HOME会長挨拶開催概要プログラム参加者へのご案内委員会等のご案内演題募集演題採択演題抄録日程表宿泊案内交通案内日露米医療シンポジウムLINKMAIL

演題募集

演題募集を締め切りました。

登録はこちらから(本番用)


本番用演題登録

暗号通信:推奨

演題登録

確認・修正

平文通信

演題登録

確認・修正

第45回日本胆道学会学術集会の演題を募集いたします。
演題登録はホームページからのオンラインによる登録のみとさせていただきます。
会長からのお願いです。「日常診療で駆使しているこだわりの手技をご発表ください。よろしくお願いいたします。」

お問合せは事務局(下記)までご連絡下さい。

 

練習はこちら(注意:本番登録ではありません)

テスト用演題登録
※このページからご登録いただいた演題データは破棄されます。

暗号通信:推奨

演題登録

確認・修正

平文通信

演題登録

確認・修正

 

申込締切日

平成21年6月6日(土)

演題募集を締め切りました。

※締切日までは、オンライン上で登録した抄録内容の修正も可能ですが、締切日を過ぎますとシステムが自動的に終了いたしますので、以降の訂正・登録削除はできません。

発表形式

一般演題の発表形式は、口演発表(PC形式)とポスターといたします。
採否、発表形式は会長一任とさせていただきます。

お問い合わせ先

第45回日本胆道学会学術集会 運営事務局
(株)協同コンベンションサービス
担当:山崎
〒105-0005
東京都港区西新橋3-2-1
TEL:03-5405-1460 FAX:03-5408-3325
E-mail:yamazaki@kyodo-cs.com

 

演題応募に関する注意事項と採否について

応募される演題は以下の点を満たしていることをご確認下さい。

  1. 本学会、他学会に関わらず未発表のもの
  2. 研究内容が倫理規則に抵触していないこと
  3. 演者、共同研究者は学会員に限りますので(看護部門は以下を参照)、未入会の方は入会手続きをお願いします。詳細は下記学会事務局にお問い合わせ下さい。
  4. 看護部門については、共同研究者に胆道学会員が一人いること
  5. シンポジウム、パネルデイスカッション、ワークショップの演者は発表者も含め3名以内としてください。また一般演題は15名以内でお願いします。
  6. シンポジウム、パネルデイスカッション、ワークショップに不採用となった場合は、自動的に一般演題となりますのでご了承下さい。
  7. 演題採否の通知は7月頃を予定しています。

<日本胆道学会事務局>
〒060-8638 札幌市北区北15条西7丁目
北海道大学大学院医学研究科 腫瘍外科学分野内
TEL:011-700-1070 FAX:011-700-1071
E-mail:tando@pop.med.hokudai.ac.jp
http://www.tando.gr.jp

 

登録の前に

UMINオンライン演題登録システムは、【Internet Explorer】【Netscape】【Safari】【FireFox】で動作確認を行っております。
それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。
注:Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。
上記に満たないバージョンは使用できません。

 

登録方法

ホームページ上で注意事項を確認の上、必要事項を入力してください。
登録期間中は本番登録・テスト登録ができるようになっています。
テスト登録はすべて無効になりますので、必ず本番登録をして下さい。
抄録を最初に登録する際に、登録者本人に任意のパスワード(半角英数文字8文字以内)を決めていただきます。これを用いる事によって登録後の記載事項の変更が締切日まで何回も可能となります。ただし、パスワードの記録および機密保持は、登録者の管理に依存しますので、万一お忘れになると抄録の変更ができなくなります。

 

※登録番号とパスワードによる確認

オンライン演題登録をした後は、確実に登録されているか、確認修正画面にて登録番号とパスワードを用いて必ずご確認いただくようお願い致します。

 

●暗号登録

オンライン登録および修正は、原則として暗号通信の使用をお願いします。暗号通信の使用により、第3者がパスワードを盗聴して、演題・抄録を無断削除したり、改竄したりすることを防ぐことができます。ただし、暗号通信が使えない場合(施設やプロバイダーの設定に問題があるか、ブラウザが古い)もありますので、その際は平文通信をご利用下さい。平文通信においては、パスワード等の盗聴が可能ですから、セキュリティや個人情報の保護の点で危険ですので十分に考慮して下さい。

 

●パスワード

抄録を最初に登録するときに登録者本人に任意のパスワードを決めていただきます。整理番号、パスワードに関しての問い合わせには一切応じられませんので必ずメモをとるなど保管するようにして下さい。演題登録時の整理番号とこのパスワードを用いることにより、登録後の変更が修正期間中であれば何回でも可能です。確認・修正は確認・修正画面より行って下さい。

 

●入力について

 

●使用文字について

─TOPへ戻る─