特別講演
映画『うまれる』シリーズ企画・監督・撮影の豪田トモ監督による特別講演を開催いたします。
映画製作のきっかけとなった、自身の親子関係や家族の絆、パートナーシップ、男の育児について語っていただきます。
事前登録はございません。是非ご参加ください。



日時 10月14日(土)10:15~11:45(予定)

会場 第1会場(ソニックシティ「大ホール」)

※本講演会では映画の上映はございません
  
 

豪田トモ・プロフィール
映画『うまれる』シリーズ
企画・監督・撮影、豪田トモ。


1973年、東京都多摩市出身。中央大学法学部卒業。
6年間の会社勤めの後、映画監督になるという夢を叶えるべく、29歳でカナダ・バンクーバーへ渡り4年間、映画製作の修行をする。

在カナダ時に制作した短編映画は、 日本国内、バンクーバー、トロント等数々の映画祭にて入選。

帰国後はフリーランスの映像クリエイターとして、テレビ向けドキュメンタリーやプロモーション映像などを制作。
その後、本作にも登場した胎内記憶の考え方に出逢った事から映画『うまれる』シリーズの製作を決意し、2008年より製作を開始。

2010年11月より公開を開始し、全国1,800箇所以上で上映。
70万人以上の方に映画をご覧いただいている。
2014年11月に第二作目『ずっと、いっしょ。』を公開(ナレーション: 樹木希林)。

文部科学省選定、厚生労働省社会保障審議会特別推薦、ファッション協会「シネマ夢倶楽部」推薦委員特別賞などなどを受賞。
著書に「うまれる かけがえのない、あなたへ」(PHP研究所)、「えらんでうまれてきたよ」(二見書房)がある。
映画公開と同時に一児の父に。