第7回 日本言語聴覚学会
 
TOP
ご挨拶
お知らせ
演題募集
日程表
生涯学習講座
市民公開プログラム
ふれあい広場
会場案内
アクセス
交通・宿泊案内
リンク
お楽しみ

 お問い合わせ
 gakkai7@kinbyou.hosp.go.jp

市民公開プログラム


市民公開プログラムチラシ
市民公開プログラムのチラシはこちらから(PDF 358KB) Adobe Reader PDFをご覧になる際は、
Adobe Reader(無償)
が必要です。
公開展示:ふれあい広場
日時:1日目 10:00〜17:00  2日目 10:00〜16:00
・「ご存知ですか、言語聴覚士のこと、コミュニケーション障害のこと」
同時開催 関連企業展示および書籍展示
詳しくはふれあい広場をご参照ください

演劇「ユタとふしぎな仲間たち」上演とアフタートーク
・劇・あそび・表現活動Ten seeds 発達障害のある子どもたちの演劇上演
日時:5月20日(土) 開場18:15 開演18:45〜20:15
場所:ポルテ金沢6階アートホール
プログラム :石川テレビ記録ビデオ上映
 「アングル2005 演劇が心をつなぐ−発達差障害の子どもたちの挑戦−」
:「ユタとふしぎな仲間たち」上演
:アフタートーク
昨年3月に金沢市民芸術村で、9月には厚生年金で上演をし、大きな反響と感動を呼びました。障害も年齢も関係なく、伸び伸びと舞台上を飛びまわり生き生きと演じる子ども達から、たくさんの元気と勇気がもらえることでしょう。皆様のお越しをお待ちしております。

紹介記事はをご覧ください。
市民公開講座「高齢者の食を考える」(手話通訳がつきます):県立音楽堂 邦楽ホール
日時:5月21日 13:10〜15:30
・嚥下障害を防ぐ―いつまでも安全に食べるために
   大阪河アリハビリテーション大学 言語聴覚学専攻  矢守 麻奈先生

・在宅医療を栄養で支える―『あらゆる経口摂取レベルに対応する』をポリシーに
   小川医院 院長(内科医) 小川 滋彦 先生
   管理栄養士 手塚 波子 先生

・誤嚥性肺炎と口腔ケア―口腔ケアの必要性とその実際
   やわたメディカルセンター 歯科口腔外科医長 中新 敏彦先生

▲ページの先頭へ

「ユタと不思議な仲間達」演劇上演[北國新聞掲載記事(2006年3月27日)より]
北國新聞掲載記事(2006年3月27日)より
▲北國新聞掲載記事(2006年3月27日)より
  ―前回公演感想文集よりー
一人ひとりの個性、圧倒的な存在感でした。(40代女性)
みんなが輝きながら演技をしているのがステキでした。この劇は演じている方も楽しかったと思うし、見ている方もとても楽しかったです。(中学1年女児)

座席数(300席)に限りがありますので、ご了承ください。
ふれあい広場において『写真展“ユタとふしぎな仲間たち” (写真:マイケル・スタッブ氏)』も併せてご鑑賞ください。
(マイケル・スタッブ氏:米国出身。アメリカでは主に報道写真を撮っていたが、日本では、ご自身のお子さんがテンシーズに関わったのをきっかけに、「発達障害のある子どもたちの演劇」と出会い、彼らの演劇活動を撮り続けている。本職は英語講師。日本在住10年)

▲ページの先頭へ