日本リハビリテーション医学会
日本リハビリテーション医学会リハ患者DB 関係者専用ページへ移動
最終更新日2014年11月6日

更新履歴
2014年8月13日
● 2014年度リハビリテーション患者データ登録のご報告
2014年7月15日
● 研究成果を更新しました。
2014年7月11日
● チェックリスト、操作説明書を更新しました。
2014年7月9日
● 電子カルテからの取り込みについて更新しました。
2014年6月30日
● 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会の学会発表を更新しました。
2014年6月25日
● Q&Aを更新しました。
2014年5月28日
● リハ患者DBへの累積登録人数を更新しました。
2014年4月24日
● リハ患者DBを使った研究、分析をご希望の方へ、Q&Aを更新しました。
2014年3月27日
● 研究成果を更新しました。
2014年3月20日
● 研究成果を更新しました。
2014年2月26日
● 学会発表・研究成果を更新しました。
2014年2月20日
● リハDBをVer.4.2にバージョンアップしました。
2014年2月3日
● 研究成果を更新しました。
2013年12月24日
● 2013年度リハビリテーション患者データ登録のご報告
2013年11月25日
● 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会の学会発表、Q&Aを更新しました。
2013年11月13日
● 学会発表・研究成果を更新しました。
2013年11月12日
● Q&Aを更新しました。
2013年10月22日
● リハDBをVer.4.1にバージョンアップしました。
2013年10月8日
● 研究成果を更新しました。
2013年9月11日
● 株式会社ソフトウェア・サービスの電子カルテシステムからデータ取り込みが可能になりました。
詳しくは、コチラ
2013年8月19日
● リハ患者DBへの累積登録人数(2013年度)を更新しました。
2013年4月23日
● 第49回日本リハビリテーション医学会学術集会の学会発表を更新しました。
2013年4月11日
● 平成24年度 報告書を公開しました。
2013年3月25日
● 学会発表、研究成果を更新しました。
2013年1月9日
● リハDB 必須項目を追加しました。
2012年12月28日
● 研究成果を更新しました。
2012年12月21日
● 2012年度リハビリテーション患者データ登録のご報告
2012年12月12日
● リハDBをVer.3.2にバージョンアップしました。
● データベースの不具合と対応状況についてのお知らせ
2012年11月29日
● リハDBをVer.3.1にバージョンアップしました。
2012年11月27日
● Q&Aを更新しました。
2012年11月20日
● Q&Aを更新しました。
2012年11月19日
● データベースの不具合と対応状況についてのお知らせ
● DBマニュアルVer.3.0を公開しました。
2012年11月12日
● データマネジメント・システムと研究倫理を更新しました。
2012年11月8日
● リハDBVer.3.0につきましてQ&Aを更新しました。
2012年11月1日
● 日本リハビリテーション・データベース協議会(JARD)の設立についてのご案内。
2012年10月23日
● リハDBをVer.3.0にバージョンアップしました。
● チェックリストを更新しました。
2012年10月13日
● 研究成果を追加しました。
2012年10月7日
● 研究成果のリンクを更新しました。
2012年8月28日
● リハ患者DBへの累積登録人数(2011年度)を更新しました。
2012年8月21日
● 「平成24年度 参加施設募集」の案内を公開しました。
2012年8月18日
● Q&Aを更新しました。
2012年8月1日
● Q&Aを更新しました。
2012年7月23日
● H24年度老人保健健康増進等事業の国庫補助に申請し採択の通知を受理いたしました。
2012年7月18日
● 学会発表・研究成果を更新しました。
2012年6月8日
● Q&Aを更新しました。
2012年5月24日
● 学会発表を公開しました。
2012年5月18日
● 操作説明書を更新しました。
2012年4月23日
● 平成22年度老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業分)
リハビリテーションの提供に係わる総合的な調査研究事業報告書を修正版<2012年4月19日訂正版>
に差し替えました。
2012年4月13日
● Q&Aを更新しました。
● 平成22年度 報告書を更新しました。
2012年2月16日
● Q&Aを更新しました。
2011年9月30日
● Q&Aを更新しました。
2011年9月26日
● Q&Aを更新しました。
2011年8月25日
● リハDBをVer.2.1にバージョンアップしました。
● 入力基準を更新しました。
2011年8月19日
● 「平成23年度 参加施設募集」の案内。
● リハDB入力マニュアルVer.2.0を公開しました。
2011年7月12日
● リハDBをVer.2.0にバージョンアップしました。
2011年6月13日
● 入力用記録用紙(チェックリスト)を更新しました。
2011年4月19日
● Q&Aを更新しました。
2011年2月14日
● SPSS講習会開催のお知らせを掲載しました。
2011年1月28日
● データベース項目を更新しました。
2011年1月14日
● リハDBをver.1.4にバージョンアップしました。
2010年12月29日
● 12月24日以降、関係者専用ページから、リハ患者DBデータをダウンロードできるようなりました。 11月末の一次締め切りまでに提出された脳卒中8,537人、大腿骨頸部骨折806人、合計9,343人のデータと、 必須項目の変数一覧と度数分布などを掲載したコードブックをアップしました。データをダウンロードするときパスワードの入力を求められます。 パスワードは、患者データを50例以上ご提出いただいた施設、研究課題公募に応募された先生方のみにメールでお知らせしています。
● Q&Aを更新しました。
2010年12月1日
● リハDBをver.1.35にバージョンアップしました。
● Q&Aを公開しました。
● データ分析ページを公開しました。
2010年11月24日
●  リハDBをver.1.3にバージョンアップしました。
●  リハDBデータ移行マニュアルを公開しました。
2010年11月22日
●  リハDBをver.1.2にバージョンアップしました。
2010年11月12日
●  【公募】「データベース登録データを用いた研究課題と分析担当者の募集」の案内
2010年10月10日
● ホームページを公開しました。

日本リハビリテーション・データベース協議会(JARD)の設立について
リハ医学・医療の質の向上のため、本学会に加え日本理学療法士協会、日本作業療法士協会、日本言語聴覚士協会と共に、本データベース事業を共同運営するための協議会が2012年9月4日に設立されました。
データマネジメント事業は、主に同協議会が担当することになります。
データベースソフトのダウンロードなどは同協議会のホームページからお願いします。

【日本リハビリテーション・データベース協議会】
http://square.umin.ac.jp/JARD/index.html

【データベースソフトのダウンロード】
http://square.umin.ac.jp/JARD/download.html

本事業の背景と目的
効果的で効率的なリハ医療を提供するためには、リハビリテーションを受けている患者の実態を把握し、 より効果的・効率的なリハビリテーションのためのエビデンスづくりが必要です。平成21・22年度に、厚生労働省の老人保健事業として、 リハビリテーション患者の情報を蓄積するためのデータベースを開発し(報告書参照)、平成23年度は、日本リハビリテーション医学会の事業として、 平成24年度以降は日本リハビリテーション・データベース協議会(JARD)として、データベースの改訂と会員への普及を図り、リハビリテーション医学・医療の エビデンスづくりの研究基盤整備を進めることを目的としています。

リハ患者DB紹介パンフレット
日本リハビリテーション医学会
リハビリテーション患者データベース
パンフレット(2010年3月発行)
 

Copyright (C) 2014 日本リハビリテーション医学会リハビリテーション患者データベース(DB)