HOME > 妊娠期・分娩期ガイドライン パブリックコメント募集

ガイドラインパブリックコメント募集


エビデンスに基づく助産ガイドライン2016「妊娠期」「分娩期」
パブリックコメント募集結果報告


 日本助産学会ガイドライン委員会では、「エビデンスに基づく助産ガイドライン2016-妊娠期・分娩期」を製作中です。10月にパブリックコメントを求めました結果、大変貴重なご意見を頂戴しました。
 委員会で検討して、最終のガイドライン原稿に反映させております。(コメントと回答は下記のファイルを参照)
 皆様のご協力に心より感謝いたします。

ガイドライン委員会
委員長 堀内 成子


【ガイドライン案に関するご意見とご回答】



                                     

エビデンスに基づく助産ガイドライン2016「妊娠期」「分娩期」
パブリックコメント募集

                                     

ガイドライン委員会
委員長 堀内 成子

     

 ガイドライン委員会では、エビデンスに基づく助産ガイドライン2016「妊娠期」「分娩期」の作成を行ってきました。このたび、妊娠期7項目、分娩期29項目の臨床疑問の検討を終了し、ガイドライン(案)が完成いたしました。
 つきましては、以下の期間、会員の皆様からのご意見を伺う機会を設けましたので、奮ってご意見をお寄せ下さい

                                     

【募集案内】
下記よりファイルをダウンロードし、期日までにご意見をお寄せください。



募集期間:2016年9月1日~2016年10月1日

ご意見をいただく際は、①氏名、②ご所属をメール本文にご記入の上、ご意見を回答フォーム(下記よりダウンロード)におまとめいただき、事務局宛てメール添付にてお送りください。

 パブリックコメント回答フォームはこちらからダウンロードください

【本件に関するお問い合わせ先】
(社)日本助産学会 ガイドライン委員会(パブリックコメント係)
 E-mail:g019jam-glpub■ml.gakkai.ne.jp
 ※ メールアドレスの■を@マークに変えて送信ください