コンピュータ画像診断学/予防医学講座 平成18年度業績

<英文原著>

    Itoh D, Aoki S, Maruyama K, Masutani Y, Mori H, Masumoto T, Abe O, Hayashi N, Okubo T, Ohtomo K. Corticospinal tracts by diffusion tensor tractography in patients with arteriovenous malformations. J Comput Assist Tomogr 2006;30(4):618-23.
    Maeda E, Akahane M, Kato N, Hayashi N, Koga H, Yamada H, Kato H, Ohtomo K. Assessment of Major Aortopulmonary Collateral Arteries (MAPCAs) with Multidetector-row Computed Tomography. Radiat Med 2006; 24(5):378-83.
    Maeda E, Uozumi K, Kato N, Akahane M, Inoh S, Inoue Y, Beck Y, Goto A, Makuuchi M, Ohtomo K. MR Findings of Bile Duct Adenoma with Calcification. Radiat Med 2006; 24(6):459-62.
    Maeda E, Akahane M, Watadani T, Yoshioka N, Goto A, Sugawara Y, Makuuchi M, Ohtomo K. Isolated hepatic hemangiomatosis in adults: Report of two cases and review of the literature. European Journal of Radiology extra 2007; 61(1):9-14.
    Uno K, Takenaka K, Asada K, Ebihara A, Sasaki K, Komuro T, Nagai R, Motomura N, Ono M, Takamoto S. Diagnosis of subacute cardiac rupture by contrast echocardiography. J Am Soc Echocardiogr. 2006 ;19(11):1401.e9-1401.e11.
    Yoshikawa T, Hayashi N, Yamamoto S, Tajiri Y, Yoshioka N, Masumoto T, Mori H, Abe O, Aoki S, Ohtomo K. Brachial Plexus Injury: Clinical Manifestations, Conventional Imaging Findings, and the Latest Imaging Techniques. RadioGraphics 2006; 26(suppl_1):S133-S143.
    Yoshioka N, Hayashi N, Akahane M, Yoshikawa T, Takeshita K, Ohtomo K. Bezier surface reformation: an original visualization technique of cervical nerve roots on myelographic CT. Radiat Med 2006; 24(8):600-4.
    Watanabe M, Aoki S, Masutani Y, Abe O, Hayashi N, Masumoto T, Mori H, Kabasawa H, Ohtomo K. Flexible ex vivo phantoms for validation of diffusion tensor tractography on a clinical scanner. Radiat Med 2006; 24(9):605-9.

    <和文原著>

    宇野漢成, 竹中克. 【冠動脈疾患の超音波診断 心・血管エコーでどこまで評価できるか】組織ドプラ法による虚血の評価. Mebio 2006; 23(2)(0910-0474): 77-81.
    宇野漢成. 【内科疾患最新の治療 専門家からのアドバイス】 循環器 僧帽弁狭窄症. 内科 2006; 97(6)(0022-1961):1140-1141.
    宇野漢成. 【内科疾患最新の治療 専門家からのアドバイス】 循環器 僧帽弁閉鎖不全症. 内科 2006; 97(6)(0022-1961):1142-1143.
    宇野漢成 【負荷エコーは何を選ぶか?】 冠動脈を開く負荷 ATP負荷心筋strain imaging 心エコー 2006;7(7)(1345-4951):538-542
    宇野漢成. 薬剤の臨床 循環器疾患患者の排便管理とクエン酸モサプリドの使用経験 排便時の「いきみ」による血圧上昇を考慮して. 診断と治療 2006;94(5)(0370-999X):885-887.
    佐々木賀津乃, 宇野漢成, 海老原文, 小室貴子, 江藤陽子, 飯田陽子, 竹中克 左房後方に認められた異常エコーフリースペース. Journal of Cardiology 2006; 47(1)(0914-5087):47-49.
    林直人. RSNAで私が注目したもの PACSは機能を充実しユーザーを考慮した製品が主流. 新医療 2006;(0910-7991): 134-137.
    林直人. 画像診断のkey words Porencephaly(孔脳症) Periventricular leukomalacia:PVL(脳室周囲白質軟化症). 画像診断 2006; (0285-0524): 1032-1035.
    林直人 PACSの現状と課題 PACS構築での画像診断医のあり方. 新医療 2006; (0910-7991): 120-123.
    前田恵理子,赤羽正章,野田正信,町田徹,大友 邦. 脾の発生と先天奇形. 画像診断 2006; 26(7).
    前田恵理子、大友 邦. The Imaging Cases. 日獨医報 2006; 51(2).
    山本真一, 林直人. 【末梢神経障害の基礎と治療戦略】 診断 画像診断 腕神経叢損傷における脊髄MRI所見. 別冊整形外科 2006; (0287-1645): 141-144.
    吉川健啓,土屋一洋. 神経放射線診断における症候群4. 臨床画像2006; 22, No.10: 1172-1176.
    吉岡直紀, 松岡勇二郎, 林直人, 赤羽正章, 吉川健啓, 増本智彦, 阿部修, 青木茂樹, 大友邦, 大久保敏之. ベジエ曲面再構成法の開発と腕神経叢引き抜き損傷における脊髄腔造影後CTへの応用. 日本医学放射線学会雑誌 2006; (0048-0428): S190-S191.

    <学会発表>

    Maeda E, Akahane M, Uozaki H, Kiryu S, Minami M, Kato N, Yoshikawa T, Hayashi N, Yamada H, Aoki S, Fukayama M, Ohtomo K. Spectrum of Epstein-Barr Virus Related Diseases: A Pictorial Review. 2006 92nd Scientific Assembly and Annual Meeting, Radiological Society of North America(RSNA).
    浅川雅子, 桐谷博巳, 碓井伸一, 杉下和郎, 高橋利之, 宇野漢成, 佐々木賀津乃, 竹中克 左房後方の構造物. 超音波医学 2006; 33(Suppl)(1346-1176):S568.
    宇野漢成, 海老原文, 袁麗君, 佐々木賀津乃, 小室貴子, 木村公一, 竹中克 ストレインによる局所心筋機能評価. 日本超音波医学会関東甲信越地方会第18回学術集会抄録集 2006; p.32.
    縄田寛, 高本眞一, 宇野漢成, 海老原文, 師田哲郎, 本村昇, 小野稔, 村上新, 岡田孝, 原田烈光. 血流動態評価ツールとしてのエコーダイナモグラフィの有用性. 日本超音波医学会関東甲信越地方会第18回学術集会抄録集 2006; p.53.
    縄田寛, 高本眞一, 宇野漢成, 海老原文, 師田哲郎, 本村昇, 小野稔, 村上新. Reimplantation法術後の大動脈基部形態及び弁開閉運動の検討. The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY 2006; 54(Suppl) (1344-4964):282.
    野村行弘、吉川健啓、林直人、増谷佳孝、宇野漢成、前田恵理子、大友邦、荒井修、三竹毅. "フリーハンド3次元超音波の複数回走査における画像合成の一方法". 第15回日本コンピュータ外科学会大会 2006; 10: 27-29.
    前田恵理子、赤羽正章、宇於崎宏、加藤伸之、林 直人、吉川健啓、宇野漢成、深山正久、大友 邦. EBウイルス関連胃癌のCT所見. 第65回日本医学放射線学会学術集会 2006. 日本医学放射線学会雑誌 2006; (0048-0428): S97.
    前田恵理子、赤羽正章、渡谷岳行、佐藤次郎、国松奈津子、魚住和史、吉岡直紀、稲生信一、加藤伸之、山田晴耕、古賀久雄、森 墾、大友 邦、後藤明輝、菅原寧彦、幕内雅敏 Kasabach-Merritt症候群を合併した肝血管腫症の2例. 第20回腹部放射線研究会、東京、2006.5.26-27.
    前田恵理子. 臨床に活かせる解剖実習とは〜「解剖実習室へようこそ」執筆の経緯. 第10回臨床解剖研究会、東京、2006.6.17.
    諸岡 都、渡谷岳行、赤羽正章、前田恵理子、加藤伸之、稲生信一、雨宮史織、大友 邦 肝内胆管に発生した粘液産生腫瘍の一例. 第430回日本医学放射線学会関東地方会、東京、2006.6.10.
    渡谷 岳行、赤羽 正章、諸岡 都、荻野 宜子、雨宮 史織、古田 寿宏、佐々木 弘喜、國松 奈津子、伊藤 治彦、中田 安浩、前田 恵理子、稲生 信一、加藤 伸之、小松 秀平、吉岡 直紀、大友 邦. Prepancreatic postduodenal portal veinの一例. 第35回断層映像研究会、福島、2006.9.1-2.
    吉岡直紀,松岡勇二郎,林直人,赤羽正章,吉川健啓,増本智彦,阿部修,青木茂樹,大友邦,大久保敏之. ベジエ曲面再構成法の開発と腕神経叢引き抜き損傷における脊髄造影後CTへの応用. 第65回日本医学放射線学会学術発表会,横浜,2006.4.7-9.

    <受賞>

    Radiological Society of North America (RSNA). 2006 92nd Scientific Assembly and Annual Meeting. Educational Exhibit(教育展示)に対する表彰. Spectrum of Epstein-Barr Virus Related Diseases: A Pictorial Review. Magna Cum Laude賞 (マグナ・クム・ローデ賞). Maeda E, Akahane M, Uozaki H, Kiryu S, Minami M, Kato N, Yoshikawa T, Hayashi N, Yamada H, Aoki S, Fukayama M, Ohtomo K.

    <共同研究>

    NAS Serverの大量画像保管に関する研究 (テラリコン・インコーポレイテッド)
    臨床における統合的CAD開発環境の研究 (ジーイー横河メディカルシステム株式会社)
                      2007-05-07更新 CDRPM           トップページへ