第16回 日本集団災害医学会総会
The 16th Congress of the Japanese Association for Disaster Medicine










参 加 費
学会参加者 の皆様へ
ランチョンセミナー のご案内



演題募集


演題募集期間:締め切りました。多数のご応募、ありがとうございました。


演題募集要項

   発表形式
    
    発表形式はMicrosoft PowerPoint を使用したコンピュータプレゼンテーション
    でお願いいたします。
  

   応募資格
   
    演者および共同演者は、本学会の会員であることが必要です。
    未入会の方は、本学会ホームページ(http://square.umin.ac.jp/jadm/)の
    「入会申込のご案内」からご入会ください。


   演題登録方法
   
   *演題の応募・受付は、電子メール(jadm16@senri.saiseikai.or.jp )のみで
    受付ます。

   *応募フォーム をダウンロードし、必要事項をご記入の上、電子メールの
    添付ファイルとしてお送りください。
   
   *添付ファイル名は、演者名(ローマ字)としてください。
  
   *電子メールの件名は、「【16回JADM演題】」としてください。

   *メール本文には連絡先(所属・氏名・TEL番号・メールアドレス)を記載してください。

   *件名につけるカッコは隅つきカッコ(黒亀甲カッコ)ですのでご注意ください。


   演題受領通知
  
   *演題受領通知は、応募されたメールアドレス宛に送付します。

   *1週間以内に受領の連絡がない場合には、総会・学術集会事務局にご連絡ください。


   応募演題の採否

   *応募演題の採否・発表形式は、総会・学術集会事務局にご一任ください。

   *シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップに応募されましても、
    一般演題に変更をお願いする場合があります。
    また、一般演題で応募されましても、シンポジウム・パネルディスカッション・
    ワークショップに変更をお願いする場合がありますので、あらかじめご了承ください。


演題区分

   企画演題

    シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップを企画しており、演題は
    一部公募します。討議にふさわしい災害事例がない場合には中止することもあり
    ますが、その場合には応募演題は一般演題に振り替えますので、ご了承ください。


   シンポジウム/パネルディスカッション/ワークショップ

  【S-1】 スーパー広域災害における対応の優先順位は?:一部公募

  【S-2】 病院の災害準備はどこまで進んだか:公募
  
  【S-3】 DMATの現状と課題:公募

  【PD-1】 指揮命令系統って何?:公募

  【PD-2】 災害急性期における効果的災害医療ロジスティックスのあり方:公募

  【PD-3】 わが国の災害医学教育、研修コースの現状と課題:公募

  【PD-4】 日本のマスギャザリング・インシデントの対応の現状:公募
  
  【WS-1】 大規模事故の検証は如何に行うか ―JR福知山線列車事故を例に―:
        一部公募
          
  【WS-2】 災害急性期におけるドクターカー・ドクターヘリ:公募

  【WS-3】 トリアージタッグの見直し:公募


   一般演題

  A〜Kのカテゴリーに分類しております。申し込み時に希望のカテゴリーを
  ご指定ください。

  A 災害準備・減災対策
  B トリアージ・治療・搬送
  C 情報・通信システム
  D ロジスティックス関連
  E 保健衛生・健康管理
  F 災害教育・訓練
  G 事例検討
  H DMAT関連
   I 国際協力
  J パンデミック感染症
  K その他

 
 

第16回日本集団災害医学会総会                       
 事務局長: 林 靖之
 (大阪府済生会千里病院救命救急センター 副センター長)
  〒565-0862 大阪府吹田市津雲台1-1-6
 大阪府済生会千里病院 千里救命救急センター内
  TEL 06-6871-0121 FAX 06-6872-1846
 
 E-mail:jadm16@senri.saiseikai.or.jp