応急手当論文作文コンクール


平成11年救急の日の行事として、秋田市消防本部が行った応急手当論文作文コンクールに応募された作品の中で、著者から掲載の許可を頂いた作品13編をここに掲載します。これらの作品を通して、市民、消防、病院関係者等がそれぞれの立場で、もう一度救急について考えて頂ければと思います。



一覧表

最終作品

私の救急教命体験談        安井綾子

1.  私を救ってくれた一言 〜お世話になった救急隊員へ〜  山影 法子

2.  私の体験  菅沼 昌子  

3.  救急救命へのススメ  石川 知佳子 

4.  思いやり  高橋 博子   

5. 夏の思い出  戸澤 亜津子 

6. 私の体験談  佐々木 孝  

7. 「大丈夫ですか? わかりますか?」  石川 眞理

8. 「桜の思い出」  佐々木 千穂

9. 人のために、自分のために  杉山 博子  

10. 「私に出来ること」  佐藤 由香  

11.  自然にありがとう      鈴木 結衣子 

12. 人の役に立てたこと     貝塚 直太

13. 忘れられないあの日の夜   辰 彩子

ホーム