循 環 器 再 生 医 療 研 究 会 あ い さ つ
医学研究は現在の医療では治すことの出来ない疾患が未だに多く存在する事実
に基づき、新規治療法を開発し人類の幸福に貢献する事を目的としております。
再生医療は臓器不全の根治的次世代治療として期待されていますが、ヒトの
臓器不全の有効な再生医療の実現にはまだ多くのハードルがあります。
その中で、循環器領域では下肢虚血に対し骨髄細胞移植療法が4年前に始まり、
有効な治療として認められるようになりました。
これからは虚血性心疾患、心不全に対する再生医療を目指した研究開発が行わ
れておりますが、各医療機関が独自に行っているのが現状です。
また再生医療学会でも医薬品機構、厚生労働省からの細胞移植による再生医療
の指針が示されました。

循環器再生医療研究会では循環器領域の再生医療に関する最新の話題の情報
交換を行ない、研究や診療の進歩を図り、これを通じて統一した最も有効な再生
医療の実現化により難治性疾患で苦しんでいる患者さんに福音を与える事を目的
としております。
患者さんを治すために循環器領域の再生医療開発を行っている多くの先生方の
参加をお願いいたします。

循環器再生医療研究会 代表世話人 画像
循環器再生医療研究会
代表世話人
 日本大学大学院総合科学研究科生命科学
 福田 昇



HOME | あいさつ | 最新研究会 | 会場案内図 | 過去プログラム | 世話人・事務局 | リンク
Copyright© JUNKANKISAISEIIRYOUKENKYUKAI. All rights reserved.