社団法人 日本生化学会北陸支部 本文へジャンプ
 
支部奨励賞・学生ベスト発表賞 受賞者
支部奨励賞
大会名 受賞者 所属 受賞演題タイトル
平成26年度
第19回
第32回支部大会
福地 守 富山大学大学院医学薬学研究部(薬学)分子神経生物学 発光イメージングを用いた神経ペプチドPACAPによる脳由来 神経栄養因子BDNF遺伝子発現誘導機構の解析
平成27年度
第20回
第33回支部大会
該当者なし    
平成28年度
第21回
第34回支部大会
倉石 貴透 金沢大学医薬保健研究域薬学系 新規E2リガーゼSherpaによるショウジョウバエToll経路を介した自然免疫応答の制御
平成29年度
第22回
第35回支部大会
山下 哲 金沢大学理工研究域物質化学系・生物化学 パラゴムノキの天然ゴム生合成マシナリを構成するRUBBER ELONGATION FACTORの機能解析


学生ベスト発表賞
大会名 受賞者 所属 タイトル

平成26年度
第9回
第32回支部大会

遠藤 葵 金沢大学大学院自然科学研究科・分子細胞生物学研究室 有糸分裂装置タンパク質NuMAによるp53を介した転写制御の探索

平成27年度
第10回
第33回支部大会

渡邊 雄一 富山大学大学院医学薬学研究部(薬学)分子細胞機能学 グリコソーム形成に関与するトリパノソーマPex5pとPex14pの相互作用解析
畦地 健司 富山大学大学院医学薬学研究部(医学) PTPδスプライスバリアントのシナプス形成における機能解析と脳部位別発現解析
日吉 裕紀 福井大学大学院工学研究科生物応用化学専攻生物化学研究室 エピジェネティックな発現制御を受ける IMD2 遺伝子の解析
Firzan Nainu 金沢大学医薬保健学総合研究科 Antiviral role for phagocytic elimination of virus-infected cells in insects

平成28年度
第11回
第34回支部大会

内藤 卓人 富山大学大学院理工学研究部(理学領域)生体機能化学 代謝物・核酸デュアル応答型自己切断 RNA スイッチの開発
Lusheng Que Department of Molecular Genetics, Kanazawa University Graduate School of Medical Science, Kanazawa Epsilon RNA plays a pivotal role in AID-dependent reduction of HBV transcripts
岡元 拓海 富山大院・医学薬学研究部(薬学)・分子細胞機能学 LMBD1 は ABCD4 のリソソーム局在化を制御している
加藤 雄士 福井大学医学部ゲノム科学・微生物学 貪食細胞におけるアダプター蛋白質3BP2の機能解析
清水 有 金沢大学医薬保健研究域医学系・血管分子生物学 内在性分泌型RAGEの虚血性神経細胞死抑制効果の検討

平成29年度
第12回
第35回支部大会

金田 文人 福井大学学術研究院工学系部門生物応用化学専攻 エピジェネティックな発現制御を受ける糖尿病白内障発症メカニズムの解析
Mahmoud Shaaban Mohamed Cell-Bionomics Research Unit, Kanazawa University Dynamics and Behavior of Cancer Nuclear Pore Complexes as Revealed by High-Speed Atomic Force Microscopy
金田 真理彩 富山大学大学院医学薬学教育部・分子神経生物学 SRF転写活性化因子MKL1およびMKL2に対する新たな高品質抗体の作製およびシナプス局在解析
杉田 愛 富山大院・医学薬学研究部(薬)・遺伝情報制御学研究室 リン酸化CTD結合因子PCIF1による遺伝子発現調節機構の解明