HOME  English

 トピックス
インタビュー 希望・尊厳・倫理と認知症の人々
2014.3.1 Tokyo
Stephen G. Post
Stony Brook University School of Medicine
Department of Preventive Medicine
Director, Center for Medical Humanities, Compassionate Care and Bioethics
ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校教授(予防医学)。医学と同様に、科学的研究と哲学、精神性(スピリチュアリティ)を統合した見地からの利他主義、愛、思いやりの研究においても第一人者として広く認められている。著書『アルツハイマー病における倫理的課題』は、ブリティシュ・メディカル・ジャーナルによって、「今世紀最高の医学書」の一冊に選ばれた。
  
インタビュアー:箕岡真子(日本臨床倫理学会 総務担当理事)