業務

死因究明 司法解剖や死因・身元調査法に基づく解剖を行い、それに付随して、薬物検査や病理組織学的検査を行い死因を推定しています。

薬物検査 研究協力機関である、千葉大学附属法医学教育研究センターと協力体制をとり、双方で解剖したご遺体から採取した検体から、質量分析装置を基本として原則全例に対して、定性検査を行い、また定量検査を適宜施行しています。

画像検査 放射線科診断専門医が法医学医師とディスカッションしながら、当教室及び千葉大学附属法医学教育研究センター等で撮影された死後CTあるいは児童相談所等から依頼のあった虐待疑い事例の読影を行っています。

個人識別 千葉大学附属法医学教育研究センター及び、東京医科歯科大学と協力体制をとり、双方で解剖したご遺体のDNA検査や歯科検査を行って個人識別に役立てています。