ホ−ムページ
会長挨拶
プログラム
演題募集要項
お願いとお知らせ
会場への交通案内
宿泊案内

プログラム概要

詳しい日程はこちらをご覧下さい

海外招請講演

海外招請講演1

Prof. Prediman K Shah, MD

Division of Cardiology, Cedars-Sinai Medical Center, LA, CA, USA

Title: “Inflammatory Paradigm of Athero-thrombosis”

Date: 13th Dec
Chair: K. Ishikawa (石川欽司:近畿大学医学部循環器内科)

海外招請講演2

Dr. J. W. Randolph Bolton, MD

President, Carolina Heart Institute, Medical Director, Heart Surgery Program, Self Memorial Hospital, Associate Professor

Title: “OPCAB and the Process and Benefits of Early Discharge”

Date: 13th Dec
Chair: T. Saga (佐賀俊彦:近畿大学医学部心臓外科)

特別講演

特別講演1

「日本の冠血行再建の現状」

<内科系>

演者:竹下 彰(九州大学大学院医学研究院附属心臓血管研究施設)

「日本の冠結構再建の現状 −内科の立場から−」

<外科系>

演者:遠藤真弘(東京女子医科大学附属日本心臓血圧研究所心臓血管外科)

「我が国の CABG と PCI の実情」

司会:山口 洋(朝日生命成人病研究所丸の内病院)

特別講演2

Dr. John P. DiMarco

Julian Ruffin Beckwith Professor of Medicine,
University of Virginia School of Medicine,
Charlottesville, Virginia, USA

Title: "Usefulness / Effectiveness of Biventricular Pacing"

Date: 14th Dec
Chair: H.Tomoike(友池仁暢:国立循環器病センター病院)

教育講演

「冠動脈疾患の診療における心臓超音波法」

吉川純一(大阪市立大学大学院医学研究科循環器病態内科)

座長:上松瀬勝男(日本大学医学部第二内科)

シンポジウム

 「硝酸薬の有用性と限界」

司会: 栗山 煕(九州大学)
金政 健(近畿大学医学部高血圧老年内科)
演者: 1.不安定狭心症に対する硝酸薬の有用性
   野々木宏(国立循環器病センター循環器内科)
2.急性心筋梗塞に対する有用性
   川名正敏(東京女子医科大学附属心臓血圧研究所循環器内科)
3.硝酸薬の有用性と限界 硝酸薬耐性
   渡辺秀樹(きぬ医師会病院内科)
4.心筋梗塞二次予防に対する長時間作用型硝酸薬の効果
   長尾 健(日本大学医学部救急医学)
5.硝酸薬間欠投与法
   金政 健(近畿大学医学部高血圧老年内科)
6.硝酸薬大規模臨床治験
   中村保幸(滋賀医科大学内科学一)

「中、長期遠隔成績からみた虚血性心筋症に対する外科治療戦略」

司会: 坂田隆造(鹿児島大学医学部外科学第二)
堀 正二(大阪大学大学院医学系・医学部 病態情報内科学)
演者: 1.虚血性心筋症は外科的左室リモデリングなしにどこまで遠隔成績が改善するか
   榊原直樹(石川県立中央病院心臓血管外科)
2.虚血性心筋症に対する左室形成術
   磯村 正(葉山ハートセンター心臓血管外科)
3.虚血性心筋症に対する Dor 手術の検討
   四元剛一(鹿児島大学医学部第二外科)
4.高度心拡大を伴う虚血性心筋症に対する conventional CABG と左室縫縮術遠隔成績の検討
   西田 博(東京女子医科大学心臓血管外科)
5.左室容積の拡大(LVESVI>100ml/m2)した虚血性心筋症の手術戦略
   山口敦司(自治医科大学付属大宮医療センター心臓血管外科)
6.虚血性心筋症に対する Dor 手術の成績と予後規定因子の検討
   近藤敬一郎(大阪医科大学胸部外科)
7.虚血性心筋症に関する治療戦略(新しい手技の工夫とその予後)
   三和千里(京都大学大学院医学研究科器官外科学心臓血管外科)

パネルデイスカッション

「血管内視鏡、IVUSからみた急性冠症候群の治療戦略」

司会: 水野杏一(日本医科大学附属病院千葉北総病院内科)
野村雅則(藤田保健衛生大学医学部内科)
演者: 1.血管内エコー法(IVUS)からみた急性冠症候群の治療戦略
   本江純子(日本大学医学部第二内科)
2.急性心筋梗塞(AMI)に対する血栓吸引療法施行時の血管内超音波(IVUS)所見
   伊藤良明(川崎社会保険病院循環器科)
3.No-reflow 現象と pre-intervention IVUS による病変形態について
   田中 篤(馬場記念病院内科)
4.冠インターベンション施行時の No-reflow の出現頻度とIVUS 所見−急性冠症候群 vs 安定狭心症−
   及川 裕二(心臓血管研究所内科)
5.血管内視鏡所見からの提言
   上田恭敬(大阪警察病院心臓センター)
6.Therapeutic interventions based on angioscopic findings
   岡松健太郎(日本医科大学付属千葉北総病院循環器センター)
7.急性心筋梗塞責任冠動脈病変の形態学的相違から見た治療戦略
   林 孝浩(近畿大学医学部循環器内科)

Transcatheter Imaging Live Demonstration
− 大阪警察病院心臓センターからのライブ中継 −

Course Director 児玉 和久(大阪警察病院)
Chairman 斎藤  穎(日本大学医学部第二内科)
平山  篤(大阪警察病院)
Commentator 相澤 忠範((財)心臓血管研究所付属病院)
水野 杏一(日本医科大学附属病院千葉北総病院)
南都 伸介(関西労災病院)
野村 雅則(藤田保健衛生大学医学部内科)
Case Presentation
浦部 由利(北九州医療センター)
松岡  宏(愛媛県立今治病院)
川上 秀生(愛媛県立今治病院)
Operator 上田 恭敬(大阪警察病院)
鷹野  譲(大阪警察病院)
大原 知樹(関西労災病院)
高山 忠輝(日本大学医学部第二内科)
本江 純子(日本大学医学部第二内科)
石原 正治(社会保険広島市民病院)

市民講座

司会: 石川欽司(近畿大学医学部循環器内科)
佐賀俊彦(近畿大学医学部心臓外科)

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー1

Dr. John P. DiMarco

Julian Ruffin Beckwith Professor of Medicine,
University of Virginia School of Medicine,
Charlottesville, Virginia, USA

Title: "Can We Select High Risk patients For Prophylactic ICD Therapy?"

Date: 13th Dec
ChairI: I. Yamaguchi(山口 巌:筑波大学臨床医学系内科学(循環器))

ランチョンセミナー2

12月13日

司会:神原啓文(大阪赤十字病院心臓血管センター)

演者:藪下 博史(近畿大学医学部 循環器内科)

「顕微鏡を体内にNew Imaging Device OCT (Optical Coherence
Tomography)」

ランチョンセミナー3

Dr. Kit V. Arom

Cardiothoracic Surgeon-in-Chief Bangkok Heart Institute Bangkok General Hospital Soonvijai, Bangkok,Thailand

Title: "Proximal Anastomosis Device : Technique, Advantage and Limitations"

Date: 13th Dec
Chair: T. Tashiro(田代 忠:福岡大学医学部心臓外科)

ランチョンセミナー4

「新しい Imaging Tool でCCU 治療戦略は変わるか?」

12月13日

司会:吉川純一(大阪市立大学大学院医学研究科循環器病態内科)

<講演1>

演者:穂積健之(大阪市立大学大学院循環器病態内科学)

「日常循環器診療における Hand Carried Ultrasound の有用性」

<講演2>

演者:伊藤 浩(桜橋渡辺病院循環器内科)

「CCUにおける最前線」

ランチョンセミナー5

Dr. Carey Kimmelstiel

M. D., F. A. C. P., F. A. C. C. Director, Cardiac Catheterization Laboratory, Tufts New England Medical Center, Boston, MA, U.S.A.)

Title: "Scientific Approach to Addressing Restenosis and Drug-eluting Stents in Clinical Practice"

Date: 14th Dec
Chair: S.Nanto(南都伸介:関西労災病院循環器科)

ランチョンセミナー6

<講演1>

Dr. Michael Ezekowitz

June F. Klinghoffer Proffessor of Medicine and Chairman, Department of Medicine MCP Hahnemann University Philadelphia, USA

Title: "The Role of Statins in the Management of Acute Coronary Syndromes"

<講演2>

Dr. John Deanfield

Proffessor of Cardiology, Institute of Child Health, University of London

Title: "マルチプルリスクファクター患者における脂質管理(仮題)"

Date: 14th Dec
Chair: M.Saito(齋藤宗靖:自治医科大学附属大宮医療センター総合医学第一)

ランチョンセミナー7

Dr. Hratch L. Karamanoukian

Director, Center for Less Invasive Cardiac Surgery and Robotic Heart Surgery, Assistant Professor of Surgery, University of at Buffalo

Title: "Hemodynamics Sequelae of Verious Distraction and Stabilization Techniques in OPCAB:
A Comparison of Hemodynamic Effects Using the "Single Suture" Technique or Commercially Available Distraction or Suction Devices in Off-Pump Coronary Surgery"

Date: 14th Dec
Chair: N. Mukohara(向原伸彦:姫路循環器センター)

ランチョンセミナー8 再灌流療法フォーラム

講演1.「マルチスライスCTによる冠動脈疾患の診断」
     −特に急性冠症候群に於けるCTの有用性―

  駿河台日本大学病院 循環器科 講師 佐藤 裕一先生

講演2.「Coronary thrombolysis today in USA.」

  Prediman Krishan Shah,M.D.
  Department of Cardiology, Cedars-Sinai Medical Center, LA,CA,USA                       

Date: 14th Dec
Chair: K. Kanmasse (上松瀬勝男:日本大学医学部内科学講座)
    K. Kodama (児玉 和久:大阪警察病院心臓センター内科)


ここトップページへをクリックするとホームページに戻る

先頭に戻る