コンテンツ
  HOME
  ごあいさつ
  研究内容
  研究成果
  お知らせ
  あゆみ
  メンバー
  院生募集
  アクセス

  English











 ごあいさつ

 現代社会において最も大切にしたいもの、
 それは共生の感覚ではない でしょうか。

 国際発達ケア研究室では、
 エンパワメントを科学する研究を行っています。

 エンパワメントとは、「元気になる、元気を引き出す、一緒に元気になる」ということ、“活き活きとした生きる力(活生力)“や、“きずな育む力(絆育力)”をつむぐことです。誰もが持っている限りない可能性を前提に、その力を最大限に発揮できるような環境を整える方法を科学します。
 一方ケアとは、生活者の視点で、その人の本来持っている力を育むサポートを意味します。ケア領域にエンパワメント技術を活用して、よりよいケアの実現を図るのが「エンパワメントのケア科学」です。

 「エンパワメントのケア科学」は、ともに認めあい、ともに支えあい、知のエネルギーを共有しながら、世界中すべての人々のウエルビーイングに通じる研究を目指します。まさに、共生のための基盤づくりに向けた科学的な根拠を生み出す研究室です。

 当研究室の特徴は、国際性と学際性です。
 最先端のケア科学を「極める」研究技術と、それを社会に「活かす」還元技術を融合した「ケア科学リーダーシップ」育成を目標にしています。


 各国のさまざまな領域の研究者、教育者、実践者、そして当事者が集い、長期にわたるコホート研究や当事者の声を生かすグループインタビュー法等の質的研究を縦横に活用しながら、多彩な研究を展開しています。

 エンパワメントは縁パワメント。
 皆さんとすてきなご縁のいただけますことを楽しみにしています。
安 梅 勅 江
Prof. Tokie Anme, Ph.D.


 プロフィール

 専門領域 : 生涯発達ケア、地域ケア、国際保健福祉マネジメント、エンパワメント科学
 学   位 : 保健学博士

 学会活動 : Systems Science in Health-Social Services (国際保健福祉システム学会) 会長
          日本保健福祉学会 会長
          日本子ども学会 理事
          日本看護科学学会 評議員
          ワシントン大学子どもアセスメント インストラクター


 略歴

1984年 東京大学医学部保健学科卒業
1989年 東京大学医学系研究科大学院博士課程修了
1989年 厚生省国立身体障害者リハビリテーション研究所
1992年 米国社会サービス研究所客員研究員
1993年 厚生省併任
1995年 東京大学医学部講師併任
1999年 イリノイ大学客員研究員
2001年 浜松医科大学教授
2006年 筑波大学大学院人間総合科学研究科教授
2006年 ヨンショピング大学客員教授

 所属学会

International Systems Sciences in Health-Social Services for the Elderly and the Disabled
International Mind, Brain, and Education
International Union for Health Promotion and Education
Gerontological Society of America
International Home Care Association
Society for Research in Child Development
International Learning, Teaching and Educational Leadership
Nursing Child Assessment Satellite Training Association

日本保健福祉学会
日本公衆衛生学会
日本社会福祉学会
日本看護科学学会
日本疫学会
日本小児保健学会
日本子ども学会
日本保育学会
子ども環境学会
日本老年社会学会
日本地域看護学会