Copyright (C)
Japan Intractable Illness
Nursing Society.
All Rights Reserved






*終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました*


【第22回日本難病看護学会学術集会 オンライン大会登録システム】

第22回日本難病看護学会学術集会 開催概要ページに戻る


[2017.08.28]

演題登録:
2017年1月30日(月)〜5月8日(月)まで※締切いたしました※

オンラインでの演題登録となります。
・演題登録の前に、参加登録を行ってください。
・一般演題の詳細につきましては、「一般演題応募要領」をご覧ください。

参加登録:
2017年1月23日(月)〜7月20日(木)※締切いたしました※
当日 会場にて参加申込を受け付けますので、参加を希望される方はぜひお越しください。


○参加登録方法○※締切いたしました※

オンラインでの参加登録となります。

◆参加登録の流れ

@オンライン大会登録システムにて、基本情報登録と参加登録を行ってください。懇親会の申し込みも受け付けます。登録完了後、参加登録受付メールが自動送信されますので必ずご確認ください。

A7月21日までに参加費をお振り込みください。

【ご注意】
・オンラインでの参加登録を済まされましても期限までに参加費振り込みがなされない場合、無効となります。
・一旦振り込まれた参加費は返金いたしませんのであわせてご了承ください。

○参加費○
【オンラインでの参加登録(事前参加登録)の場合】
 学会員 : 7,000円
 非会員 : 8,000円
 療養者・家族および学生(院生を除く) : 3,000円

 (当日受付の場合 学会員:8,000円、非会員:9.000円、療養者・家族および学生(院生を除く):3.000円)

○懇親会○(オンライン申込)

【懇親会】(日時:8月25日(金)第一日目プログラム終了後、場所:上智大学四谷キャンパス2号館5階)
 金額 5,000円
 オンライン参加登録時にお申し込みください。

○参加費の振込○
 ・参加費の振込だけでは事前参加登録は成立しません。必ず先にオンライン大会登録システムにて参加登録をお済ませください。
 ・振込手数料は各自ご負担ください。
 ・払込取扱票1枚につき1名の参加費をお支払いください。
 ・一度入金された参加費、懇親会費等は返金できません。また払込取扱票の控えは必ず保管してください。
 ・学会員には、専用の払込取扱票を学会誌第21巻第2号および第3号に同封して送付します。
 ・7月21日までのお振り込みをお願いいたします。

【参加費の振込先】
 ●郵便振替口座
  口座記号番号 :
  加入者名 :




第22回日本難病看護学会学術集会 一般演題応募要領

1.応募資格:
一般演題(口演・示説)の演題発表者・共同研究者は日本難病看護学会の会員に限ります。
未加入の方は、演題申込みの前に入会手続きをお取りください。入会手続きは、「入会・お問い合わせ」をご覧ください。


2.演題の種類:
1) 研究報告
2) 実践活動報告
 ※先駆的実践の取組みや、ケアのアイディア・工夫など、研究としてはまとめにくい内容を扱う報告です。
発表形式については、研究報告・実践活動報告ともに、「口演」と「示説」を予定しています。


3.演題申込期間:
2017年1月30日(月)〜5月8日(月)まで※締切いたしました※


4.演題登録方法:
オンラインでの演題登録となります。

◆演題登録の流れ

@演題登録は、演題発表者が行ってください。

A演題登録の前に、オンライン大会登録システムにて参加登録を行ってください。なお、一旦振り込まれた参加費は返金いたしませんので、査読結果(採否)により参加申込の有無を確定したい方は、参加登録までお済ませいただき、参加費は査読結果の通知があるまで振り込まないでください。参加登録の詳細につきましては上述の「参加登録方法」をご覧ください。

B演題登録にあたり、下記の事項が必要となりますので、あらかじめご用意ください。
・演題発表者および共同研究者の氏名、ふりがな、所属機関、会員番号
・演題発表者および共同研究者は学会員に限りますので、入会状況を必ずお確かめください。
・抄録原稿を作成してください。抄録原稿の様式ファイルは、本ページ下段より入手してください。
・任意の「キーワード」を3つご入力ください。
・後述の「5.倫理的な配慮およびそれに対する手続きについて」を行ったことをお確かめください。

C演題登録画面にて、演題情報(著者情報、タイトル等)を入力し、抄録原稿(Wordファイル)をアップロードしてください。これにて演題登録が完了となります。

D登録が完了しますと、演題登録受付メールが自動送信されますので必ずご確認ください。

E演題登録締め切りまでの間であれば、抄録ファイルの差し替えが可能です。

◆演題登録完了後の流れ

@査読結果(採否)につきましては、学術集会事務局よりメールにて通知いたします。

A口演発表として採択された方は、オンライン大会登録システムより、発表用スライド(パワーポイントファイル)を事前にご提出いただきます。提出方法は、採択通知とともにご連絡いたします。

B採択された抄録は、抄録集(学会誌第22巻第1号)に掲載されます。


【抄録原稿作成】
1)本ページ下段より抄録原稿の作成要領、抄録原稿ファイルをダウンロードし、作成してください。

2)抄録原稿の書式は研究報告・実践活動報告、口演・示説ともに同一です。

3)抄録原稿は「Microsoft Word」を用いてA4用紙、縦1枚に作成してください。学会誌印刷時はB5判に縮小されます。

4)ページ設定(書式スタイル)は、文字数40 字・行数40 行、余白は、上3p(30 o)・下2p(20 o)・右2p(20 o)・左2p(20 o)に設定してください。
タイトル(演題名)はMS ゴシック体12 ポイントとしページの1 行目に「中央揃え」としてください。
研究者の所属・氏名はMS 明朝体10.5 ポイントとし、ページの3〜7行目の右側に寄せてください。また、発表者氏名の前には○印をつけ、必ずふりがなを記載してください。
本文はページの9行目から開始し、段組は用いないでください。本文のフォントはMS 明朝体10.5 ポイントとしてください。

5)「研究報告」の本文は「研究目的」「研究方法」「結果」「考察」等の項目毎に記載してください。
「実践活動報告」については、上記の項目以外にも「対象者の概要」「実践上の課題」「取組みの概要」「実践経過」等の項目を自由に設定してください。
また、「研究方法」には必ず倫理的配慮に関する記述も入れてください。
図表を使用する場合には、印刷時に縮小されることを考慮した上で、見やすいように本文のスペース内へ挿入してください。

6)Word 文書で保存し、演題登録サイトにてアップロードしてください。


5.倫理的な配慮
倫理的な配慮およびそれに対する手続きについて。
倫理的な配慮とは、人権の尊重および個人情報の保護等をさし、それに対する手続きとは、所属機関の倫理委員会における承認を得ている、あるいは、所属長の承諾を得ている等、をさします。

6.その他:
学術集会での発表後、学会誌へのご投稿をお願いいたします。学会誌への投稿要領は学会誌投稿規定(学会誌に掲載しております)をご覧ください。

7.ダウンロード:

抄録原稿様式一式
【抄録原稿ファイル:演題登録アップロード用】(zip形式・様式、作成例)




*学術集会に関するお問い合わせ*

【第22回日本難病看護学会学術集会サポートデスク】
※オンライン大会登録システムの操作方法について※
オンラインによる申込が困難な方はご連絡ください。
平日9:00〜17:00
電話 : 075-415-3661 FAX : 075-415-3662
E-mail :


【第22回日本難病看護学会学術集会事務局】
※プログラム、演題査読、運営等について※
E-mail :
〒161-8550 東京都新宿区下落合4-16-11
上智大学 目白聖母キャンパス
総合人間科学部看護学科内 老年看護学領域