日 程 一 覧

 
       
   
総会 
12月2日(金)
13:10〜14:00
第1会場
特別講演1 Ethical considerations to help assure high quality care in the global epidemic of AIDS
12月2日(金)
11:00〜11:50
第1会場
特別講演2 Structure/function relationships relevant to the V3 loop of HIV-1 gp120
12月2日(金)
14:40〜15:40
第1会場
特別講演3 T cell immunity and HIV vaccines
12月2日(金)
15:40〜16:40
第1会場
会長講演 Multiple-site binding説再考
12月2日(金)
14:00〜14:40
第1会場
教育講演 水俣病とハンセン病
12月3日(土)

10:00〜11:20

第2会場
シンポジウム1 HIV/AIDSの臨床における最近の問題点
12月1日(木)
15:50〜17:50
第1会場
シンポジウム2 HIV検査・相談の現状と今後のあり方
− より受けやすく、より効果的に−
12月1日(木)
15:50〜17:30
第3会場
シンポジウム3 HIV-1とHTLV-I:ベンチからベッドサイドへ
12月1日(木)
13:10〜15:10
第4会場
シンポジウム4 薬害エイズ問題から見えてくるもの
− 医療安全の視点からの検証と教訓−
12月2日(金)
16:50〜18:30
第2会場
一般講演
12月1日(木)
9:00〜19:20
第1会場
第2会場
第3会場
第4会場
12月2日(金)
9:00〜20:00
12月3日(土)
9:00〜13:00
ランチョンセミナー1 Strategies for initial therapy: Factors affecting the choice of the first regimen
12月1日(木)
12:00〜13:00
第1会場
ランチョンセミナー2 私のNNRTIの使い方
12月1日(木)
12:00〜13:00
第2会場
ランチョンセミナー3 薬剤部を上手に使う方法
12月1日(木)
12:00〜13:00
第3会場
ランチョンセミナー4 新世代のHAARTにおけるレイアタッツ(ATV)の位置づけ
12月2日(金)
12:00〜13:00
第1会場
ランチョンセミナー5 HBV/HIV重複感染例の治療戦略
12月2日(金)
12:00〜13:00
第2会場
ランチョンセミナー6 症例から学ぶHIV感染症「発見」のコツ
12月2日(金)
12:00〜13:00
第3会場
イブニングセミナー HIV感染症「治療の手引き」第9版
12月1日(木)
18:00〜20:00
第2会場
サテライトシンポジウム1 HIV/AIDS外来クリティカルパス研修会
12月2日(金)
18:50〜20:30
第2会場
サテライトシンポジウム2 知識から意識へ
− HIV予防介入の実践とその評価−
12月2日(金)
18:50〜20:30
第3会場
サテライトシンポジウム3 科学的エビデンスに基づく予防介入の導入
−子どもを取り巻く人間的つながりの強化をめざして−
12月3日(土)
9:00〜12:30
リバーサイドホテル
市民公開講座 エイズは防げるか?
12月3日(土)
14:00〜16:00
第4会場
 
         
     
 
 
     
  一般演題プログラム
 
     
期日
会場
時間
発表セッション名
演題番号
12月1日(木)
第1会場
9:00〜10:30

日和見感染症1

001〜009
10:30〜11:40

日和見感染症2

010〜016

13:10〜14:10

医療体制1

017〜022 
14:10〜15:40

医療体制2

023〜031
18:00〜19:10

予防介入

032〜038
第2会場
9:00〜9:50

医療側意識調査

039〜043
9:50〜10:40

行動意識調査

044〜048
10:40〜11:30

予防教育

049〜053
13:10〜14:10

肝炎1

054〜059
14:10〜14:50

肝炎2

060〜063
15:20〜15:50

普及啓発教育

064〜066
15:50〜17:00

看護1

067〜073
17:00〜17:40

看護2

074〜077
第3会場
9:00〜9:40

STD/STI/性感染症

078〜081
9:40〜11:10

検査体制

082〜090

13:10〜13:50

薬剤耐性1

091〜094
13:50〜14:50

薬剤耐性2

095〜100

14:50〜15:30

薬剤耐性3

101〜104
18:00〜19:10

病態

105〜111
第4会場
9:00〜10:00

HIV感染機構1

112〜117
10:00〜10:40

HIV感染機構2

118〜121
10:40〜11:40

Vpr・Nef

122〜127
15:20〜16:10

HIV粒子・組み込み・メチル化

128〜132
16:10〜16:50

Vif・APOBEC3G

133〜136
16:50〜17:30

HIV複製・転写

137〜140
17:30〜18:10

HIV複製・宿主因子

141〜144
18:10〜19:20

HIV分子進化系統

145〜151
12月2日(金)
第1会場
9:00〜9:40

薬物動態1

152〜155
9:40〜10:40

薬物動態2

156〜161

16:50〜18:10

抗HIV療法1

162〜169
18:10〜19:00

抗HIV療法2

170〜174
第2会場

9:00〜10:10

カウンセリング

175〜181
10:10〜10:50

薬害エイズ

182〜185
第3会場
9:00〜9:40

歯科1

186〜189
9:40〜10:50

歯科2

190〜196
16:50〜17:40

合併症1

197〜201
17:40〜18:40

合併症2

202〜207
第4会場
9:00〜10:00

新規薬剤1

208〜213
10:00〜10:50

新規薬剤2

214〜218
16:50〜17:40

治療法開発1

219〜223
17:40〜18:20

治療法開発2

224〜227
18:20〜19:10

ワクチン1

228〜232
19:10〜20:00

ワクチン2

233〜237
12月3日(土)
第1会場

9:00〜10:00

副作用1

238〜243
10:00〜10:50

副作用2

244〜248

10:50〜12:00

服薬アドヒアランス1

249〜255

12:00〜12:40

服薬アドヒアランス2

256〜259
第2会場
9:00〜9:50

臨床疫学

260〜264

11:30〜12:50

HIV感染者支援

265〜272
第3会場
9:00〜10:00

母子感染

273〜278
10:00〜11:20

検査

279〜286
11:20〜12:40

診断

287〜294
第4会場
9:00〜9:50

動物モデル

295〜299

9:50〜10:40

免疫1

300〜304
10:40〜11:30

免疫2

305〜309

11:30〜12:10

免疫3

310〜313
12:10〜13:00

免疫4

314〜318