HOME > 学会活動 > 学術集会情報

学術集会情報

最新の学術集会情報

第32回日本助産学会学術集会のご案内

会期 2018年(平成30年)3月3日(土)4日(日)
テーマ 母子と女性を守る助産の知と技、そして連携
会長 村上明美
(神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部看護学科 学科長・教授)
会場 パシフィコ横浜
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
大会URL http://www.mtoyou.jp/jam32/

過去の学術集会開催一覧

学術集会会長 開催地 開催期日 メインテーマ 演題数
第1回 近藤潤子 大阪市 1987年3月15日 助産学の発展を目指して 会長講演のみ
第2回 青木康子 東京都 1988年3月13日 助産の本質をさぐる 10
第3回 小木曽みよ子 名古屋市 1989年3月19日 助産の伝統と継承 11
第4回 宮里和子 東京都 1990年3月11日 助産学の今日的課題 22
第5回 村山侑子 新潟市 1991年3月17日 助産学の未来 -その手がかりとなるもの- 20
第6回 松本八重子 東京都 1992年3月29日 助産婦の独自性を探求する 18
第7回 浅生慶子 北九州市 1993年3月7日 人間性の原点とかかわる助産婦 17
第8回 藤田八千代 横浜市 1994年3月19日 国際化社会と助産婦td> 22
第9回 佐々木敦子 松本市 1995年3月21日 地域保健を担う助産婦 30
第10回 三井政子 名古屋市 1996年3月16~17日 助産学の体系化に向けて 32
第11回 竹内美恵子 徳島市 1997年3月22~23日 21世紀へ送ろう-助産の新たな実践・知と技と創造- 49
第12回 平澤美恵子 東京都 1998年3月20~21日 助産婦の自律へのチャレンジ-教育・実践・研究をとおして- 45
第13回 丸山知子 札幌市 1999年5月3~4日 生活の中で生きる専門職としての助産婦 41
第14回 若松かをい 鹿児島市 2000年3月19~20日 今、改めて助産婦の専門性を問いただす 57
第15回 坂井明美 金沢市 2001年3月24~25日 21世紀における助産学からの羅針盤 53
第16回 堀内成子 東京都 2002年3月14~15日 先端医療と共存する人間性あふれる助産ケア 68
第17回 加藤尚美 宜野湾市 2003年3月22~23日 うまんちゅぬ生命、守り伝える助産ケア 82
第18回 松岡恵 東京都 2004年3月6~7日 喜びとともにうまれる、その先の助産ケア 67
第19回 宮中文子 京都市 2005年3月19~20日 出産・子育てを支える助産ケア-人と環境の視点から- 126
第20回 福井トシ子 東京都 2006年3月4~5日 チームで育つ助産のチカラ 113
第21回 宮崎文子 大分市 2007年3月10~11日 求められる助産師の自律-地域での連携のもとで- 130
第22回 毛利多恵子 神戸市 2008年3月15~16日 誕生-よりそう助産師の存在- 142
第23回 恵美須文枝 東京都 2009年3月21~22日 助産の質保証-信頼と絆- 147
第24回 加納尚美 つくば市 2010年3月20~21日 助産をはぐくむ-Raising Midwifery- 140
第25回 北川眞理子 名古屋市 2011年3月5~6日 未来に継ぐ助産学-助産の知と技、精神- 142
第26回 園生陽子 札幌市 2012年5月1~2日 助産力を高める! 180
第27回 島田啓子 金沢市 2013年5月1~2日 助産学の知の探求と実践力の考究 175
第28回 江藤宏美 長崎市 2014年3月22~23日 安全・安心・継続性~女性と家族の未来を長崎から発信する~ 187
第29回 島田真理恵 東京都 2015年3月28~29日 社会をうごかす助産のちから~女性、母子と家族への切れ目ない支援を実現するために~ 165
第30回 我部山キヨ子 京都市 2016年3月19~20日 助産学の今、そして未来へ ~最善・最新の助産学構築に向けて~ 227
第31回 葉久真理 徳島市 2017年3月18~19日 家族の調和をはかる助産学 192