プログラム

こちらからプログラム(詳細).pdfをダウンロードできます。


9:25~9:30 開会の辞
9:30~10:00 一般演題 (1)
      座長:狩山 玲子(岡山大学)
I-1 黄色ブドウ球菌バイオフィルムに対するリネゾリドの影響
○ 花輪智子1)、新庄克也2)、中里仁美2)、米澤英雄1)
大崎敬子1)、蔵田 訓1)、川上速人3)、海保房夫2)
神谷 茂1)
1)杏林大・医・感染症学、2)東京理科大学・薬、
3)杏林大・医・解剖学

I-2 緑膿菌バイオフィルム形成にcAMPが与える影響の解明
○小野佳織、坂口文音、岡理栄、豊福雅典、吉田志央美、野村暢彦
筑波大学 生命環境系

I-3 Cbb3型酸素呼吸酵素が嫌気環境下における緑膿菌バイオフィルム形成に関与する
○濱田 将風、豊福 雅典、宮野 知樹、中島 敏明、
内山 裕夫、野村 暢彦
筑波大学 生命環境系
10:00~10:40 一般演題 (2)
      座長:金子 明寛(東海大学)
II-1 歯周病関連細菌Eikenella corrodensのAI-2不活化酵素の精製と解析
○阿座上弘行1)、Mohmmad Minnatul Karim1)
Fariha Jasin Mansur1)、 野杁由一郎2)、恵比須繁之2)
1)山口大・農・生物機能科、2)大阪大院・歯学研究科・口腔分子感染制御学

II-2 緑膿菌臨床分離株における抗菌薬抵抗性と病原因子との関連について
○村上圭史、Asikin Nur、弘田 克彦、三宅洋一郎
徳島大学大学院HBS研究部口腔微生物学分野

II-3 Effect of extracellular DNA on pyocyanin production from Pseudomonas aeruginosa
○Asikin Nur1), Katsuhiko Hirota1), Hiromichi Yumoto2), Kouji Hirao2), Kanako Takahashi2), Keiji Murakami1), Takashi Matsuo2) and Yoichiro Miyake1)
1)Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School, Department of Oral Microbiology, 2)Department of Conservative Dentistry

II-4 非結核性抗酸菌のバイオフィルム形成因子
○西内由紀子1)、戸谷孝洋2)、松本壮吉2)
1)大阪市立大・医・刀根山結研、2)大阪市立大院・医・細菌学
10:40~11:00 休 憩
11:00~11:30 一般演題 (3)
      座長:高田 徹(福岡大学)
III-1 サルモネラ(Salmonella Weltevreden)の接着・付着に及ぼす キチンの影響
○天野富美夫1)、北村香南子1)、藤森功1)、齊藤典子2)
1)大阪薬科大・生体防御学、2)国立感染研・電顕室

III-2 浴室ピンク汚れ(Pink Biofilm)の制御
矢野 剛久1)、○宮原 佳子1)、花井 淳也2)、横畑 綾治1)
松尾 申遼2)、平塚 絵美2)、岡野 哲也2)、久保田 浩美1)
1)花王(株)安全性科学研究所、2)花王(株)ハウスホールド研究所

III-3 黄色ブドウ球菌のバイオフィルム形成に対するスルファジアジン銀配合ハイドロコロイドドレッシングの阻止作用
○田尻豊和1)、自見至郎2)、重森健1)、久保貴史3)、岩嵜徹治3)、 真鍋ひとみ4)、竹山由夏4)、寺松早紀4)、高田徹5)、大慈弥裕之1)
1)福岡大・形成外科学、2)福岡大・医・病態構造系総研、 3)アルケア(株)医工学研、4)福岡大・薬・医療構造学、 5)福岡大・腫瘍血液感染症内科学
11:30~12:10 一般演題 (4)
      座長:松本 哲哉(東京医科大学)
IV-1 マウスを用いた緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルの作製
○狩山玲子1, 2)、堀賢司2)、光畑律子1)、村上圭史3)、和田耕一郎1) 石井亜矢乃1)、渡辺豊彦1)、三宅洋一郎3)、公文裕巳1, 2)
1)岡山大院・医歯薬学総合・泌尿器病態 2)岡山大・ナノバイオ標的医療イノベーションセンター 3)徳島大院・ヘルスバイオサイエンス・口腔微生物

IV-2 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌バイオフィルムに対するバクテリオシンの殺菌効果
〇奥田賢一、杉本真也、岩瀬忠行、田嶌亜紀子、水之江義充
東京慈恵会医科大・医・細菌学

IV-3 cyclic-di-GMP が口腔細菌のバイオフィルム形成に与える影響
〇金野弘靖1)2),吉田康夫1),永野恵司1),安彦友希1),中村好徳2),柴田幸江3)、山下喜久3),田中貴信2),吉村文信1)
1)愛知学院大・歯・微生物学、2)愛知学院大・歯・有床義歯学、3)九州大・院歯・口腔保健推進学

IV-4 歯性感染症主要起炎菌に対するsitafloxacinの抗菌・殺菌作用に関する検討
○金子 明寛1)、松崎 薫2)、長谷川 美幸2)、池田 文昭2) 金山 明子3)、小林 寅喆3)
1)東海大・医・外科系口腔外科学、2)三菱化学メディエンス、 3)東邦大・看護・感染制御学
12:20~13:20 ランチョンセミナー
      座長:神谷 茂(杏林大学)
「プロバイオティクスによる感染対策」
田口 晴彦(杏林大学保健学部免疫学研究室)
13:20~13:35 会務総会
13:35~14:25 特別講演
      座長:天野 富美夫(大阪薬科大学)
「赤痢菌の腸管感染における自然免疫の克服戦略」
笹川 千尋(一般財団法人日本生物科学研究所、
                              千葉大学真菌医学研究センター)
14:25~15:15 教育講演
      座長:三宅 洋一郎(徳島大学)
「海洋微生物の生存戦略」
木暮 一啓(東京大学大気海洋研究所)
15:15~15:30 休 憩
15:30~18:15 学際シンポジウム
   - バイオフィルム : 私たちをとりまく環境と健康との関わり
      座長:野村 暢彦(筑波大学)
                神谷 茂(杏林大学)
S-1 緑膿菌バイオフィルムを用いた微生物腐食モデル
生貝 初 (鈴鹿工業高等専門学校生物応用化学科)

S-2 企業におけるバイオフィルム研究
久保田 浩美 (花王株式会社安全性科学研究所)

S-3 個から集団の微生物学
    〜医学・産業・環境分野での重要性〜
野村 暢彦 (筑波大学生命環境系)

S-4 デンタルバイオフィルムを探究する
恵比須 繁之 (大阪大学理事・副学長)

S-5 バイオフィルム感染症制圧の新たな試み
水之江 義充 (東京慈恵会医科大学細菌学講座)

総合討論
18:15〜18:20 閉会の辞
18:30~20:30 懇親会

ページのトップへ戻る