HOME  English

 トピックス
日本臨床倫理学会理事会およびクイックレスポンス部会の尊厳死法案へのコメント
2014.11.10
(2)思考プロセスのマニュアル化・ショートカット化
法を作ることで、これまで真剣に終末期の問題を考え、悩んできた医療者だけでなく、他の多くの医療者が、命に関わるジレンマを意識することなく、深く悩む過程を経ないで、思考プロセスを、マニュアル化あるいはショートカット化してしまう可能性がある。
終末期の事例だけでなく、臨床事例は、医学的事項および倫理的価値に関する事項(患者本人の価値観など)すべてにおいて、ケースごと個性がある。しかし、法を作ることによって、ただ、その法の要件を満たすかどうかという点のみに焦点が当てられ、「患者本人のために考える」という視点が忘れ去られ、終末期医療に関する議論の質も量も低下する、いわゆる思考プロセスのマニュアル化・ショートカット化が起こる可能性がある。
また、患者が延命措置の不開始・中止について一旦書面化すると、以後、「その時の」「本人の最善の利益」「治療の有益性」について十分に考慮されることなく、「本人が書いたから・・」と言う理由で、周囲の状況の変化に応じて治療が必要となる事態が生じても、治療が実施されない可能性も出てくる。したがって、「本人のかつての意思表示」が「現在の最善の利益」と矛盾しないかどうかを、事前・事後に適切に評価できるシステム(倫理委員会や倫理コンサルテーションなど)の構築が必要となる。
今後、このような意思決定手続が公正であることを確保するためには、さらに規定が必要であると考えられるが、現時点では、終末期医療に関するガイドラインを参照し、個別のケース毎、現場で話し合うこと(倫理カンファレンス・倫理コンサルテーション等)が現状に即した方法と云えるだろう。
 
(3)強要の無い自己決定の保障が必要であること 
 
 

 序文
(1)「法制化」そのものが内包する根源的ジレンマ
(2)思考プロセスのマニュアル化・ショートカット化
(3)強要の無い自己決定の保障が必要であること
(4)「終末期の定義」の曖昧さ・不確実性
(5)国会審議のプロセスの問題
(6)終末期の医療に関する啓発(第11条)についての問題点
(7)「本当に国民の真意かどうか」を見極める
(8)いわゆる尊厳死法案(仮称;「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案」)を法制化する基盤が未だない
(9)DNAR指示(蘇生不要指示)との関係
(10)その他