第11回日本言語聴覚学会 in さいたま

トップページ > プログラム

■ プログラム(企画プログラム)

【特別講演】

 

最新の脳外科的知見と言語聴覚療法

 

板倉 徹 先生(和歌山県立医科大学脳神経外科)
司会  立石 雅子(目白大学)


【シンポジウム】

  ■ 医療における言語聴覚療法の展開 ―かかりつけ言語聴覚士の浸透をめざして―
 

司会  都筑 澄夫(目白大学)

       
 

かかりつけ言語聴覚士の実現にむけて

   

真鍋 敏毅 (真鍋耳鼻咽喉科医院)

     
 

都市型のリハビリ専門クリニックにおける言語聴覚士の活動

   

森 英二 (山王リハビリ・クリニック)

     
 

かかりつけSTを目指して

   

加藤 康子 (かとう小児科)


【シンポジウム】

  ■ 言語聴覚士養成教育の質の向上をめざして
 

司会  内山 千鶴子(目白大学)

       
 

言語聴覚士臨床教育の課題と解決

   

藤田 郁代 (国際医療福祉大学)

     
 

看護学教育における臨地実習

   

小山 眞理子 (神奈川県立保健福祉大学)

     
 

臨床実習の考え方

   

大西 弘高 (東京大学医学教育国際協力研究センター)

     
 

Solvitur ambulando

   

三浦 真琴 (関西大学)


【シンポジウム】

  特別支援教育における言語聴覚士の役割 ―「いま」から「みらい」へ―
 

司会  齋藤 佐和(目白大学)

       
 

「連携から融合」へ、「活用から配置」へ~日本言語聴覚士協会の立場から~

   

岡崎 宏 (日本言語聴覚士協会職能部)

     
 

特別支援教育に関わる言語聴覚士の立場から

   

渡邊 裕貴 (印西市立子ども発達センター)

     
 

特別支援教育における教師の専門性とは何か

   

中田 誠 (栃木県教育委員会)

     
 

特別支援教育における言語聴覚士の役割

   

日詰 正文 (厚生労働省)

     
 

言語聴覚士と教育とのかかわり

   

大西 孝志 (文部科学省初等中等教育局特別支援教育課)

     
     
▲このページの先頭へ
■ スケジュール(日程表)

6月26日(土曜日)

  日程表はこちら

6月27日(日曜日)

  日程表はこちら
▲このページの先頭へ