形態・機能

Structure and Function

 

Vol. 5, No. 2    2007. 3

 

(巻頭言)

●コ・メディカル分野における形態機能学研究の展望  ……………   藤本悦子 59

 

(原著論文)

●足浴中の足背部の皮膚温度変化

  ― 湯温の直接的影響を受けない実験条件下での検討 ―  

    …………………………………………………………………………  中村令子 61

 (PDF)

 

●ニホンザル舌乳頭の結合織芯の観察 ……… 江村正一、奥村年彦、陳 華岳  69

  (PDF)

 

●着靴が足趾関節運動およびウィンドラスメカニズムに及ぼす影響について  

  ……………………… 長谷川正哉、金井秀作、清水ミシェルアイズマン、

島谷康司、田中 聡、沖 貞明、大塚 彰  75

      (PDF)

 

●潰瘍性大腸炎患者の直腸粘膜の形態的特徴 ― 特に杯細胞について

………………………………………………………… 野上龍太郎、島田達生  81

      (PDF)

 

●卵巣摘出ラットにおける尿中NTXの推移と腰椎の骨密度および組織的変化の

関係 ………………………………………  北村文月、黒川 清、今本喜久子  89

      (PDF)

 

●1%キトサンオリゴ糖の腹腔内投与がマウスの皮膚創傷治癒過程におよぼす

効果 ……………… 島村きみ、村中美緒、石田陽子、二山未央、

森摩由美、紺家千津子、須釜淳子、中谷壽男 97

     (PDF)

 

(学術集会と総会の案内)

●コ・メディカル形態機能学会第6回学術集会並びに総会の案内  ……………  105

(会員へのお知らせ)

  ●「形態・機能」投稿規定  …………………………………………………………   68

  ●コ・メディカル形態機能学会会則  ………………………………………………   74

●会費納入のお願い、入会の呼びかけ依頼、

「形態・機能」6巻1号の原稿募集 ………………………  88

●コ・メディカル形態機能学会第5回総会報告  …………………………………  107

●第112回日本解剖学会全国学術集会におけるパネルディスカッション

「コ・メディカルの解剖学教育を点検する」  …………………………………  109

●編集後記  ……………………………………………………………………………  110