●国際呼吸保護学会 日本支部のご紹介

 

国際呼吸保護学会日本支部は、本部の目的と方針に沿って日本における

呼吸保護活動の活性化とその成果の国際的な広報、日本国内の呼吸保護に

関する知識の集約、さらに会員間の呼吸保護に関する研究・技術開発及び

よりよい実施を促進するための情報の収集と伝達、国際活動への参加を主催します。

 

    国際呼吸保護学会(ISRP)の説明はこちら

   国際組織のページはこちら

 


おしらせ

学生会員募集のお知らせ

国際呼吸保護学会(ISRP)日本支部への入会のお勧め

当支部では会員を募集しております。申込書は受付及び支部事務局に用意してあります。

この機会に是非ご入会下さい。

 

 

 

 


●国際呼吸保護学会日本支部2021年度研究発表会開催のご案内

今年も昨年に引き続きコロナ感染に話題が集中し、昨年以上に感染が拡大し感染者が130万人に達しています。

未だに収束の見通しが付かない状況で平穏な日常を送れるようになるにはもう少し時間がかかるようです。

昨年との違いは感染のメカニズムがある程度解明され、私たち自身が出来る感染予防としてはワクチン接種、

マスクの着用、手指消毒、飛沫の拡散防止等を心掛ける事でしょうか。一般人にとってマスクとは何か日常とは違った

出来事等に見舞われるたびに注目されてきました。ただ、今回の注目度は今までとは様子が違っているような感じが

いたします。一般人も医療従事者もマスクの着用に関してフィットの重要性を認識するようになってきています。

特に医療従事者においてはより防護性能の高い電動ファン付き呼吸用保護具(PAPR)を着用している映像が紹介され、

PAPRの有効性の高さ、使用勝手の良さが明らかになったのではないでしょうか。

労働衛生分野においても金属アーク溶接等作業従事者は1年以内ごとに1回適切に装着されていることを確認することが

義務化されました。そのためにフィットテストマニュアルが発刊され、マスクフィットテスト実施養成研修が始まります。

ゆえに呼吸用保護具の要求事項に万人の顔にフィットするフィット性能の高いマスクが要望され、さらなる呼吸保護の

発展が期待されているように感じられます。

さて、研究発表会の開催に当たり、従来通りの対面式は難しく、残念ではありますが今年もオンラインで開催することに

いたしました。オンラインでの開催であっても例年通り、会員各位の呼吸保護に関する研究成果の発表を期待する

とともに、講演および呼吸保護に興味のある多数の皆様のご参加をお待ちしております。

 

日  時  : 2021129日(木) 13:30 17:00  オンライン開催(zoom利用)

参加費   : 無料

(開催案内のPDF版はこちら

 

********************************************************************

− 2021年度呼吸保護に関する研究発表会プログラム −

【目次はこちら】

【注意:パスワードロック付きファイルのダウンロードは、以前のMicrosoft EDGEの場合リンクエラーが確認されています。

EDGEでエラーが出る場合は右クリックで対象ファイルを保存するか、または、Google Chromeをご使用ください。】

 

開会前に、オンラインでの注意事項等をご説明いたします。 ( 13: 30 〜 )

1. 開会の挨拶 ( 13: 30 )

2021年度研究発表会実行委員長 鈴木 克巳

2. 一般研究発表 (第1部) ( 13 : 40 〜 14 : 40 )

座 長 : 明星 敏彦 (ISRP 日本支部)

1) 一般用不織布マスクと産業用使い捨て式防じんマスクの防御性能 【パスワードロック付き抄録ダウンロードはこちら】

○ 飯田 裕貴子( 株式会社 環境管理センター/高知大学医学部)

2) 半面形 PAPR のフィットファクターと防護係数に関する研究 【パスワードロック付き抄録ダウンロードはこちら】

○ 石原 彩子 (興研株式会社)

3) 呼吸用保護具のフィットテストの方法に関する検討(その2) 【パスワードロック付き抄録ダウンロードはこちら】

○ 渡邊 ひかり (早稲田大学 理工学術院)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ * 休 憩 * ( 14 : 40 〜 14 : 45 ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3. 一般研究発表 (第2部) ( 14 : 45 〜 15 : 25 )

座 長 : 保利 一 (ISRP 日本支部)

4) 有毒ガス用電動ファン付き呼吸用保護具用吸収缶の剥離剤に対する除毒能力試験 【パスワードロック付き抄録ダウンロードはこちら】

○ 長久保 響 (株式会社重松製作所)

5) 2−ブロモプロパンに対する防毒マスク用吸収缶(有機ガス用)の除毒能力試験 【パスワードロック付き抄録ダウンロードはこちら】

○ 埴原 陽一 (株式会社重松製作所)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ * 休 憩 * ( 15 : 25 〜 15 : 35 ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4.特別講演 ( 15 : 35 〜 16 : 45 )

座 長 :松村 芳美 (ISRP日本支部)

演 題 : 「JIS T 8150:2021 (呼吸用保護具の選択、使用及び保守管理方法)に導入された新しい事項について」 【パスワードロック付き抄録ダウンロードはこちら】

講演者 : 株式会社 重松製作所 顧問 山田 比路史 氏

5. 閉会の挨拶 ( 16 : 45 〜 17 : 00 )

日本呼吸用保護具工業会 会長 山本 智幸

ISRP日本支部 支部長 明星 敏彦

************

<上記の抄録を抄録集として印刷してご利用の場合、ページ構成は下記のとおりです。>

・目

・一般発表1

・一般発表2

・一般発表3

・一般発表4

・一般発表5

・特別講演

・裏表紙

************

 

参加(聴講)の申込について :

E-ailにて受け付けいたします。

isrp.japan@gmail.com までお申し込みください。

件名:参加申込

本文に以下を必ず記載してください。

@    氏名  A会社・団体名  BE-ailアドレス

申込締切 1126日(金)

※ 聴講に関して必要な情報等についてはE-ailにてご案内いたします。

※ 1台のPC、タブレット端末で複数名の聴講を可能といたしますが、参加人数把握のため、聴講される全ての方のご氏名をお知らせいただけますようお願いいたします。

 

 

問合せ先 : isrp.japan@gmail.com

2021年度呼吸保護に関する研究発表会 実行委員

株式会社重松製作所  安藤 眞理  TEL03-6903-7526

国際呼吸保護学会日本支部 事務局

ミドリ安全株式会社  山本 多絵子  TEL03-3442-8298

日本呼吸用保護具工業会 事務局

政野 祐一  TEL03-5804-3125