会誌39巻1号目次を掲載しました。
 
2014.01.10
学会誌38巻3号目次を掲載しました。
 
2013.05.30
学会誌38巻1号目次を掲載しました。
 
2012.12.26
学会誌37巻3号目次を掲載しました。
 
2012.10.22
沿革・歴史,関連リンクを掲載しました。
 
2012.10.11
第37回総会ホームページにリンクしました。
 
2011.12.27
学会誌36巻3号目次を掲載しました。
   
2011.05.16
学会誌36巻1号目次を掲載しました。
   
2010.12.15
学会誌35巻3号目次を掲載しました。
   
2010.10.15
第35回総会ホームページにリンクしました。
   
2010.06.21
学会誌35巻1号目次を掲載しました。
   
2009.12.25
学会誌34巻3号目次を掲載しました。
   
2009.06.16
学会誌34巻1号目次を掲載しました。
   
2009.01.22
「口唇裂・口蓋裂の治療プラン」の頒布を開始しました。
 
2008.12.18
学会誌33巻3号目次を掲載しました。
 
2008.07.08
学会誌33巻1号目次を掲載しました。
 
2008.01.24
学会誌32巻3号目次を掲載しました。
 
2007.11.05
第32回総会ホームページにリンクしました。
 
2007.07.02
役員名・委員名を更新しました。
   
2007.04.11
新理事長「ご挨拶」を掲載しました。
   
2007.02.22
「口唇裂・口蓋裂手引書」の頒布を開始しました。
   
2006.12.11
学会誌31巻3号目次を掲載しました。
   
2006.11.06
第31回総会ホームページにリンク開始しました。
   
2006.09.11
ホームページをリニューアルしました。