トップ

内分泌の病気

ひにょうきか
前立腺がん
はじめに

前立腺は男性特有の臓器で、正常では栗あるいはクルミくらいの大きさです。前立腺は骨盤内の膀胱のすぐ下に位置し、尿路(尿の通り道)と精路(精子の通り道)の合流点となっています。前立腺の中を尿道が通っており、排尿機能に関わっています。また精液の約3分の1にあたる前立腺液を産生しており、精子の生存と運動に重要な役割を果たしています。このように排尿や生殖に関与している前立腺ですが、50歳を過ぎた頃から、前立腺肥大症や前立腺がんという病気になる事が知られています。

前立腺肥大症と前立腺がん

前立腺は内側で尿道を取り巻く内腺(移行領域)と外側で前立腺被膜に接している外腺(辺縁領域)とから成ります。このうち前立腺肥大症は内腺から発生し、前立腺がんは主に外腺から発生します。ともに50歳を過ぎたあたりから多く発生する事や、排尿症状を起こしやすいこと、男性ホルモンが発生に関与するなどが似ています。症状で前立腺肥大症と前立腺がんを区別する事は難しいです。

前立腺がんは増えている

前立腺がんは欧米男性に多い癌として知られてきましたが、我が国においても食生活の欧米化や高齢化社会の到来で急増しています。現在日本の男性において、がんと診断される患者数の最も多い病気となっています。ただし、様々な治療法の進歩もあって、前立腺がんと診断されても死亡率は高くありません。現在1年間に9.8万人が前立腺がんと診断され1.2万人が前立腺がんで亡くなると報告されています(国立がん研究センターがん情報サービス)。

前立腺がんの原因はわかっていますか?

前立腺がんの発症には、欧米型の高脂肪食などの外的要因と、遺伝などの内的要因の両方が関係しているといわれています。親や兄弟などの家族に前立腺がんの方がいる場合はなりやすいので注意が必要です。

前立腺がんを早期発見するには?

前立腺がんの血液検査(腫瘍マーカー)として、前立腺特異抗原(PSA)検査が有用です。PSAは蛋白質の1種で、前立腺がんになると血液中に多く分泌されます。採血で簡単に測定することができますので、50歳をすぎたら、人間ドックなどで採血することが、早期発見に重要です。

前立腺がんの診断方法は?

PSAが高いなどの理由で泌尿器科を受診された場合、直腸指診・超音波検査・必要によりMRIなどで前立腺を調べます。前立腺がんが疑われる場合には、前立腺に10~20か所程度針を刺して、前立腺組織を採取して(前立腺針生検)、顕微鏡でがんの有無を調べます。この検査では、がんの有無だけでなく、がんだった場合には前立腺内のがんの局在や悪性度(グリーソン分類)などもわかります。前立腺がんがみつかった場合には、CTや骨シンチグラフィーで転移の有無を調べる事になります。

前立腺がんの治療法

前立腺がんの治療法には、手術・放射線治療・ホルモン療法・化学療法(抗がん剤)などがあります。患者さんの年齢やこれまでの病歴、がんの悪性度や広がりなどを総合的に判断して治療を決めることが大切です。前立腺がんの治療は、排尿や性機能などQOL(生活の質)に影響がある事も多いので、よくご相談してください。

早期の場合には、PSA監視療法といって、特に治療せずPSA値の変動をみながら経過観察する場合もあります。また、場合によっては、放射線治療とホルモン療法の併用療法というように組み合わせて治療することもあります。

前立腺がんのホルモン療法について

前立腺がんの発生・進行には男性ホルモンが関与します。そのため男性ホルモンを下げる治療(ホルモン療法もしくは内分泌療法)を行うと前立腺がんを抑制することができます。以前は男性ホルモンを抑制するために両側精巣摘除術(去勢術)を行っていました。20年以上前から、手術をしなくても注射(LH-RH製剤)や飲み薬(抗アンドロゲン剤)で同様の効果を得られる薬が使われています。ただし、ホルモン療法を長期に施行した場合には、メタボリック症候群や骨粗鬆症などの合併症に注意が必要です。また、ホルモン療法の効果はがんの状況によっても異なりますが、数年から十数年経つと効果がなくなります(去勢抵抗性前立腺がんと呼びます)。

去勢抵抗性前立腺がんの治療について

ホルモン療法が効かなくなった場合でも、より強いホルモン療法の薬剤(CYP17阻害剤やアンドロゲン受容体シグナル伝達阻害剤)、タキサン系抗がん剤(ドセタキセルなど)、骨転移治療に有効なアルファ線放射線性医薬品などが有効です。どの薬剤を使うかは、患者さんの状況に合わせて決められます。

前立腺がんの経過について

複数の有効な治療があることから、前立腺がんの予後は比較的良好です。特に早期がんでは、QOLを重視した治療選択も可能です。一方、転移がんで発見された場合にはホルモン療法が第一選択となりますが、仮に去勢抵抗性がんでも複数の治療法がありますので、主治医の先生とよく相談してみてください。