HOME > 学会活動 > 教育研修:研修会情報

教育研修:研修会情報

主催:一般社団法人 日本助産学会 助産政策委員会
助産政策ゼミ 「助産政策に必要な助産ケアのエビデンス」


 助産ケアが診療報酬で評価されるためには、どのようなエビデンスの蓄積が必要なのか、助産ケアの評価と診療報酬について、基礎解説及び具体的な取り組みを通して学びます。ぜひ、ご参加ください。
 助産政策ゼミ案内チラシはこちら

■日時・内容

回数日付研修テーマ
5月14日(日)「助産と政策について:今、なぜ助産政策なのか?」
7月23日(日)「Lecture:訪問看護ステーション起業立ち上げのknow-how/『助産師による切迫早産妊婦の訪問看護・指導料の要望』の取り組み」
8月17日(日)「Lecture:診療報酬評価:技術評価について 乳腺外来との連携について/『乳腺炎管理技術指導料の要望』の取り組み」
9月24日(日)「Lecture:診療報酬評価:体制評価について/『助産外来・院内助産所に対する体制評価の要望』の取り組み」
10月22日(日)「Lecture:研究からみる混合病棟の現状と課題について」
11月23日(木・祝)「Lecture:助産政策立案のための研究について~助産政策に結びつけるためには、どんなデータが必要なのか?~」

■参加費(1回あたり)
 会員:1,000円,非会員:2,000円
 学生・院生:無料

■開催時間 13:00~15:00(各回共通)

■会場 日本赤十字看護大学 203教室
    東京都渋谷区広尾4-1-3 (日比谷線広尾駅徒歩15分)

■お問い合せ・申し込み
 参加希望の方は、お名前・ご所属・参加希望日を下記のアドレスまでお知らせください。なお、参加費は当日ご持参ください。
 片岡弥恵子(聖路加国際大学) E-mail: kataokakaken@slcn.ac.jp


平成29年度研修・教育委員会主催研修会
『子ども虐待の基礎』(終了しました)


 近年、虐待、DVなどにより、子どもや高齢者、女性などの安全が脅かされたり、その人権が侵害されたりという事件が頻発しています。これらの早期発見や対応では、患者や家族に最も近く、継続的に関わりをもつ助産師の役割は大きいと考えます。しかし、実際には、対象が示すサインに気づいても、どうしてよいかわからない、と思うこともあるかもしれません。
 そこで、本研修では、法医学の視点で長く虐待に関わられてきた佐藤先生から、子ども虐待に関わるために重要な知識やskillについてお話しいただく予定です。参加された皆様にとって、虐待予防に向けてすぐに役立つ知識を得られる機会となれば幸いです。

【日時】 2017 年 7 月 22 日(土)13:00~15:00 (12:30 開場)

【会場】 日本赤十字社医療センター 3 階 講堂
     東京都渋谷区広尾 4-1-22
     JR 渋谷駅東口から都営バス「学 03」系統:日赤医療センター行き、終点下車
     (約 15 分)
     JR 恵比寿駅西口から都営バス「学 06」系統:日赤医療センター行き、終点下車
     (約 10 分)
     東京メトロ日比谷線 広尾駅から 徒歩約 15 分(ややきつい登り坂)

【定員】 80 名(先着順)

【講師】 佐藤喜宣 先生 杏林大学医学部名誉教授(法医学)

【参加費】 日本助産学会会員/助産学生無料, 会員以外 1,000 円

【申込】 WEB 申込フォームズ PC:https://ws.formzu.net/fgen/S47075393/

問合せ先:杏林大学医学部付属病院看護部
FAX: 0422-44-0574 (木下)


研修・教育委員会主催ワークショップ
「国際学会で英語プレゼンのコツ」(終了しました)


 昨年度、好評であった「国際学会で英語プレゼンのコツ」ワークショップを、本年は東京で開催をいたします。講師は、昨年度に引き続き聖路加国際大学大学院看護学研究科国際看護学教授でコクラン日本事務局長の大田えりか先生です。
 研究成果や日々の実践を国際学会で発表する際に必要な英語のプレゼンテーションのコツを伝授して頂きます。「プレゼンの基本」や「どの様な工夫をすれば伝えたいことがより伝わるのか」など、初めての国際学会でも役立つ基礎的な知識から応用まで、楽しく学び、自信を持って国際学会に挑戦できる力を身につける機会にできればと思っています。本ワークショップは、ポスター発表にも役立ちます。

■講師:大田えりか 先生(聖路加国際大学大学院看護学研究科国際看護学教授/
    コクラン日本事務局長 Associate Editor,Cochrane Pregnancy and Childbirth
    Group)
■日時:2017年1月9日(月・祝)13:00 - 15:00(12:30開場)
■場所:日本赤十字社医療センター 3階 講堂
■定員:50名(先着順)
    ※同施設から5名以上のお申し込みの場合、調整いただくことがございます。
■参加費:日本助産学会会員 無料  非会員1,000円
■事前申込:オンライン予約システム(Super Saas)でお申込み下さい。
     ①氏名 ②所属 ③連絡先(電話番号・E-mailアドレス)、
     ④日本助産学会入会の有無 ⑦領収書の宛名をご入力ください。
     チラシはこちら


国際委員会主催セミナー
「アジアのお産事情を知る」(終了しました)


 グローバリゼーションにより、急速に変化しているアジア。
 お産事情も例外ではありません。お二人の講師の話を糸口に助産師教育とネットワークのあり方を考えたいと思います。

セミナー案内チラシはこちら
■講師:松岡 悦子先生(奈良女子大学 教授)
    「アジアの女性たちは、今どのように産んでいるのか」
    姚 毅先生(東京大学 非常勤講師)
    「近代中国における出産の変遷」
■日時:平成27年6月13日(土)13:00 - 16:00
■場所:聖路加国際大学本館 302教室
■参加費:日本助産学会会員 無料  非会員1,000円
■事前申込:不要
■お問い合わせ先:小黒までメールでお問い合わせ下さい。