ホーム > 学会情報 > 第13回日本循環薬理学会 講演抄録

学会情報

第13回日本循環薬理学会 講演抄録

 Session 1 Young Investigator Award候補者発表会 (1)


座長 : 岡村 富夫、 鎌田 勝雄  
          
Y-1 9:45  虚血性急性腎不全に対するカルノシンの改善効果と腎交感神経系の関与 
○倉田 隼人1、藤井 俊秀1、片山 智章1、筒居 秀伸1、村岡 智子1、高岡 昌徳1、木曽 良信2、藤沢 良秀3、松向寺孝臣4、西山 成4、安部 陽一4、松村 靖夫1
(1大阪薬科大学 病態分子薬理学研究室、2サントリー褐注N科学研究所、香川医科大学 3機器センター、4薬理学講座)

Y-2 9:57  抗糖尿病薬メトフォルミンの麻酔下ラット腎交感神経への作用 
○松向寺孝臣1、西山 成1、藤澤 良秀3、清元 秀泰2、木村 正司1、河野 雅和2、安部 陽一1、西山 成1
(香川大学 医学部 1薬理学講座、2第二内科、3実験実習機器センター)

Y-3 10:09  アルドステロンによって生じる腎糸球体病変と酸化ストレスを介したmitogen-activated protein (MAP)キナーゼの活性化 
        
○Li Yao 1、西山 成1、Yuyan Fan1、永井由紀子2、吉栖 正典3、Moe Kyaw3、松向寺孝臣1、木村 正司1、安部 陽一1
(香川医科大・医・1薬理・2実験実習機器センター、3徳島大・医・薬理)

Y-4 10:21  局所冷却により誘発される皮膚血流減少反応におけるシナプス前プリン受容体の役割 
○田島 貴子、石川 智久、小金澤禎史、山下 知也、藤田行代志、中山 貢一
(静岡県立大学大学院・薬学研究科・細胞分子薬理学教室)

Y-5 10:33 糖尿病ラット上腸管膜動脈におけるPKA活性の減弱と弛緩反応との関係 
○松本 貴之、若林賢太郎、小林 恒雄、鎌田 勝雄
(星薬科大学・医薬研・機能形態)

 

 Session 2 Young Investigator Award候補者発表会 (2)


座長 : 尾崎  博、小浜 一弘

Y-6 10:45 matrix metalloproteinase(MMP)活性化を介したキマーゼの血管新生誘導作用に関する検討 
○村松 理子1、高井 真司1、丸一 みどり2、池田 恒彦2、宮崎 瑞夫1
(大阪医大・薬理学1、大阪医大・眼科学2 )

Y-7 10:57 アラキドン酸のリン酸化平滑筋ミオシンに対する活性化作用 
○片山 豪、日野 瑞城、小浜 一弘
(群馬大学大学院・医学系研究科・臓器病態薬理学)

Y-8 11:09 Angiotensin IIによる培養ラット大動脈平滑筋細胞のmigrationにおけるSrc tyrosine kinase とCas アダプター蛋白を介したERK1/2、JNK活性化の役割 
◯Moe Kyaw、吉栖 正典、土屋浩一郎、井澤 有紀、藤田 佳子、Nermin Ali、兼松 康久、玉置 俊晃
(徳島大学・医・情報伝達薬理)

Y-9 11:21 ブラジキニンによる血管平滑筋細胞増殖の制御機構解析 
〇西村 有平、田中 利男
(三重大・医・薬理)


Young Investigator Award受賞演題 ↓
Y-10 11:33 デキサメタゾンは血管内皮細胞へのアデノウイルスベクターによる機能障害を改善し遺伝子導入効率をあげる
 
○村田 幸久、堀 正敏、Li Seong、中村 彰男、小浜 一弘、唐木 英明、尾崎 博
(東大・院・獣医薬理学教室、群大・医学部薬理学教室)


 Session 3 Young Investigator Award候補者発表会 (3)

 

座長 : 玉置 俊晃、竹尾  聰  
          
Y-11 13:00 カルシトニン受容体と受容体活性調節蛋白の共発現により形成されるカルシトニン遺伝子関連ペプチド受容体の薬理学的特徴 
◯桑迫 健二、名越 康子、曹袁寧、北村 和雄、江藤 胤尚
(宮崎医科大学・第一内科)

Y-12 13:12 p300は転写因子NFATc1と相互作用してbcl-2の転写活性を制御し、心筋細胞アポトーシスに対して抑制的に作用する 
○川村 晃久、長谷川浩二、森本 達也、赤尾 昌治、北 徹
(京都大学大学院医学研究科循環器内科)

Y-13 13:24 食塩感受性高血圧におけるエンドセリンETB受容体の役割
○大喜多 守1、Yuqin Wang2、Richard C. Wiseman2、Shujun Li2、柳沢 正史2、Cheryl E. Gariepy1
(1ミシガン大学・小児科、2テキサス大学サウスウェスタン メディカルセンター)

Y-14 13:36 ジルチアゼムの新たな虚血心筋保護の機序 
○茂木 奏尊、田野中浩一、岩井 毅、竹尾 聰
(東京薬大・薬・第一薬理)

 

 Session 4 Young Investigator Award候補者発表会 (4)

 

座長 : 安部 陽一、 辻本 豪三

Y-15 13:48 高張食塩水負荷高血圧モデルを用いたバゾプレッシン受容体V1aサブタイプの機能解析 
○細田 千尋1、田上 昭人1、北川 葉子1、輿水 崇鏡1、及川 玲2、苫米地 敬2、奈佐 吉久2、竹尾 聰2、辻本 豪三3
(1国立成育医療センター研究所薬剤治療研究部、2東京薬科大学第一薬理学教室、3京都大学大学院薬学研究科ゲノム創薬科学分野)


Young Investigator Award受賞演題 ↓
Y-16 14:00 血圧調節におけるV1aバゾプレッシン受容体サブタイプの役割?V1aノックアウトマウスの解析よりー
 
○興水 崇鏡1、田上 昭人1、奈佐 吉久2、北川 葉子1、 竹尾 聰2、桑木 共之3、辻本 豪三1,4
(1国立成育医療センター研究所、薬剤治療部、2東京薬科大学第1薬理学教室、3千葉大学大学院分子統合生理学教室、4京都大学大学院薬学研究科ゲノム創薬研究分野)

Y-17 14:12 ミオシン軽鎖リン酸化プローブの開発 
○山田 亜紀、廣瀬 謙造、飯野 正光
(東京大大学院・医・細胞分子薬理)

Y-18 14:24 不整脈源性右室心筋変性症(ARVC)自然発症モデルマウスの責任遺伝子のポジショナルクローニングとその機能解析 
○朝野 仁裕1、高島 成二1、朝倉 正紀1、新谷 泰典1、Liao Yulin1、南野 哲男1、小粥 章子2、友池 仁暢2、堀 正二1、北風 政史2
(1大阪大学大学院・医・病態情報内科、2国立循環器病セン ター)


 Session 5 一般演題発表会

座長 : 田中 利男、宮崎 瑞夫

A-1 14:40 イヌ陰茎海綿体における内皮依存性弛緩作用 
○安屋敷和秀、篠崎 一哉、岡村 富夫
(滋賀医科大学・薬理)

A-2 14:55 マウス血管平滑筋におけるバニロイド受容体の発現およびその機能 
○村木 克彦1、岩田 裕子2、片野坂有紀2、伊藤 智洋1、大矢 進1、重川 宗一2、今泉 祐治1
(1名古屋市立大学大学院・薬・細胞分子、2国立循環器病センター・分子生理)

A-3 15:10 アミオダロン慢性経口投与のイヌ虚血再灌流不整脈に対する抑制作用 - 血中および組織中アミオダロン濃度との関連 ? 
○永澤悦伸,杉山 篤,中村裕二,佐藤吉沖,陳 建光,高原 章,朱 冰梅,橋本敬太郎
(山梨大大学院・医学工学総合研究部・薬理学)

A-4 15:25 アンジオテンシンII刺激によるNa+-Ca2+交換体の活性化機構 
○赤羽 悟美、高松 肇、一條 秀憲
(東京大大学院・薬・細胞情報)

 

 特別講演

 

座長 : 飯野 正光  

ASK1によるストレス応答の分子機構 
一條 秀憲
(東京大大学院・薬・細胞情報)

このページの先頭へ