『臨床重要課題3課題の決定』



 内分泌学会は各分科会と整合性を保ちながら、今日的臨床重要課題を推進することになりました。今年度から2年間の予定で、下記3課題を推進して行きます。会員皆様の多くのご意見をお願いします。


参考文献

(1)

甲状腺クリーゼの診断基準作成と全国調査
 責任者:赤水 尚史(京都大学医学部附属病院 探索医療センター)
(2) 原発性アルドステロン症の診断基準作成と治療指針作成
 責任者:西川 哲男(横浜労災病院 内科)
(3) 先端巨大症の治療アルゴリズムの作成
 責任者:島津 章(京都医療センター 臨床研究センター)


日本内分泌学会 企画部会長 森昌朋

閉じる