HOME  English

 トピックス
日本臨床倫理学会理事会およびクイックレスポンス部会の尊厳死法案へのコメント
2014.11.10
序文
超党派の国会議員より成る「尊厳死法制化を考える議員連盟」から提案された「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案(仮称)」(以下、「法律案」とも略することがある)に対して、患者の尊厳に配慮した医療の実践をその理念としている日本臨床倫理学会がコメントをすることは、たいへん重要である。 日本臨床倫理学会理事会およびクイックレスポンス部会の、現時点におけるコメントは以下のとおりである。今後、日本臨床倫理学会として、より多くの会員の意見を聴取し、議論を積み重ね、コメントを更新していく予定である。
なお、第2回年次大会に際して、「尊厳死法案に関するアンケート」に御協力いただいた会員のみなさまにここで感謝の意を表したい。
日本臨床倫理学会理事会およびクイックレスポンス部会は、以下の理由で、「尊厳死法案(終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案)」は、さらに広く国民の声を聴取し、熟慮を伴った深い議論の積み重ねが必要であると考える。
 
(1)「法制化」そのものが内包する根源的ジレンマ
 
 

 序文
(1)「法制化」そのものが内包する根源的ジレンマ
(2)思考プロセスのマニュアル化・ショートカット化
(3)強要の無い自己決定の保障が必要であること
(4)「終末期の定義」の曖昧さ・不確実性
(5)国会審議のプロセスの問題
(6)終末期の医療に関する啓発(第11条)についての問題点
(7)「本当に国民の真意かどうか」を見極める
(8)いわゆる尊厳死法案(仮称;「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案」)を法制化する基盤が未だない
(9)DNAR指示(蘇生不要指示)との関係
(10)その他