第15回日本循環薬理学会 プログラム
 

・・・・・・・・・・・・ YIA受賞者 ・・・・・・・

Y9
天然物成クルクミンは心筋細胞核内アセチル化抑制を介して心筋細胞肥大を抑制する

森本達也1,尾野 亘2,川村晃久2,北 徹1,長谷川浩二2
1京都大学大学院 医学研究科 循環器内科
2国立病院機構 京都医療センター 展開医療研究部

Y10
CryAB R120G 心筋症病態へのアミロイドオリゴマーの関与

三部 篤,Jeffrey Robbins,田上昭人
国立成育医療センター研究所 薬剤治療研究部 実験薬理室

 

8:58〜 9:00
   
開会挨拶 第15回日本循環薬理学会 当番幹事 玉置 俊晃

 

抄録集をPDFファイルでご覧いただけます

 

9:00〜10:10   
Section 1 : レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系
Young Investigator’s Award 候補者演題発表(1)

座長 西山 成( 香川大学・医・薬理 )  
松井利郎( 九州大学・生物機能科学 )

Y1  アルドステロンは腎繊維芽細胞のERK1/2を活性化してコラーゲン産生を刺激する
9:00 ○永井由紀子,西山 成,宮田佳世子,宮武 明,木村正司,吉栖正典,安部陽一
香川大学医学部 総合生命科学実験センター 他

Y2 培養メサンギウム細胞において高血糖刺激はミネラロコルチコイド受容体を介してBMK1活性化と細胞増殖を生じる
9:10 ○宮田佳世子,西山 成,須崎友紀,井澤有紀,木村正司,玉置俊晃,吉栖正典,安部陽一
香川大学医学部 総合生命科学実験センター 他

Y3 アルドステロンは、非ゲノム作用を介して、心筋虚血を増悪する
9:20 ○藤田雅史1,南野哲男1,平田明夫1,堀 正二1,北風政史2
1大阪大学大学院 医学系研究科循環器内科学
2国立循環器病センター 内科心臓血管部門

Y4 ACE阻害ペプチドの新規血圧調節機構の発見(1):血管弛緩作用
9:30  ○牛田悠介,田中 充,松井利郎,松本 清
九州大学大学院 生物資源研究科学府 生物機能科学専攻

Y5 ACE阻害ペプチドの新規血圧調節機構の発見(2):L型Ca2+チャンネルブロック作用
9:40 ○田中 充1,牛田悠介1,松井利郎1,松本 清1,筬島克裕2
九州大学大学院 生物資源研究科学府 生物機能科学専攻1
叶蝟。エキス2

Y6 N-ドメイン特異的ACE阻害ペプチドの活性発現要件の解明
9:50 ○益田美子,浦崎 渚,藤 由香利,松井利郎,松本 清
九州大学大学院 生物資源研究科学府 生物機能科学専攻

Y7 ACE 阻害薬と血圧低下ペプチドの同時摂取効果
10:00 ○田中啓介,朱 暁琳,松井利郎,松本 清
九州大学大学院 生物資源研究科学府 生物機能科学専攻


10:10〜11:00
Section 2 : 心臓
Young Investigator’s Award 候補者演題発表(2)

座長  安屋敷和秀( 滋賀医大・薬理 )
高井真司( 大阪医学・薬理 ) 

Y8 虚血/再灌流時の心収縮不全に及ぼすNa+channel blockerおよび
10:10   Na+/Ca2+ exchanger inhibitorの効果
○茂木奏尊,田野中浩一,竹尾 聰
東京薬科大学薬学部 創薬学科 分子細胞病態薬理学

Y9 天然物成クルクミンは心筋細胞核内アセチル化抑制を介して心筋細胞肥大を抑制する
10:20 ○森本達也1,尾野 亘2,川村晃久2,北 徹1,長谷川浩二2
1京都大学大学院 医学研究科 循環器内科
2国立病院機構 京都医療センター 展開医療研究部

Y10 CryAB R120G 心筋症病態へのアミロイドオリゴマーの関与
10:30  ○三部 篤,Jeffrey Robbins,田上昭人
国立成育医療センター研究所 薬剤治療研究部 実験薬理室

Y11  肥大心筋に発生する催不整脈基質に対するアップストリーム治療戦略
10:40 ○高原 章,杉山 篤,佐藤吉沖,中村裕二,橋本敬太郎
山梨大学大学院 医学工学総合研究部 薬理学

Y12 ハムスターで観た心筋梗塞直後のMMP-9の上昇とキマーゼの関連性
10:50 ○吉川勝広1,2,高井真司1,金 徳男1,村松理子1,三野芳紀2,宮崎瑞夫1
1大阪医科大学 薬理学教室
2大阪薬科大学 環境分析学研究室

11:00〜11:50  
Section 3 :血管・内皮
Young Investigator’s Award 候補者演題発表(3)

座長 川崎博己( 岡山大学大学院・臨床薬学 )
松村靖夫( 大阪薬大・病態分子薬理 ) 

Y13 セサミンは抗酸化作用と代謝物によるNO産生亢進作用により高血圧を抑制する
11:00 ○中野大介1,郭 哲俊1,藤井貴和子1,池村健治1,佐竹藍子1,高岡昌徳1,
小野佳子2,木曽良信2,松村靖夫1
1大阪薬科大学 病態分子薬理学研究室
2サントリー 健康科学研究所

Y14 肺動脈へのメカニカルストレスによる PGH2 産生機構と肺高血圧病態血管の
11:10  緊張性異常へのSPLA2の関与
○森川友樹,田辺由幸,斉藤麻希,中山貢一
静岡県立大学大学院 薬学研究科 分子薬理学

Y15 血管壁細胞における神経型 NO 合成酵素の発現調節機構:血小板由来増殖因子に
11:20  よる選択的発現亢進
○中田 靖,筒井正人1,下川宏明2,中島康秀,柳原延章1
産業医科大学医学部第二内科学
1産業医科大学 医学部薬理学
2東北大学大学院 医学系研究科 循環器病態学

Y16 ラット腸間膜動脈血管床における血管内皮細胞除去による弛緩反応増強機序
11:30   ― cGMPが関与する機序 ―
○岩谷有希子1,沼 裕美1,能木沙織1,高山房子1,見尾光庸2,川崎博己1
1岡山大学大学院 医歯薬総合研究科 臨床薬学
2就実大学 医歯薬 薬効解析

Y17  ラット腸間膜動脈抵抗血管において神経性NOは交感神経伝達を抑制する
11:40 ○畑中由香子1,芳原成美1,金 紅花1,秋山伸二1,丁 敏2,小林裕太2
高山房子1,川崎博己1
1岡山大学大学院 医歯薬総合研究科 臨床薬学
2島根大学 総合化学研究支援センター

11:50〜13:20   昼食休憩(幹事会)

13:20〜14:00  
Section 4 : 情報伝達他
Young Investigator’s Award 候補者演題発表(4)

座長 冨田修平( 徳島大学・ゲノム機能研究センター )
田中利男( 三重大学・医・薬理 )

Y18 核・電子二重共鳴画像化装置(PEDRI)を用いた細胞内・外フリーラジカル動態の
13:20  同時無侵襲画像解析
○山田健一,木下裕一,古里絵美,大和真由実,松元慎吾,中山智博,酒井 浄,
内海英雄
九州大学大学院 薬学研究院 機能分子解析学分野

Y19 T細胞特異的HIF-1αKOマウスではカフモデルにて血管リモデリングが促進される 13:30 ○黒部祐嗣1,3,冨田修平1,井澤有紀2,福原弥生2,神原 保3,粟飯原賢一4,
赤池雅史4,松本俊夫4,北川哲也3,吉栖正典2,玉置俊晃2
1徳島大学ゲノム機能研究センター遺伝子実験施設
2徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 情報伝達薬理学分野
3徳島大学ヘルスバイオサイエンス研究部 循環機能制御外科学分野
4徳島大学ヘルスバイオサイエンス研究部 生体情報内科学

Y20 巨核球前駆細胞の分化・増殖における転写因子FOXO3aの役割  
13:40 ○中尾隆文,岩尾 洋,Kenneth Kaushansky
大阪市立大学大学院 医学研究科 分子病態薬理
カリフォルニア大学サンディエゴ校

Y21 トロンボキサンA2による動脈硬化関連遺伝子発現機構の解析
13:50 ○平野 稔,伊藤芳幸,島田康人,田中利男
三重大学大学院 医学系研究科 薬理ゲノミクス

14:00〜15:30   シンポジウム「 レニン・アンジオテンシン系の新展開 」
座長 光山勝慶( 熊本大・医・生体機能薬理 )
吉栖正典( 奈良医大・医・薬理 )

S1  腎内レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の調節機構と病態への関与
○西山 成,安部陽一,小堀浩幸
香川大学医学部 薬理学
チュレーン大学 生理学高血圧腎臓COE

S2  糸球体血行動態へのレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の作用と
その生理的・病態生理学的意義
○有馬秀二
近畿大学医学部 高血圧・老年内科

S3 レニン・アンジオテンシン・アルドステロンとRho/Rhoキナーゼ系
  ○脇野 修,神田武志,猿田享男,林 晃一
慶応義塾大学医学部 内科学教室

S4 キマーゼの心血管リモデリングにおける役割
○高井真司,金 徳男,村松理子,宮崎瑞夫
大阪医科大学 薬理学教室

15:30〜16:30   
Section 5 : 一般演題発表

座長 石橋隆治( 金沢医大・医・薬理 )
松岡 功( 福島県立医大・医・薬理 )

O1 低分子および高分子ニトロソチオールの定量:
15:30  血圧調節におけるニトロソチオールの役割
○石橋隆治,三輪知子,新川郁美,吉田純子,西尾眞友
金沢医科大学 生体情報薬理学

O2 正常血圧維持におけるV1a バゾプレッシン受容体サブタイプの役割
15:40 ○輿水崇鏡1,奈佐吉久2,田上昭人3,及川 玲2,清野 泰4,桑木共之3,森 豊樹6,
竹尾 聰2,辻本豪三1
1京都大学薬学研究科 ゲノム創薬研究分野
2東京薬科大学 分子細胞病態薬理学教室
3国立成育医療センター研究所 薬剤治療部
4京都大学医学部附属病院RI実験施設
5千葉大学大学院分子統合生理学教室
6大塚製薬 薬効開拓研究所

O3 酸化LDL受容体LOX-1は高脂肪食により誘発されるSHR-SPの血管壁脂肪沈着に
15:50  関与する
○沢村達也,中野厚史,菅原史明
国立循環器病センター研究所 脈管生理部

O4 脳動脈を支配するNO作動性神経興奮の脳血流と血液脳関門に及ぼす影響
16:00 ○安屋敷和秀,篠崎一哉,山水康平,岡村富夫
滋賀医科大学 薬理学講座

O5 ATPによる血管内皮細胞のCOX2発現誘導
16:10 ○松岡 功,唐 燕,木村純子
福島県立医科大学 医学部薬理学講座

O6   心房筋細胞におけるL型Ca2+チャネルの新たな調節機構
16:20  ○赤羽悟美1,名黒 功2,一條秀憲2,水流弘通1
1東邦大学 医学部薬理学教室
2東京大学大学院 薬学系研究科細胞情報学教室

16:30〜16:45  
Young Investigator’s Award 授賞式

   
第16回 日本循環薬理学会 当番幹事挨拶 
飯野 正光( 東京大学大学院医学系・細胞分子薬理学 )

   
日本循環薬理学会会長挨拶 橋本 敬太郎  
  閉会挨拶

17:00〜19:30   懇親会