全国国立大学病院中央検査部門会議
UMINの利用に関するワークグループ名簿

代表
菅野剛史(浜松医大)
メンバー
岡田正彦(新潟大学)
神辺眞之(広島大学)
北村聖(東京大学)
西堀眞弘(東京医科歯科大学)
近藤光(浜松医大)
西田政明(高知医大)
片岡浩巳(高知医大)
岩本光実(広島大学)
中村準二(山口大学)

全国国立大学病院中央検査部門会議
UMINの利用に関するワークグループ事務局

〒431-3192 浜松市半田町3600
浜松医科大学臨床検査医学内
電話: 053-435-2721
FAX: 053-435-2794
E-mail: kanno113@akiha.hama-med.ac.jp


全国国立大学病院中央検査部門会議 UMINの利用に関するWG
打ち合わせ事項要旨(案)

日時 :平成9年9月11日 10:30−12:30
場所 :パシフィコ横浜会議室
出席者:岡田正彦(新潟大学)、菅野剛史(浜松医大)、神辺真之(広島大学)、
    北村聖(東京大学)、西堀眞弘(東京医科歯科大学)、
        近藤光(浜松医大)

1.UMINの利用について
 1)UMINがオ−プンな環境で利用できることから、国立大学に限らず、公立、私立大学でも
  この環境を利用出来ることを考え積極的にUMINの利用を考える。
 2)国立大学での利用に関してはクロ−ズドな環境を利用する。

2.利用できる資源と利用例
 1)検査部WGのホ−ムペ−ジの立ち上げ
   現在各大学でホ−ムペ−ジを立ち上げているが、その中で検査室が関与しているDB、情報
  に関してはリンクを行う。
   例:浜松医大検査部の基準範囲など
 2)国立大学検査統計は、各大学が持ち回りであるがこれをクロ−ズドな環境で中央化する。 
 3)臨床検査項目分類コ−ドに関しては、その利用を臨床病理学会に申し入れる。 
 4)教育症例のDB化を考える。
 5)メ−リングリストの作成

3.調査の必要な事項と当面の作業
3−1.アンケ−ト調査
    (分担:浜松医大菅野)
 1)各国立大学検査部でのUMIN、およびインタ−ネットの利用状況
 2)各国立大学でのホ−ムペ−ジ開設状況と検査部の開設状況
 3)各国立大学での情報資源
 4)その他
3−2.検査部WGホ−ムペ−ジの開設
    (分担:東京大学北村、東京医歯大西堀)
 1)UMINサ−バ−にホ−ムページを立ち上げる。
 2)メ−リングリストを作成する。

4.今後のWGの補強
 1)教官側はとりあえずこのメンバ−で
 2)技官側の補強メンバ−
    高知医大:西田、広島大学:児玉、山口大学:
    東京大学:

5.今後の連絡など、
  メ−リングリストを作成し、連絡を取り合う。