ホーム>研究成果>学会発表/受賞

学会発表/受賞

■連絡先

東京大学医学部附属病院
最先端臨床研究センター
FIRST支援室

〒113-8655
東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-5800-9041
FAX:03-5800-9042
E-mail:first-admin@umin.ac.jp






























































































学会発表/受賞
2014年2013年2012年2011年2010年受賞
12月|11月9-10月6-8月4-5月3月1-2月
学会名
開催日
場所発表者タイトル
オミックス医療研究会 創薬 PGx分科会&データベース分科会 合同シンポジウム
2012年12月26日
理化学研究所横浜研究所 横山茂之 構造生物学に基く創薬
第85回日本生化学会大会
2012年12月15日
福岡国際会議場、マリンメッセ福岡 濡木理 シンポジウム:免疫系のシグナル伝達と疾患 A20タンパク質による直鎖状ユビキチンを介したNFkBシグナルの制御機構
第35回日本分子生物学会年会
2012年12月14日
福岡国際会議場、マリンメッセ福岡 砂河孝行、眞鍋一郎、中山幸輝、森岡勝樹、武田憲彦、永井良三、小室一成 マクロファージの炎症終息期におけるNFkB1/p50 の網羅的解析(ポスター)
第35回日本分子生物学会年会
2012年12月14日
福岡国際会議場、マリンメッセ福岡 真鍋一郎 代謝・循環器疾患における慢性炎症
第35回日本分子生物学会年会
2012年12月13日
福岡国際会議場、マリンメッセ福岡 濡木理 ワークショップ:膜機能タンパク質の構造と機能の動的変化へのアプローチ MATE輸送体による動的な薬剤排出機構
第35回日本分子生物学会年会
2012年12月12日
福岡国際会議場、マリンメッセ福岡 武田憲彦、仙波宏章、砂河孝行、森岡勝樹、安部元、相馬桂、真鍋一郎、永井良三、小室 一成 マクロファージ低酸素応答におけるエピジェネティック調節機構の役割
第35回日本分子生物学会年会
2012年12月11日
福岡国際会議場、マリンメッセ福岡 中山幸輝、真鍋一郎、砂河孝行、森岡勝樹、永井良三、小室一成 炎症性マクロファージを制御する長鎖noncoding RNA(lncRNA)
第35回日本分子生物学会年会
2012年12月11日
福岡国際会議場、マリンメッセ福岡 仲矢丈雄、小川誠司、眞鍋一郎、田中正視、眞田昌、佐藤俊朗、後藤元樹、武藤誠、中尾和貴、深山正久、黒田雅彦、永井良三 KLF5は腸の腫瘍形成と腸管上皮幹細胞の制御に必須である(ポスター)
2012 ASH Annual Meeting and Exposition
2012年12月10日
Atlanta, USA 吉田健一 Genetic Basis of Myeloid Proliferation Related to Down Syndrome
2012 ASH Annual Meeting and Exposition
2012年12月10日
Atlanta, USA 松縄 学 Biological Analysis of SRSF2 Mutations in Leukemogenesis
2012 ASH Annual Meeting and Exposition
2012年12月10日
Atlanta, USA Ayana Kon Reccurent mutations of cohesin complex in myeloid neoplasms.
2012 ASH Annual Meeting and Exposition
2012年12月8日
Atlanta, USA Seishi Ogawa Pathway Mutations in the Splicing Machinery in Myeloid Neoplasms
第20回日本血管生物医学会学術集会 The 10th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology
2012年12月7日
あわぎんホール、 徳島 Fujiu K, Manabe I, Shibata M, Nagai R, Komuro I Cardiovascular-Kidney Interaction Modulates Cardiovascular Disease via GM-CSF production
第20回日本血管生物医学会学術集会 The 10th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology
2012年12月7日
あわぎんホール、 徳島 Ogata F, Manabe I, Fujiu K, Nagai R, Koshima I, Komuro I CD4+ T cells play a crucial role in pathogenesis of lymphedema
第20回日本血管生物医学会学術集会 The 10th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology
2012年12月5日
あわぎんホール、 徳島 Nagai R Special Lecture"Chronic inflammatory response in cardio-vascular remodeling, metabolic syndrome and cardiorenal syndrome"
第20回日本血管生物医学会学術集会 The 10th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology
2012年12月5日
あわぎんホール、 徳島 Matsumoto S, Manabe I, Nagai R, Komuro I Adipocyte progenitor-derived proinflammatory cells link adipocyte hyperplasia to adipose tissue inflammation
第20回日本血管生物医学会学術集会 The 10th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology
2012年12月5日
あわぎんホール、 徳島 Manabe I Local and distal cell communications in heart failure
第20回日本血管生物医学会学術集会 The 10th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology
2012年12月5日
あわぎんホール、 徳島 Wang JH, Manabe I, Nagai R, Komuro I The Omega-3 Fatty Acid, Eicosapentaenoic Acid, Attenuates Abdominal Aortic Aneurysm Formation via Suppression of Matrix Destruction
第54回日本小児血液・がん学会学術集会
2012年12月2日
パシフィコ横浜 吉田健一 先天性造血障害の病態解明の進歩
第54回日本小児血液・がん学会学術集会
2012年12月1日
パシフィコ横浜 吉田健一 白血病・固形腫瘍における分子標的療法

▲Page Top   


(c)FIRST Program, The University of Tokyo. All Rights Reserved