トップページ

武豊プロジェクト(介護予防のための地域介入研究)

愛知県武豊町において,一次介護予防を意図し,一般高齢者を対象として,ポピュレーション戦略に立ってソーシャル・キャピタルに着目する地域介入研究に取り組んでいる.

  • コンセプト
  • 1. ポピュレーション戦略: 個人でなく社会環境への介入. 具体的には「サロン」の開設
    2. 町の中央の数カ所でなく,町のあちこちに多拠点(サロン)を整備 : 高齢者でも徒歩で,気軽に参加できるように
    3. 専門職でなくボランティアによる運営: 多拠点の運営には多くの人手が必要
    4. 自治体による支援:公共施設の提供,財政支援,町の広報・回覧板での宣伝,開所式で町長挨拶など.
    5. 健康体操だけでない楽しい多彩なプログラム
  • 介入プログラム理論
  • 個人レベルでは,高齢者の健康長寿を,コミュニティレベルでは,ソーシャル・キャピタル豊かな安心安全なコミュニティをめざす.身体活動量や外出機会の増加,心理・認知的には楽しみの増加,社会的には社会的サポート,コミュニティにおけるボランティア活動の促進などを通じて,身体・心理認知,個人とコミュニティの社会的機能の向上を通じて,実現することを期待する.
  • プログラムの理論仮説

riron

  • プログラム評価デザイン
  • 介入の前後と,介入(サロン設置)地域と対照(非設置)地域とで,高齢者の心身機能などを比較して,変化を評価する.最終アウトカム(要介護認定率の低減)が確認されるまでには,多くの要因が関与し長期間かかると思われる.そのため,中間アウトカム評価によって期待される変化が見られるのか否かを検証している

riron

  • 拠点の増加状況
  • 2007年度の3カ所から,徐々に開設を進めている.町の総合計画にも位置づけられた.

riron

  • 中間アウトカム評価
  • 1.参加者を対象とした評価
    社会的ネットワークやサポートの豊かな者ほど死亡率が低いなど健康状態が良いことがコホート研究でも確認されている. そこで,お元気チェックの際に参加者のつながりやサポートの授受が増えたかどうかを尋ねた. その結果,サロン参加当初に比べて,人と人とのつながりでは3割~5割,サポートの授受では4割~9割の参加者がそれぞれ増えたと回答した。

riron

2.参加者と非参加者を比較した評価
サロンへの参加者と非参加者を比べると,2008年に参加している地域組織数は多い.もともと地域社会で活発に活動していた人がより多くサロンに参加したことによる影響を除くため,2006年(介入前)に参加していた地域組織数で層別化して比較しても,サロン参加者で,参加組織数が多かった.

riron

  • 関連文献リスト
  • 以下の文献リストは,武豊プロジェクトの開発コンセプト,その根拠,開発経過,中間アウトカム評価などに関する論文などを抜粋して再掲したものである.
  • 距離が遠いと施設利用が減ってしまうことを実証した研究
    1. 平井寛・近藤克則:高齢者の町施設利用の関連要因分析 介護予防事業参加促進にむけた基礎的研究.日本公衆衛生雑誌55(1):37-44,2008

 

 

プロジェクト紹介
データ概要
研究成果
その他
メンバーページ

Copyright (C) 2012 JAGES Project

-->