第96回薬剤師国家試験(平成23年3月)

       衛生薬学 (問61〜問100)


問61

ビタミンと欠乏症の対応のうち、正しいものはどれか。

ビタミン 欠乏症
1
骨軟化症
2
ウェルニッケ脳症
3
夜盲症
4
頭蓋内出血
5
壊血病


<解答>へ・  <解説>へ


問62

微量元素とその欠乏による健康障害の対応のうち、正しいものの組合せはどれか。

    微量元素         健康障害

 a ヨウ素 ------------------------ 味覚障害

 b セレン ------------------------ 骨発育不全

 c 銅   ------------------------ 鉄不応性貧血

 d クロム ------------------------ 耐糖能低下

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問63

ある成人の体内における脂質と糖質の酸化について調べたところ、一定時間内に、脂質と糖質を酸化するのに要した酸素は14.1 L、脂質と糖質の酸化の結果生じた二酸化炭素は12.0 Lであった。このとき、脂質の酸化に要した酸素は何Lか。ただし、脂質の呼吸商は 0.70、糖質の呼吸商は 1.0とする。

  1 4.0  2 5.0  3 6.0  4 7.0  5 8.0


<解答>へ・  <解説>へ


問64

タンパク質の消化酵素に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

 a ペプシンの至適pHは弱アルカリ性領域にあり、トリプシン、キモトリプシンの至適pHは酸性領域にある。

 b ペプシン、トリプシン、キモトリプシンは、いずれもエキソペプチダーゼである。

 c ペプシン、トリプシン、キモトリプシンは、いずれも不活性な前駆体として分泌される。

   a  b  c 
 1 正 正 誤
 2 正 誤 正
 3 正 誤 誤
 4 誤 正 誤
 5 誤 誤 正
 6 誤 誤 誤


<解答>へ・  <解説>へ


問65

食品添加物に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a 亜硝酸ナトリウムから生じるNOは、食肉中のヘモグロビンやミオグロビンの鉄イオンと結合してニトロソ体を形成する。

 b エリソルビン酸の5位の炭素原子は不斉であり、L-アスコルビン酸がその立体異性体である。

 c アスパルテームは、アスパラギン酸とトリプトファンのジペプチド構造を有する。

 d パラオキシ安息香酸エステル類は、アルカリ性領域よりも酸性領域において、抗菌作用が強い。

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問66

食品衛生法に基づく食品の表示規定に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a 賞味期限は、生鮮食品に付けられる表示である。

 b 遺伝子組換え作物を飼料として飼育した家畜から生産された畜産物(食肉・乳製品など)には、遺伝子組換え食品である旨の表示義務がない。

 c 食品添加物であっても、キャリーオーバーの場合は表示しなくてよい。

 d 甘味料は、物質名を個別に表示することなく、一括名で表示できる。

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問67

ヒ素に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a ヒ素の代表的な慢性中毒症状として、骨軟化症が知られている。

 b ヒ素(III)の毒性は、ヒ素(V)の毒性よりも強い。

 c ヒ素の急性中毒には、デフェロキサミンを解毒に用いる。

 d 1955年のヒ素ミルク中毒事件は、食品添加物公定書制定のきっかけの1つとなった。

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問68

細菌性食中毒とその予防法の対応の正誤について、正しい組合せはどれか。

     原因菌        予防法

 a サルモネラ属菌 -------- 鶏卵の生食を避ける。

 b 腸炎ビブリオ  -------- 手指に傷のある人は調理をしない。

 c 黄色ブドウ球菌 -------- 加熱調理して食べる。

 d ウェルシュ菌  -------- 生鮮魚介類は低温(10℃以下)で保存し、調理前に流水(真水)で洗浄する。

   a  b  c  d
 1 正 正 正 誤
 2 正 正 誤 誤
 3 正 誤 誤 誤
 4 誤 正 誤 正
 5 誤 誤 正 正

<解答>へ・  <解説>へ


問69

人口動態統計における周産期死亡率の計算において、分母に用いられるものはどれか。

 1 出生数

 2 出産数

 3 出産数+早期新生児死亡数

 4 出産数+妊娠満22週以後の死産数

 5 出生数+妊娠満22週以後の死産数


<解答>へ・  <解説>へ


問70

図は、厚生労働省「人口動態統計」における脳血管疾患の死亡率の年次推移を示している。図中のA〜Cに該当する疾患名として正しい組合せはどれか。

 

A B C
1 脳梗塞 脳内出血 くも膜下出血
2 脳梗塞 くも膜下出血 脳内出血
3 脳内出血 脳梗塞 くも膜下出血
4 脳内出血 くも膜下出血 脳梗塞
5 くも膜下出血 脳梗塞 脳内出血
6 くも膜下出血 脳内出血 脳梗塞


<解答>へ・  <解説>へ


問71

疫学の症例対照研究に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a 一般に、後ろ向き調査として行われる。

 b 要因の暴露情報の偏り(バイアス)は小さく、信頼度は高い。

 c 相対危険度の近似値を求めることができる。

 d 寄与危険度を直接算出できる。

 e 発生がまれな疾患の調査に適用できる。

  1(a、b、d) 2(a、b、e) 3(a、c、e) 4(b、c、d) 5(c、d、e)


<解答>へ・  <解説>へ


問72

我が国の死亡に関する指標の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a 現在の粗死亡率(人口1,000対)は、20を超えている。

 b 年齢調整死亡率で用いる基準人口に比べて老年人口が多い地域では、一般に粗死亡率は年齢調整死亡率より大きい。

 c 早期新生児死亡は、先天的要因によることが多い。

 d 20歳以上のすべての年齢階級で、死因別死亡率の第1位は悪性新生物である。

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問73

学校保健安全法に基づく学校薬剤師の役割に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

 a 環境衛生の維持に関し、指導を行う。

 b 保健指導に従事する。

 c 健康相談に従事する。

 d 健康診断に従事する。

   a  b  c  d
 1 正 正 誤 誤
 2 正 誤 正 正
 3 誤 誤 誤 正
 4 正 正 正 誤
 5 誤 正 誤 正
 6 誤 誤 正 誤


<解答>へ・  <解説>へ


問74

蚊によって媒介されるウイルス感染症として、正しいものの組合せはどれか。

 a 水痘

 b デング熱

 c ウエストナイル熱

 d マラリア

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問75

我が国において、予防接種に弱毒性の生ワクチンが用いられている感染症として、正しいものの組合せはどれか。

 a 百日咳

 b B型肝炎

 c 風疹

 d 結核

 e インフルエンザ

  1(a、b) 2(a、e) 3(b、c) 4(c、d) 5(d、e) 


<解答>へ・  <解説>へ


問76

感染症法に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a エボラ出血熱は一類感染症に分類され、その患者や無症状病原体保持者は、原則として入院等の措置がとられる。

 b ペストは二類感染症に分類され、その病原体は細菌である。

 c コレラは三類感染症に分類され、その患者や無症状病原体保持者は、原則として就業制限等の措置がとられる。

 d B型及びC型の肝炎は四類感染症に分類され、動物や飲食物を介して人に感染する。

 e 指定感染症とは、一類感染症から三類感染症に分類されない既知の感染症であっても、一類から三類に準じた対応の必要性が生じた場合に、政令により1年間の限定で指定されたものをいう。

(注)感染症法:感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

  1(a、b、c) 2(a、b、d) 3(a、c、e) 4(b、d、e) 5(c、d、e)


<解答>へ・  <解説>へ


問77

発癌のリスクに関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a 身体活動は、胃癌のリスクを下げる。

 b 飲酒は、肺癌のリスクを上げる。

 c 肥満は、大腸癌のリスクを上げる。

 d ヒトパピローマウイルスの感染は、子宮頸癌のリスクを上げる。

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問78

食品用の器具・容器包装又はこれらの原材料と規制対象物質の対応として、正しいものの組合せはどれか。

器具・容器包装又はこれらの原材料 規制対象物質
a 陶磁器 鉛とカドミウム
b 缶詰用金属缶に使用するハンダ カドミウム
c 油脂又は脂肪性食品を含有する食品に接触する器具・容器包装に使用するポリ塩化ビニル フタル酸ビス ( 2-エチルヘキシル)
d ポリカーボネート メタクリル酸メチル

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問79

化学物質とその代謝的活性化に関与する酵素の対応のうち、正しいものの組合せはどれか。

   化学物質             酵素

 a フェナセチン ------------------ シトクロムP450

 b ジクロルボス ------------------ アセチルコリンエステラーゼ

 c コカイン ----------------------- β-クルクロニダーゼ

 d 2-アミノフルオレン ---------  N-アセチルトランスフェラーゼ

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問80

化学物質の臓器・組織への分布に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

 a メチル水銀は、システイン抱合体となり、中性アミノ酸トランスポーターを介して脳内に取り込まれる。

 b パラコ一トは、ポリアミントランスポーターを介して、血液から肺に選択的に取り込まれる。

 c P-糖タンパク質(MDR1)は、水溶性が高い化学物質を選別して組織内への分布を阻止する。

   a  b  c 
 1 正 誤 正
 2 正 正 誤
 3 誤 正 誤
 4 誤 正 正
 5 誤 誤 正
 6 正 誤 誤


<解答>へ・  <解説>へ


問81

化学物質の代謝に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a 異物の代謝には、主としてミトコンドリアのシトクロムP450が関与する。

 b パラチオンからパラオキソンヘの変換は、シトクロムP450を介した脱硫反応によって起こる。

 c 第一級アミンは、第三級アミンよりもフラビン含有モノオキシゲナーゼの基質になりやすい。

 d ニトロ基の還元反応には、腸内細菌も関与する。

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問82

微生物を用いて行われる変異原性試験として、正しいものの組合せはどれか。

 a Ames試験

 b recアツセイ

 c 不定期DNA合成試験(UDS試験)

 d コメットアッセイ

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問83

神経系に毒性を示す化学物質として、正しいものの組合せはどれか。

 

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問84

有害金属に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

 a 生体内に取り込まれた水銀(II) イオンは、主にメタロチオネインと結合して臓器に蓄積する。

 b 鉛中毒時には、血中及び尿中δ-アミノレブリン酸濃度が上昇する。

 c 毛髪中のカドミウムは、カドミウム汚染や慢性暴露の指標として広く利用されている。

   a  b  c 
 1 正 正 誤
 2 誤 誤 正
 3 正 誤 正
 4 正 誤 誤
 5 誤 正 誤
 6 誤 正 正


<解答>へ・  <解説>へ


問85

動物実験で得られたある有機リン系農薬の NOAEL は、1.0 mg/kg/dayであった。この農薬は稲のみに使用され、ヒト(体重50 kg)が米を1日平均 200 g摂取すると仮定したとき、この農薬の暴露量が ADI を超えないための米への残留の上限値 (mg/kg) はどれか。ただし、安全係数は100とする。

  1 0.25  2 2.5  3 25  4 250  5 2,500


<解答>へ・  <解説>へ


問86

食品の残留農薬の規制に関する記述の[ ]に入れるべき語句の正しい組合せはどれか。

食品中の残留農薬の基準は[ a ]に基づき設定されている。基準が定められていない農薬が食品に残留する場合でも規制できるように[ b ]制が定められ、一定量を超えてその農薬が残留する食品の流通が原則禁止されるようになった。

    a          b

 1 食品衛生法     ポジティブリスト

 2 食品衛生法     ネガティブリスト

 3 食品衛生法     農薬登録

 4 農薬取締法     ポジティブリスト

 5 農薬取締法     ネガティブリスト

 6 農薬取締法     農薬登録


<解答>へ・  <解説>へ


問87

有害物質とそれによる特徴的な障害との対応のうち、正しいものの組合せはどれか。

       有害物質            障害

 a アスベスト -------------------------- 中皮腫

 b 塩化ビニルモノマー --------------- 肝血管肉腫

 c アクリルアミドモノマー --------- 造血機能障害

 d トリブチルスズオキシド -------- 鼻中隔穿孔

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問88

化学物質による中毒の処置に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a 小児がタバコを誤食したときには、家庭では吐かせずに牛乳又は水を飲ませたのち、医療機関を受診する。

 b 三環系抗うつ薬を大量服用したときには、フルマゼニルの投与が有効である。

 c モルヒネを大量服用したときには、ナロキソンの投与が有効である。

 d グリホサートを大量に摂取したときには、プラリドキシムヨウ化物 (2-PAM) の投与が有効である。

 e シアン化物を摂取したときには、亜硝酸ナトリウムとチオ硫酸ナトリウムの投与が有効である。

  1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、e) 5(d、e)


<解答>へ・  <解説>へ


問89

乱用性の薬物とその法的規制に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

 a エタノールの長期摂取では精神的依存性は惹起されるが、身体的依存性は生じない。

 b 薬物犯罪で検挙者数が最も多いのは、大麻取締法違反である。

 c コカインは、トロパン骨格をもち、中枢興奮作用を有する。

 d リゼルギン酸ジエチルアミドは、主として覚せい作用を示す。

   a  b  c  d
 1 正 誤 正 正
 2 誤 誤 正 誤
 3 誤 正 誤 誤
 4 正 正 誤 誤
 5 誤 誤 誤 正


<解答>へ・  <解説>へ


問90

放射性核種に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

 a 核爆発に伴うフォールアウト(放射性降下物)の中で、食品を汚染して問題となるのは、主として137Cs、90Sr、40Kである。

 b 半減期は、40K >137Cs >131I の順である。

 c 90Sr は、α線を放出する。

   a  b  c 
 1 正 正 誤
 2 誤 誤 正
 3 正 誤 誤
 4 誤 正 正
 5 誤 正 誤
 6 正 誤 正


<解答>へ・  <解説>へ


問91

自然環境中における窒素循環に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

 a 硝化は、好気的条件下で進行する。

 b 脱窒により、温室効果ガスが産生される。

 c 窒素固定は、マメ科植物により行われる。

   a  b  c 
 1 正 正 正
 2 正 正 誤
 3 正 誤 誤
 4 誤 正 誤
 5 誤 誤 正


<解答>へ・  <解説>へ


問92

水銀の環境内動態に関する記述の[ ]に入れるべき語句の正しい組合せはどれか。

環境中に放出された無機水銀は微生物によって主として[ a ]に変換される。生じた[ a ]は生物濃縮されるが、その主な経路は[ b ]である。その結果、人は[ c ]よりも[ d ]を介して[ a ]に暴露される。

 a  b  c  d
1 フェニル水銀 直接濃縮 魚介類
2 フェニル水銀 直接濃縮 魚介類
3 フェニル水銀 間接濃縮 魚介類
4 メチル水銀 間接濃縮 魚介類
5 メチル水銀 間接濃縮 魚介類
6 メチル水銀 直接濃縮 魚介類


<解答>へ・  <解説>へ


問93

アミンやフミン質等が含まれている水を塩素消毒した際に生成する副生成物として、正しいものの組合せはどれか。

 a クロロホルム

 b ホルムアルデヒド

 c クロロフェノール

 d トリクロロエチレン

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問94

下水に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a 下水道法では、家庭生活排水や産業排水は下水であるが、し尿や雨水は下水ではない。

 b 大都市と中小市町村の間に、下水道処理人口普及率の大きな差はない。

 c オキシデーションディッチ方式による下水処理では、活性汚泥でBODを除去する。

 d 下水道は、水道水源水域の保全だけでなく、都市浸水対策にも重要である。

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問95

水質汚濁に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a 生息する生物の種類の変化を利用して、水質汚濁の程度を判定することができる。

 b 湖沼では、CODの環境基準達成率は80%以上である。

 c 富栄養化した内海では、カルシウム及びリン濃度が増加している。

 d 富栄養化した淡水湖沼では、アオコが異常増殖し、水の華が発生することがある。

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問96

ザルツマン法によって大気及び室内空気中の窒素酸化物を測定するため、図のような試料空気採取装置を用いた。図のAは流量計で、B管及びE管は吸収発色液(ザルツマン試薬)を入れた吸収管、Cは酸化液(硫酸酸性KMnO4溶液)を入れた反応管、Dはトラップ用の空びんである。

B管及びE管で測定されるもとの試料空気中の窒素酸化物と、そのときの吸収発色液の色調との正しい組合せはどれか。

   

B管 E管 色調
1 NO NO2 青色
2 NO NO2 桃紫色
3 NO2 NO 緑色
4 NO2 NO 桃紫色
5 NO2 NO 青色


<解答>へ・  <解説>へ


問97

大気汚染物質とその測定法の対応のうち、正しいものの組合せはどれか。

   大気汚染物質        測定法

 a 二酸化硫黄 ------------------- 溶液導電率法

 b オキシダント ---------------- 検知管法

 c 一酸化炭素 ------------------- トリエタノールアミン・パラロザニリン法

 d 浮遊粒子状物質 ------------- 重量法

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問98

室内空気汚染に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a シックハウス症候群の主な症状は、下痢と腹痛である。

 b 室内濃度指針値は、室内空気汚染物質によりシックハウス症候群が引き起こされる閾値である。

 c 防虫剤であるパラジクロロベンゼンには、室内濃度指針値が設定されている。

 d ホルムアルデヒドは、ぜん息を増悪させるおそれがある。

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


<解答>へ・  <解説>へ


問99

環境保全のための制度に関する記述のうち、マニフェスト制度に当てはまるものはどれか。

 1 化学物質を譲渡する際、その性状を譲渡先に知らせる。

 2 化学物質の排出量・移動量を国に届け出る。

 3 産業廃棄物が適正に最終処分されたことを確認する。

 4 新規輸入化学物質の分解性を調べて国に届け出る。

 5 家電等のリサイクルを促進する。


<解答>へ・  <解説>へ


問100

環境基本法に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

 a 国は、環境の保全に関する基本的かつ総合的な施策を策定する責務を有する。

 b 地方公共団体は、地方公共団体の区域の自然的社会的条件に応じた施策を策定する責務を有する。

 c 事業者は、事業活動を行うに当たって、自然環境を適正に保全するために必要な措置を講ずる責務を有する。

 d 国民は、日常生活に伴う環境への負荷の低減に努めなければならない。

   a  b  c  d
 1 正 正 正 正
 2 正 誤 正 誤
 3 誤 正 誤 正
 4 正 誤 正 正
 5 誤 正 誤 誤
 6 誤 誤 誤 誤


<解答>へ・  <解説>へ