本文へスキップ

COP-J studyは急性一酸化炭素中毒に対する多施設共同前向き観察研究です。

Carbon monoxide Poisoning in Japan (COP-J) study
急性一酸化炭素中毒レジストリー

COP-J suty 急性一酸化炭素中毒レジストリー

データ入力にはUMINのインターネット医学研究データセンター(INDICE)登録システムを利用しています。症例登録にはパスワードが必要です。

研究の概要

  • 本研究は多施設共同前向き観察研究として、急性一酸化炭素 (carbon monoxide, CO) 中毒患者の登録を行います。
  • 来院時所見および急性期治療の登録を行い、その予後評価として間歇型の発症および遷延型の改善を調べます。高気圧酸素 (hyperbaric oxygen, HBO) 治療の有無により2群にわけ、間歇型の発症率および遷延型の改善率を解析することにより、急性CO中毒の急性期治療としてのHBO治療の有用性を明らかにします。

研究グループについて

  1. 研究代表者 山口大学大学院医学系研究科
    救急・総合診療医学 教授 鶴田 良介
  2. 研究事務局 山口大学大学院医学系研究科
    救急・総合診療医学 助教 藤田 基

お問い合わせ

  • COP-J studyグループ事務局  藤田 基
    • 山口大学大学院医学系研究科 救急・総合診療医学分野
      山口大学医学部附属病院 先進救急医療センター

      〒755-8505
      山口県宇部市南小串1-1-1
      電話:0836-22-2343
      FAX:0836-22-2344
      E-mail:motoki99@yamaguchi-u.ac.jp

バナースペース

COP-J studyグループ事務局

〒755-8505
山口県宇部市南小串1-1-1

TEL 0836-22-2343
FAX 0836-22-2344
E-mail motoki99@yamaguchi-u.ac.jp