HOME > 学会活動 > 学会賞

理念と活動目的

学会賞候補者の推薦応募について

本学会では現在、学術賞、奨励賞の候補を公募しております。つきましては、〔応募申請書〕で公募内容をご確認いただき、必要事項をご記入の上、11月30日消印有効までに事務局へお送りください。

最新の学会賞受賞者

第11回日本助産学会賞の受賞者紹介
功労賞 坂井明美  坂井明美氏は、日本助産学会初期より学会活動にご尽力されました。評議員として6期、監事1期を勤められ、学会の基盤づくりから助産学の発展に向けて後進の育成に貢献されました。質の高い助産ケアと研究実績、古都金沢市という地域に根差した助産活動を展開され、本学会を牽引してくださいました。平成13年3月には「21世紀における助産学からの羅針盤」をテーマに、第15回日本助産学会学術集会(金沢市)を開催され、多くの助産師に未来志向の発想と希望を与えられました。このように坂井氏は、本学会の運営・発展に多大な貢献をされ、今日の日本助産学会並びに助産学の発展に寄与した功績は大きく、数多くの功労を納められました。
奨励賞 片岡弥恵子  片岡弥恵子氏は、現在、聖路加国際大学看護学部の教授としてご活躍されています。大学院での助産師教育およびウイメンズヘルス分野において、教育並びに研究活動に精力的にたずさわり、多くの助産実践・教育・研究者を育成してこられました。とりわけ、平成26年度から平成27年度にかけて、本学会の副理事長として、また平成27年に横浜で開催された第 11 回 ICM アジア太平洋地域会議・助産学術集会の企画・運営等に多大な貢献をされました。
 アジア太平洋地域の助産師および多くの助産師学生が、ともに助産の英知を研鑽できた素晴らしい大会を成功に導いた功績が高く評価されました。
学術賞 中田かおり  中田かおり氏は、聖路加看護大学(現聖路加国際大学)大学院博士課程を修了し、現在は国際医療福祉大学保健医療学部看護学科の准教授としてご活躍されています。研究は、“妊婦の体水分バランスに関する研究”をテーマに取り組まれています。今回の学術賞の論文である「生体インピーダンスによる妊婦の体水分と妊娠・分娩異常との関連:パス解析を用いた検討」では、妊婦の体水分を表す指標と「切迫早産およびその疑い」、「低出生体重」、「妊娠期の血圧上昇」との関連を明らかにし、体水分評価指標を用いた基準値探索の必要性を示唆しています。本研究成果は、助産実践の科学的な根拠となり、正常逸脱を早期に発見するための指標開発に繋がることが期待されることから高く評価されました。

歴代受賞者一覧

功労賞 学術賞 奨励賞
第1回 松本八重子 亀田 幸枝
第2回 三井 政子 松崎 政代
第3回 浅生 慶子 辻  恵子 中根 直子
第4回 村山 郁子 正岡 経子 瀧澤 和子
第5回 若松かをい 楠見由里子 大谷タカコ
第6回 多賀 琳子 中村 幸代 石田登喜子
第7回 近藤 潤子 白石 三恵 中川 朝美
第8回 加藤 尚美 長田 知恵子 福島 恭子
第9回 竹内 美恵子 篠﨑 克子 渋川 あゆみ
第10回 青木 康子
小木曽 みよ子
藤田 景子 橋本 麻由美
村田 佐登美
第11回 坂井 明美 中田かおり 片岡弥恵子