HOME  English

<<臨床倫理認定師 更新条件はこちら>>


 ■11月5日臨床倫理アドバイザー研修会 当日の連絡先について
  11月5日臨床倫理アドバイザー研修会 当日の連絡先は下記となっております。
  当日のみの連絡先となっておりますのでご注意ください。
   090−2149−5772(事務局担当)
目標
臨床倫理認定士コース(以下,本研修)の目標は,「臨床現場における倫理問題に気づき,問題点を同定し,分析し,解決するアプローチを理解する」ことにあり,そのために,「医療・看護・介護を含めた臨床の領域における倫理的基礎知識と対処のための手順を習得する」ように,講義,グループワーク,事例検討会等で構成されています.
受講資格
日本臨床倫理学会会員または,日本臨床倫理学会員に入会申請中の方
*原則,3日間全課程を受講できる方.3日間全課程を受講できず,次年度に繰り越したい方は,個別に事務局にご相談ください.
募集人数
80人(応募多数の場合,締切日後に抽選)
日時・会場
1) 日 時: @2017(平成29)年 9 月 17日(日)9:00〜16:00
A2017(平成29)年10月15日(日)9:00〜16:00
B2017(平成29)年11月5日(日)9:00〜16:00
2) 会 場: 順天堂大学医学部 D棟7階(東京都文京区本郷2-1-1)
参加費
25,000円/3日間 (認定証発行費含む)
申込方法  ※ 受付は終了しました ※
カリキュラム(8/18更新)
第1日目:2017年 9月17日(日) 臨床倫理の基礎と,倫理的問題への対処方法
番号時間 項 目 内 容 担 当
T−(1)
9:30〜10:25
臨床倫理への誘い @理事長挨拶
A様々な臨床倫理問題に触れる
B臨床倫理問題の気づき
新田
稲葉
T−(2)
10:30〜11:25
臨床倫理の基礎(1) @生命・医療・臨床倫理の歴史
A人間の尊厳とSOL/QOL
B倫理理論
C事実と価値
D倫理4原則
佐藤
T−(3)
11:30〜12:25
臨床倫理の基礎(2) @インフォームドコンセント
A医療に関する意思決定と代理判断【概論】
Bコミュニケーションと協働的意思決定
C職業倫理
D医療者・患者関係とチーム医療
箕岡
稲葉
12:25〜13:30 昼食休憩
T−(4)
13:30〜14:25
臨床倫理の基礎検討法(1) @4分割法
A4分割法の使い方と課題
加部
長尾
T−(5)
14:30〜15:25
臨床倫理の基礎検討法(1) @4分割法を使ってみる 加部
長尾
T−(6)
15:30〜15:45
質問・相談(振り返りを兼ねて) @ 質問・相談を受ける
Aアンケートを記載する
稲葉
15:50〜16:50 実践検討会 @講師を囲んでより領域を絞って、質疑を行う。
A可能なら事例を中心として検討を加える。
佐藤
箕岡
稲葉
加部
長尾
第2日目:2017年10月15日(日) 様々な診療領域における臨床倫理問題
U−(1)
9:30〜10:10
各診療領域における倫理 @神経難病をめぐる倫理 荻野
U−(2)
10:15〜10:55
各診療領域における倫理 @小児医療をめぐる倫理 加部
U−(3)
11:00〜11:40
各診療領域における倫理 @透析医療をめぐる倫理 三浦
U−(4)
11:45〜12:30
エンドオブライフにおける倫理T @終末期医療ケアの倫理
ADNARの倫理
Bアドバンスケアプランニング(ACP)
箕岡
12:30〜13:30 昼食休憩
U−(5)
13:30〜14:10
エンドオブライフにおける倫理U @緩和ケアをめぐる倫理 山田
U−(6)
14:15〜14:55
各診療領域における倫理 @循環器疾患をめぐる倫理 野々木
U−(7)
15:00〜15:15
質問・相談(振り返りを兼ねて) @質問・相談を受ける
Aアンケートを記載する
稲葉
15:20〜16:20 実践検討会 @講師を囲んでより領域を絞って、質疑を行う。
A可能なら事例を中心として検討を加える。
荻野
加部
三浦
山田
野々木
稲葉
箕岡
第3日目2017年11月5日(日) 様々な領域における倫理・法と、医療安全・認知症・地域包括ケア
V−(1)
9:30〜10:10
法と倫理(1) @法と倫理の関係
A臨床領域での法とガイドライン
B守秘義務と個人情報保護
稲葉
水倉
V−(2)
10:15〜10:55
法と倫理(2) @医療事故と記録 稲葉
水倉
V−(3)
11:00〜11:40
リスクマネジメント @リスクマネジメント(医療の立場から) 川崎
V−(4)
11:45〜12:25
各診療領域における倫理 @摂食嚥下障害の倫理 藤島
12:25〜13:30 昼食休憩
V−(5)
13:30〜14:30
高齢者ケアの倫理 @認知症ケアの倫理
A介護倫理(施設)
B介護倫理(家族支援)
箕岡
竹下
山元
V−(6)
14:35〜15:15
在宅医療と地域包括ケアにおける倫理 @在宅医療をめぐる倫理
A訪問看護をめぐる倫理
西田
井上
V−(7)
15:20〜
質問・相談(振り返りを兼ねて) @質問・相談を受ける
Aアンケートを記載する
稲葉
  • 各日の講義開始は9時30分からです。会場は9時に開場されます。
  • 1日目と2日目のプログラム終了後に任意参加の実践検討会が開かれます。
  • 年度によって、若干の講義項目の変更があります。
その他・注意事項
  1. 原則,3日間全課程を受講ください.
  2. 本研修は,臨床倫理専門士(シニアアドバイザー・応用編)の前提となる基礎コースとなります.
  3. 締め切り日後に抽選を行い,当選された者には参加決定通知書および参加費の振込先をご登録のメールアドレスに送付いたします(ご参加いただけない場合も通知いたします).
  4. お申込み完了画面の表示,ならびにご登録いただいたメールアドレスに,受付メールをお送りいたします.
  5. お申込み完了後に研修の参加をキャンセルされる場合は,必ず文面(FAX,E-mail,郵送)にてその旨をお知らせください.
お問い合わせ先
日本臨床倫理学会事務局
〒164-0001 東京都中野区中野2-2-3 株式会社へるす出版 事業部内
FAX: 03-3380-8627 E-mail:j-ethics@herusu-shuppan.co.jp