HOME  English

 執筆要領
 
  1. 原稿は原則としてワープロまたはパソコンにてご執筆ください.その場合,A4の用紙を使用し,30字×30行で,字間が行間より狭くなるように左右余白を50ミリ程度,天地余白を30ミリ程度とって印字してください.ただし,和文・英文抄録は,キーワードを含め,それぞれ1 ページに収まるように印字してください.
  2. 原稿の体裁は,
    1)1枚目に,@表題(英文表題併記),A著者名(ローマ字併記,連名の場合は全員), B本誌に掲載する所属(英文表記併記), C本誌に掲載する住所
    2)2枚目に,無記名で,D和文表題,E和文抄録,F和文キーワード
    3)3枚目に,無記名で,G英文表題,H英文抄録,I英文キーワード
    4)4枚目から,J本文,K引用文献,L図,表,写真
    とします.
    本文頁には,頁下中央部に,必ず頁番号を印字してください.なお,実践・事例報告の場合には,英文抄録は必須ではありません.
  3. 原稿の枚数は,図表,写真,文献,和文・英文抄録を含めて,
    1)原著論文ならびに実践・事例報告は,400 字詰め原稿用紙35 枚以内(刷上り9頁)
    2)資料論文は,同30 枚以内(刷上り8 頁以内)
    を原則とします.
  4. 和文抄録は400字以内,英文抄録は200語以内,キーワードはそれぞれ5語以内とします.
  5. 原稿枚数を計算する際,図表は,便宜上,一律,1点を原稿用紙2.5枚に,和文・英文抄録はそれぞれ原稿用紙1枚と換算してください.
  6. 原稿は,新かなづかい,常用漢字にてお書きください.
  7. 外国の地名・人名・物件名などは,原語のまま用いることを原則としますが,日本語化しているものについてはカタカナで表記してください.
  8. 専門用語はできるかぎり日本語表記とし,初出箇所にカッコでその欧文を記入してください.略語を使用する際は,初出箇所に正式名を記載し,カッコ内にその略語を挿入してください.
  9. 度量衡の単位は,国際単位系に準拠してください.
  10. 脚注は原則として認めません.
  11. 文献の記載は引用文献のみとし,日本語,外国語を問わず引用順に番号をつけて記載してください.
    また,本文中の引用箇所に肩番号を付してください.
  12. 文献の表記については,次のとおり記述してください.
    a)雑誌の表記にあたっては以下のとおりとしますが,通巻頁を用いている雑誌では号数の記載は必須ではありません.
    著者名(4名以上の場合は3名まで記載し,その他は"ほか'あるいは"et al."とする)