第11回日本言語聴覚学会 in さいたま

トップページ > 発表者へのご案内

■ 発表者へのご案内(口演・ポスター)

【発表される方へ】

 

● 対象者を特定し得る情報を記載しないように、十分ご注意ください。

● 個人を特定し得る情報には、イニシャル、カルテ番号、施設名、部署名、年齢、生年月日、発症日、
    入院期間などが含まれます。


【Ⅰ 口頭演題発表について】

発表時間

 

● 発表時間は1演題7分、質疑応答3分です。
    発表時間は厳守してください。

 

● 制限時間内は緑ランプ、1分前に黄色ランプ、制限時間で赤ランプが点灯します。

 

発表形式

 

● パワーポイントを使用したパソコンでの発表を原則とします。

 

● 35mmスライド(フィルム)を使用した発表はできませんのであらかじめご了承ください。

 

● パワーポイントの枚数に制限はありませんが、制限時間を厳守してください。

 

発表データ制作にあたってのお願い

 

● ご使用になるアプリケーションは、PowerPoint2003・2007としてください。

 

● フォントは、OSに搭載されている標準フォントをご使用ください。

 

● 画面の解像度は、XGA(1024×768)としてください。

 

発表データの持参方法

 

● 保存するメディア媒体は、CD-R・USBメモリスティックとしてください。

 

    (但し、Windows 7・Macintoshをご利用の方は、本体ごとお持ち込みください。
    「ノートパソコンを持ち込まれる方へのお願い」をご確認ください。)

 

● CD-Rの書きこみは、ISO9660方式をお使いください。

 

● USBメモリスティックは最新のウィルス駆除ソフトにてチェックを行ってください。

 

● 動画がある場合は、全てのデータを同一のフォルダに入れてください。

 

● 動画ファイルは、標準のMedia Playerにて再生できるように作成してください。
    (推奨動画形式:WMV形式)
    バックアップとして動画ファイルを作成されたPCをご持参ください。

 

● 発表データは、作成したパソコン以外のパソコンで問題なく表示・再生できるかどうかを確認してください。

 

当日の発表データの受付

 

● 発表予定時刻の30分前までにパソコン・データ受付(大ホールロビー)にデータをご持参ください。

 

● ファイル名は、必ず「演題番号・演者名(フルネーム)」としてください。

 

● 受付にてデータの修正は出来ません。
    最終データをご持参ください。

 

ノートパソコンを持ち込まれる方へのお願い

 

● 発表予定時刻の30分前までにパソコン・データ受付(大ホールロビー)に、パソコン本体をご持参ください。
    受付にてパソコンの出力チェック終了後、発表セッションの30分前までにご自身で会場内演台付近のオペ
    レータ席までパソコンをお持ち下さい。
    パソコンは発表終了後にオペレータ席にて返却致します。

 

● パソコンの機種やOSにより出力設定方式が異なりますので事前にご確認ください。

 

● 接続ケーブルは、D-sub15ピン(ミニ)をご用意しています。

 

● パソコンによっては附属のコネクタが必要になりますので、必ずお持ちください。

 

● 電源ケーブルは必ずご持参ください。

 

● パスワード設定、スクリーンセーバー、省電力設定は必ず解除しておいてください。

 

発表時のパソコン操作

 

● スライドの送りは、原則としてご自身で行ってください。

 

● 演台上には、キーボード・マウス・及びモニターがセットされておりますので、キーボード・マウスの操作で
    スライド送りを行ってください。

 

▲このページの先頭へ

【Ⅱ ポスター演題発表について】

発表時間

 

● 発表時間は1演題3分、質疑応答3分です。
    発表時間は厳守してください。

 

● 制限時間には、ベルが鳴ります。

 

当日受付

 

● 発表予定時刻の20分前までにポスター会場入口の発表者受付にお越しください。

 

ポスター制作について

 

● ポスターの掲示可能サイズは右図をご参照ください。

ポスターサイズ
 

● 演題番号は事務局で用意します。

 

● 演題名・所属・発表者名は、ご準備ください。

   

ポスター掲示及び撤去時間

 

● 掲示:6月26日(土)   8時45分~  9時45分

 

● 撤去:7月27日(日) 15時00分~16時00分

   
   
 

※ 画鋲・指示棒は、事務局で準備しております。

   
   
   
   
▲このページの先頭へ

【Ⅲ 質疑応答について】

 

● 質問される方は、座長の許可を得て、必ず所属・氏名を述べてからマイクロホンにてお話しください。

   
▲このページの先頭へ