第9回言語聴覚士協会総会 日本下恩後聴覚学会
TOP
ご挨拶
お知らせ
参加者へのご案内
事前登録
演題募集
プログラム
ランチョンセミナー
会場案内
アクセス
宿泊案内
託児案内
観光案内
リンク
 
 
 

ランチョンセミナー

第9回日本言語聴覚学会では、5つのランチョンセミナーを企画しております。
各セミナーへの参加の事前登録は締切ましたが、定員に達していないセミナーについては当日朝、受付にて整理券を配布いたします。当日参加を希望される場合には、整理券を受け取って下さい。
   
◆ランチョンセミナー1
  6月21日(土) 12:15〜13:15  B会場
    「摂食機能療法実践のためのアクションプラン」
    `島桂子(県西部浜松医療センター 歯科口腔外科)
      (株)大塚製薬工場
  高齢化社会において摂食・嚥下障害は非常に身近な問題となり、多職種が関与してその対応を行なっている。全国的にNSTの普及もあり、病院での摂食・嚥下障害への対応が特に言語聴覚士を中心とし要望されている中、リハビリテーションに関われる人員の不足や病院内での評価や対応の統一、NSTとのかかわり、地域との連携などの問題に対し、どの様な対応があるのか、当院での嚥下チームの取り組みなどを通じて紹介していきたい。
 
◆ランチョンセミナー2
  6月21日(土) 12:15〜13:15  C会場
  「摂食・嚥下リハビリテーションにおける食品選択のキーポイント」
      北條京子(聖隷三方原病院 リハビリテーション部)
        ネスレニュートリション(株)
 
◆ランチョンセミナー3
  6月21日(土) 12:15〜13:15  D会場
    「喉頭・咽頭全摘出術後に気管−食道シャント術を受けて−私の発声経験−」
    赤木家康 (永生病院 副院長)
      (株)名優 
 
◆ランチョンセミナー4
  6月22日(日) 12:00〜13:00  B会場
    「NSTで言語聴覚士が期待される役割」
    磯ア泰介 (聖隷浜松病院 NSTチェアマン)
      ニュートリー(株)
 
◆ランチョンセミナー5 
  6月22日(日) 12:00〜13:00  C会場
    「聴覚障害児のハビリテーション」
      Kathy Y.S. Lee (The Chinese University of Hong Kong)
        (株)日本バイオニクス、(株)日本コクレア、メドエル ジャパン(株)
 
<参加予約完了した方>
◆参加予約の完了後、『確認通知書』をメール又はFaxにて配信致します。セミナー当日必要となりますので、印刷の上ご持参ください。
◆セミナー当日は、『確認通知書』を各会場のランチョンセミナー会場入口でご提示ください。『確認通知書』と引き換えにお弁当をお渡しします。
◆当日『確認通知書』をお忘れになられた場合や紛失された場合は、総合案内 にお立ち寄りください。氏名等を確認させていただき、証明書を発行します。セミナー会場では証明書と引き換えにお弁当をお受け取りください。
   


 
 
Copyright(c) 2008 日本言語聴覚学会 All rights reserved.