日  時
5月25日(金) 9:00〜16:35
場  所
名古屋国際会議場
〒456-0036 名古屋市熱田区熱田西町1番1号  TEL: 052-683-7711 FAX: 052-683-7777
参加費
¥10,000-
定 員
250名
 
※参加希望の方は、事前参加登録よりお申込ください。
 教育セミナーのみの参加(参加費1万円)も可能です。
 この教育セミナーは、脳神経外科専門医取得を目指す脳神経外科専攻医及び脳腫瘍病理診断力を
 上げたい病理医には最適です。奮ってご参加の程、お願い申しあげます。
 

プログラム
»am9:00 - am9:25
1-1)胎児性脳腫瘍の病理(Medulloblastoma,PNET, AT/RT, Ependymoblastoma)
    群馬大学病理学:平戸純子先生
 
»am9:25 - am9:50
1-2)胎児性脳腫瘍の臨床
    埼玉医大国際医療センター 小児脳脊髄腫瘍科:柳澤隆昭先生
 
»am9:50 - am10:20
2)星細胞系腫瘍の病理 (Pilocytic astrocytoma, Diffuse Astrocytoma, Anaplastic Astrocytoma, Glioblastoma Multiforme, Pleomorphic Xanthoastrocytoma, Gliomatosis Cerebri, (含genetics)       
    東北大学病理学:渡辺みか先生
 
»am10:20 - am10:45
3)乏突起膠腫 (Oligodendroglioma, Oligoastrocytoma, Anaplastic Oligodendroglioma, Anaplastic Oligoastrocytoma, GMO)の病理, (含genetics)
     東京都立神経病院病理部:小森隆司先生
 
»am10:45 - am10:55 休憩
 
»am10:55 - am11:25

4)上衣腫とその他のglioma (Ependymoma, Subependymoma, Myxopapillary ependymoma, Astroblastoma, Chordoid glioma of the third ventricle, Angiocentric glioma, Choroid Plexus Papilloma):画像と病理       
     久留米大学病理学:杉田保雄先生
 
»am11:25 - am11:50
5)Low grade gliomaの遺伝子異常と治療成績
     杏林大学脳神経外科:永根基雄先生
 
»am11:50 - pm12:10
6)High grade gliomaの遺伝子異常と治療成績
     国立がん研究センター脳神経外科:渋井壮一郎先生
 
»pm12:10 - pm13:10 昼食(ランチョンセミナー)
 
»pm13:10 - pm13:40
7)神経細胞および混合性神経細胞膠細胞腫瘍の病理      
     徳島県立中央病院病理部:廣瀬隆則先生
 
»pm13:40 - pm14:10
8)髄膜腫、血管周皮腫の病理
     弘前大学病理学:黒瀬顕先生
 
»pm14:10 - pm14:40
9)神経鞘腫および遺伝性腫瘍の病理 (Schwannoma, MPNST, Hemangioblastoma, SEGA, Tuberous sclerosis, Lhermitte-Duclos disease)
     九州大学病理学:岩城徹先生
 
»pm14:40 - pm15:05
10-1)トルコ鞍近傍腫瘍の病理 (Pituitary adenoma, Craniopharyngioma, Germ cell tumors, Pituicytoma, Spindle cell oncocytoma of the adenohypophysis)      
     東京医大八王子医療センター病理部:澁谷誠先生
 
»pm15:05 - pm15:25
10-2)トルコ鞍近傍腫瘍の臨床      
     虎ノ門病院脳神経外科:西岡宏先生
 
»pm15:25 - pm15:35 休憩
 
»pm15:35 - pm16:05
11)悪性リンパ腫,組織球性腫瘍,松果体腫瘍(含Pineocytoma, PPTID, Pineoblastoma, Papillary tumor of the pineal region)と胚細胞性腫瘍の病理      
     埼玉医大病理学:佐々木惇先生
 
»pm16:05 - pm16:35
12)腫瘍様病変の病理 (Multiple Sclerosis, 炎症,感染)       
     大阪赤十字病院病理部:新宅雅幸先生