トップページ

AGESからJAGESへ

1999年に愛知県の2自治体から始まったAGES(Aichi Gerontological Evaluation Study, 愛知老年学的評価研究)プロジェクトは,2010年からフィールドを全国の自治体に拡張したJAGES(Japan Gerontological Evaluation Study, 日本老年学的評価研究)プロジェクトへと発展しました.

知老年学的評価研究
AGES: Aichi Gerontological Evaluation Study)

AGESとはAichi Gerontological Evaluation Study(愛知老年学的評価研究)の略称である。1999年度より高齢者ケア政策の基礎となる科学的知見を得る目的で,厚生科学研究費補助金を受けて愛知県の2自治体を対象に始まった.2003年度には3県15自治体において32,891人のデータを収集することができ,その後,2004年度には2県3自治体のデータが増えた.これらのうち2006年度には追跡調査に協力が得られた3県の10自治体でデータが得られている.これまでに,公衆衛生学,保健社会学,栄養学,家族社会学,心理学,社会福祉学,作業療法学,経済学,地域計画学,地理学など,社会疫学に関心を持つ多くの分野の研究者が,それぞれの分野の研究の到達点や方法論を持ち寄り,調査票の設計し分析にあたっている.

研究目的

健康を規定する社会的因子の解明
目的は、世界一の健康長寿を誇る日本の高齢者の実態を多面的に描き出すことである。介護予防で注目される、うつ、口腔ケア、低栄養、転倒歴や生活習慣、閉じこもり、それらの背景にある不眠、趣味、虐待、世帯構成、地域組織への参加や社会的サポート、就労、さらにソーシャル・キャピタルなどにも注目する。特に、これらの因子と社会経済的地位(SES)との関連、また地域差に着目した分析を進めている。

「健康格差」の実態
日本において「格差社会」が盛んに議論されている。AGESプロジェクトでは、「健康格差」はあるのか、あるとすればそれはどの程度のものかを検証している。

介護予防の戦略見直しの必要性
介護保険制度の見直しに伴い、介護予防が重視されるようになった。ハイリスク(危険性が高い)者をスクリーニングする戦略ではなく、より多くの因子に着目したポピュレーション・ストラテジーの重要性を明らかにする。

社会疫学研究の重要性
健康のリスク因子として、食事・運動・たばこ・飲酒などの生活習慣だけでなく、心理・社会的因子も視野に入れた社会疫学的な研究が必要である。

これまでの歩み

1999年
プロジェクトの開始
2003年
一般高齢者対象の大規模調査実施(3県15自治体)
2004年
一般高齢者調査の継続(2県3自治体)
2005年
近藤克則著『健康格差社会』医学書院 出版
2007年
近藤克則編『検証「健康格差社会」』医学書院 出版
2010年
近藤克則著『「健康格差社会」を生き抜く』朝日新聞出版 出版
2010年 Health Inequalities in Japan: An Empirical Study of Older People (Modernity and Identity in Asia Series) Trans Pacific Press 出版

プロジェクト紹介
データ概要
研究成果
その他
メンバーページ

Copyright (C) 2012 JAGES Project

-->