【主な招待者】
 
Dr. James T. Rutka (Toronto, Canada)
Dr. Asao Hirano (New York, USA)
Dr. Johan M. Kros (Rotterdam, Netherlands)
Dr. Kenneth D. Aldape (MD Anderson, USA)
Dr. Michael Taylor (Toronto, Canada)
Dr. Webster K. Cavenee (San Diego, USA)
Dr. Hideho Okada (Pittsburgh, USA)
Dr. Dillip Panikar (Chocin, India)
Dr. Yong-Gu Chung (Seoul,Korea)
Dr. Shiguang Zhao (Harbin, China)
Dr. Eka Julianta Wahjoepramono (Siloam, Indonesia)
Dr. Ming-Jen Lee (Taipei, Taiwan)
Dr. Shin Jung (Hwasun, Korea)
Dr. Zhong-ping Chen (Suzhou, China)
Dr. Keita Terashima (Texas, USA)
佐谷 秀行 先生(慶応義塾大学先端研)
市村 幸一 先生(国立がん研究センター)
北中 千史 先生(山形大学腫瘍分子医学)
宮武 伸一 先生(大阪医科大学脳神経外科)
鈴木 正昭 先生(理化学研究所)
中山樹一郎 先生(福岡大学皮膚科)
柳澤 隆昭 先生(埼玉医科大学)
 


 
2012年5月23日(水)
The 4th International Symposium of Brain Tumor Pathology SATELLITE WORKSHOP(参加自由)
(Controversies over diagnosis of oligodendroglioma: How do you resolve them?)
企画・司会:小森 隆司 先生(東京都立神経病院検査科部長)
欧米の脳腫瘍研究の大家、Prof. Johan M Kros, Prof. Kenneth D Aldapeと共に、日本の脳腫瘍研究の第一人者が、膝を交えて乏突起膠腫の診断のポイントを討論いたします。
 
2012年5月24日(木)
The 4th International Symposium of Brain Tumor Pathology
Asian session: Neuro-pathology & operative strategy in Asia
 
Symposium 1: New Trends in Brain Tumor Pathology─Application of Molecular Genetics to Routine Histopathological Diagnosis Part I (Glioma)
 
Symposium 2: New Trends in Brain Tumor Pathology─Application of Molecular Genetics to Routine Histopathological Diagnosis Part II (Medulloblastoma)
 
Symposium 3: New Trends in Tumor Imaging & Image-guided Neurosurgery
 
Workshop 1: New horizon of treatment strategy for brain tumor: from the basic point of view
 
Workshop 2: New horizon of treatment strategy for brain tumor: Clinical trial based on molecular analyses
 
Workshop 3: New horizon of treatment strategy for brain tumor: molecular science in clinical study
Sponsored lecture
演  者 : Kenneth D. Aldape(University of Texus-MD Anderson Cancer Center, USA)
"Molecular Analysis of Gliomas"

Luncheon seminar A
演  者 : Michael Taylor(Departments of Surgery and Laboratory Medicine and Pathobiology,
University of Toronto, Canada)
"Genome-wide Expression Profiling and Pathology in Medulloblastoma"

イブニングセミナー: 小児脳腫瘍診断と治療:update(日本語)
 
2012年5月25日(金)
第30回日本脳腫瘍病理学会
第30回日本脳腫瘍病理学会記念シンポジウム
石田陽一先生、景山直樹先生に捧げる

日本脳神経外科学会脳腫瘍関連4学会合同生涯教育セミナー
監  修 : 嘉山 孝正 先生(国立がん研究センター)
演  者 : 小森 隆司 先生(東京都立神経病院検査科部長)
“脳腫瘍のpathology;今後のWHO脳腫瘍分類の変化の動向を探る”
  (Luncheon seminar C)北中千史先生(山形大学腫瘍分子医学科)
    “脳腫瘍のcell biology 〜グリオーマ幹細胞〜”
(Luncheon seminar D)宮武伸一先生(大阪医科大学脳神経外科)
    “アミノ酸トレーサーによる脳腫瘍の病態解析と治療への応用”
(Luncheon seminar E)鈴木正昭先生(独立行政法人理化学研究所分子イメージング科学研究センター)
    “疾患対応PETプローブの革新的合成法と標的分子イメージング”
受講者には(社)日本脳神経外科学会認定の修了証を郵送いたします。
Invited lecture
演  者 : Webster K Cavenee (Ludwig Institute for Cancer Research, San Diego, USA)
“Update Therapeutic target for glioblastoma”

国際臨床病理検討会
参加者全員に会場内でiPadを配布。無線LANより、各演題のバーチャルスライドを各自の手元に配信し、カンファランス材料とします。討論言語は日本語です。また、日本脳神経外科学会同時通訳団の支援により、外国からの招待者にも討論に参加していただきます。 コメントをJames T Rutka、Webster K Cavenee、Michael Taylor、Kenneth Aldape、Johan M. Kros先生等にいただきます。
JCOG合同シンポジウム(参加自由)
(Glioma Grade 3をどのように診断するか)
企  画: 村垣 善浩 先生(東京女子医科大学先端研)
渋井壮一郎 先生(国立がん研究センター)
夏目 敦至 先生(名古屋大学脳神経外科)
JCOG脳腫瘍グループ共同開催で、Glioma Grade 3の診断のポイントを検証いたします。
教育セミナー(事前参加登録終了 当日受付分あり)
企  画 : 脳腫瘍病理診断医育成委員会
対  象 : 脳腫瘍病理診断力を上げたい病理医、専門医取得を目指す脳神経外科専攻医
本学会脳腫瘍病理診断医育成委員会が、脳腫瘍病理の最新データを遍く網羅出来るように演題及び演者を厳選しました。1日でほぼ脳腫瘍病理の全体像が理解出来るように組み立てられています。 プログラムの詳細につきましては、本学会ホームページをご覧ください。教育セミナーの事前参加登録も受け付けております。
一般口演
ポスター発表

2012年5月26日(土)
Symposium 4: Neurofibromatosis Update
Symposium 5: Pediatric Neuro-Oncology, from Pathology to Clinical Study
Luncheon seminar F
演  者 : James T. Rutka(Department of Surgery and Division of Neurosurgery,University of Toronto, Canada)
"Update on Pediatric Neuro-Oncology: A Neurosurgeon's Perspective"

総会及び学会賞受賞者講演
国際臨床病理検討会
一般口演
ポスター発表