専門医認定更新規程 改訂について



 2011年4月21日開催の総会にて報告させていただいた通り、2013年度から 専門医更新規程の改訂を実施することとなりました。
内分泌代謝科専門医としての生涯研鑽を深め、最新の知見を習得し、他施設・他分野の内分泌代謝科専門医との学術的交流を緊密に行うことを最重要と考え、改訂が決定されました。
改訂の要点は、@更新時に必要な総単位数の増加(50単位→60単位)、A必須単位数の増加(25単位→40単位)、B必須単位の取得可能な対象学術集会の変更、の3点です。
また、学術集会参加取得単位数など細かな変更も同時に改訂となります。

専門医認定更新時期別の変更内容詳細については、下記をご参照下さい。

認定期間 更新時必要な取得単位数
〜2012年3月31日(2011年度末)までの方 総単位50単位、必須25単位 
〜2013年3月31日(2012年度末)までの方 総単位50単位、必須25単位
〜2014年3月31日(2013年度末)以降の方 総単位60単位、必須40単位
詳しくはこちら>>>
また、2013年4月1日以降に開催される集会から取得可能単位数が改訂されます。   
詳しくはこちら>>>
『専門医更新規程改訂にともなう変更の内容』 フローチャートはこちら>>>
単位取得対象講習会については、学会向け情報ページの専門医制度『更新手続きのご案内(規程)』をご確認ください。
以上
■更新時に必要な取得単位数・対象の変更
内 容 現 行   改 訂
総単位数 50単位 60単位
必須単位数 25単位 40単位
必須単位取得対象 年次学術総会、
臨床内分泌代謝Update、
内分泌代謝学サマーセミナー、
分科会、支部学術集会、
県単位の学術集会
2013年4月1日以降開催の
分科会年次学術集会への参加は、 必須単位取得対象から除外する
(単位取得は可能)

『専門医更新規程改訂にともなう変更の内容』 フローチャートはこちら>>>

■集会ごとの取得可能単位数の変更
内 容 現 行   改 訂
参加取得単位 県単位の学術集会 3単位 2単位
分科会の年次学術集会 8単位 5単位
日本医学会総会 10単位 7単位
基幹学会年次学術集会
および地方会
5単位 3単位
日本小児内分泌学会
年次学術集会
8単位 5単位
関連学会の年次学術集会 3単位 2単位
本会の指定した年次学術集会 3単位 2単位
国際内分泌学会 3単位 5単位
演者取得単位 臨床内分泌代謝Update  3単位 5単位
県単位の学術集会   2単位 ナシ
分科会の年次学術集会  3単位 2単位
論文発表単位 臨床内分泌代謝Update
Proceeding
5単位 3単位
日本間脳下垂体腫瘍学会
Proceeding
5単位 ナシ
国内外のレフェリーのある雑誌  5単位 3単位

※ 更新を保留または延長された先生で、2013年3月31日(2012年度末)までに
更新手続きをされない場合は、改訂後の規程が適用され、「総単位60単位、
必須40単位」が必要です。
【参考】改訂しない内容
内 容 現 行
参加取得単位 本会の年次学術総会  10単位
本会の臨床内分泌代謝Update 10単位
本会の内分泌代謝学サマーセミナー 5単位
本会の支部学術集会 5単位
他領域の基幹学会年次学術集会 3単位
演者取得単位 本会の年次学術総会 5単位
本会の内分泌代謝学サマーセミナー 0単位
本会の支部学術集会 2単位
日本医学会総会、基幹学会年次学術集会および地方会、日本小児内分泌学会年次学術集会、関連学会の年次学術集会、本会の指定した年次学術集会 0単位
論文 Endocrine Journal 10単位
共著者単位 Endocrine Journal 0単位
日本内分泌学会雑誌Proceeding
(臨床内分泌代謝Update)
0単位
国内外のレフェリーのある雑誌  0単位

閉じる