下記の演題区分によって演題を募集いたします。
なお、演題の採否および最終的な演題区分、発表形式は会長に御一任下さい。
 

演題募集期間
演題募集は締め切りました。たくさんのご応募、まことに有難うございました。

演題区分
Symposium 1)New Trends in Brain Tumor Pathology─Application of Molecular Genetics to Routine Histopathological Diagnosis Part I (Glioma) (英語)
Symposium 2)New Trends in Brain Tumor Pathology─Application of Molecular Genetics to Routine Histopathological Diagnosis Part II (Medulloblastoma) (英語)
Symposium 3)New Trends in Tumor Imaging & Image-guided Neurosurgery (英語)
Symposium 4)Neurofibromatosis Update (日本語)
Symposium 5)Pediatric Neuro-Oncology, from Pathology to Clinical Study (日本語)
 
一般演題 01) グリオーマ
一般演題 02) 髄膜腫
一般演題 03) 下垂体腺腫
一般演題 04) 神経鞘腫
一般演題 05) 悪性リンパ腫
一般演題 06) 神経細胞系腫瘍
一般演題 07) 小児脳腫瘍
一般演題 08) 転移性脳腫瘍
一般演題 09) 遺伝子診断
一般演題 10) 腫瘍マーカー
一般演題 11) 診断困難例
一般演題 12) その他

 

発表形式
1. Symposium(一部指定)
2. 口演(PCプレゼンテーションのみ)
3. ポスター(展示)
4.臨床病理検討会
※なお、シンポジウム1〜3につきましては、英語のみの発表となります。必ず英語の演題をご提出ください。
 

インターネットでの応募(オンライン登録)
1)
演題登録用のホームページには第30回日本脳腫瘍病理学会ホームページの演題登録から入ることができます。
2)
2011年12月16日(金)から2012年1月27日(金)正午まで演題登録用のホームページを開設致しますので、この期間内に登録をお済ませ下さい。演題登録はこの演題登録用ホームページ上で完了するため、学会事務局に郵送するものは何もありません。
3)
タイトルは和文全角文字で50字以内・英文半角で30ワード以内、演者は10名以内、施設は5施設以内、抄録文字数は全角文字で700文字以内です。この字数を越えると登録できませんのでご注意下さい。
4)
共著者として、診断を担当された病理医を入れてください。
5)
オンライン登録の受領確認は電子メールのみで行います。ご応募の際に必ず電子メールアドレスを入力して下さい。
6)
演題の採否結果については、電子メールでご連絡致します。
7)
オンライン登録はUMIN(大学医療情報ネットワーク)事務局の全面的な支援のもとに運営されています。
 

演題登録画面 
演題登録画面に進んで頂きご登録をお済ませください


応募資格
学会での発表は日本脳腫瘍病理学会会員に限ります。
演者で未入会の方は大会当日までに本部事務局で入会の手続きをおとり下さい。
 

【登録先:日本脳腫瘍病理学会事務局】
名古屋大学大学院医学系研究科 脳神経外科内
〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65
TEL: 052-744-2355 FAX: 052-744-2361
E-mail: waka-nsoffice@med.nagoya-u.ac.jp