第24回
日本家族看護学会
総会・学術集会

トップページ > 委員会 > 将来構想・戦略委員会

将来構想・戦略委員会

2016.04.06

将来構想・戦略委員会の調査報告ダイジェスト版

看護基礎教育における家族看護学教育の実態に関する調査(追跡調査)2014
学会員報告のためのダイジェスト版(PDF)

▲ Top

2015.09.02

第22回学術集会における理事会企画/将来構想・戦略委員会交流集会のご案内

将来構想・戦略委員会では、第22回学術集会の第2日目9時より、交流集会「家族看護のケアスタンダードを作ろう!」を企画いたしました。

看護の臨床場面、とくに訪問看護や退院調整、地域のクリニックなどの日常診療場面において、家族支援や家族との関係性の重要性が実感され、家族看護の必要性は広く認識されるようになっています。それと同時に、家族への対応の難しさ(家族中心の看護を実践する難しさとも言えるでしょうか?) を日々感じらておられる方も多いようです。

治療や診療のガイドラインは近年急速に整えられてきていますが、一方、看護におけるガイドラインはまだまだ少ない現状です。将来構想・戦略委員会では家族看護のガイドラインの整備を近い将来の課題と認識しています。First stepとして、まず現場の実践者が適切な家族看護を提供できるような「家族看護のケアスタンダード」を作ることを目標として、会員のみなさまとの交流集会を企画しました。第1回では家族看護が重要性をもつ局面のひとつである「看取りの時期」を取り上げることとしました。家族支援CNSの方々にご協力いただき作成した試案を基に、みなさんと実りのあるディスカッションができれば・・・と心より期待しています。どうぞ、多くの会員のみなさまにご参加いただきますようお待ちしています!

将来構想・戦略委員会

▲ Top

Copyright © 2008-2017 Japanese Association for Research in Family Nursing all rights reserved.