第16回 日本サイトメトリー学会 細胞解析の進化と応用
会長あいさつ
第16回日本サイトメトリー学会学術集会 会長
長崎大学医学部保健学科教授  田川 泰

 第16回日本サイトメトリー学会学術集会を南蛮貿易にて栄華を誇った長崎の地で開催させていただくことになり、快く準備を進めています。
 メインテーマは「細胞解析の進化と応用」と致しました。これまで培ってきたサイトメトリー学(計量細胞学)の知識を踏み台に、われわれは今何を求め、どのような方向を探求すべきか、広い視野で細胞動態をとらえ、参加者一同で論議できることを期待しております。 
 取り上げる予定の演題は細胞表面マーカー、DNAプロイディー再考、分子生物学、新しい手技・手法、臨床検査業務時の注意点などの啓発はもちろんのこと、今回はさらに新しい細胞解析に挑戦されている研究者ならびに機器開発に携わる企業の方々からの生の声が聞こえるようにと力を入れて企画を進めています。

田川氏の写真  長崎市のランドマーク的存在、稲佐山に登れば100万ドルの夜景が一望に拡がります。会場はこの稲佐山の麓「長崎ブリックホール・国際会議場」、これから始まる斬新的発表・論議の場としてまことにふさわしい会場です。
 学会当日は長崎市の一大イベントである「長崎さるく博」の中間日でもあります。異国情緒あふれる観光ならびに山海の美味を十分に満喫していただけるものと、スタッフ一同確信して皆様をお待ち申し上げる所存です。
 最後に、本学会の開催に向けてご尽力、ご努力頂いている諸先生ならびにご支援下さっております皆様に、この場をお借りしまして厚く心より御礼申し上げます。


Copyright(c)第16回 日本サイトメトリー学会. All Rights Reserved.

ウインドウを閉じる