第91回薬剤師国家試験(平成18年3月)

       基礎薬学 I(問1〜問60)


問1

次の構造は、医薬品に含まれる基本構造である。その構造と名称の正しい組合せはどれか。

      a       b      c        d        e
 1 フェネチルアミン インドール スクシンイミド フェノチアジン フラン
 2 ベンジルアミン  ピロール  ヒダントイン  フェノチアジン フラン
 3 フェネチルアミン インドール ヒダントイン  フェノチアジン ピラン
 4 フェネチルアミン ピロール  スクシンイミド アクリジン   ピラン
 5 ベンジルアミン  インドール ヒダントイン  アクリジン   フラン

<解答>へ・  <解説>へ


問2

日本薬局方医薬品(a〜d)の構造に対する化学名のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a 

  (1R)-1-(3,4-Dihydroxyphenyl)-2-(methylamino)ethanol

 b 

  3,5-Bis(acetylamino)-2,4,6-triiodobenzonic acid

 c 

  3-(Biphenyl-4-yl)-3-oxopropanoic acid

 d 
 
  N-Ethyl-N-(3-hydroxyphenyl)-N,N-dimethylammonium chloride

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問3

日本薬局方医薬品ア〜エに関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

    ア      イ         ウ         エ

 a アの水溶液(1→10)は中性である。
 b イは水に極めて溶けやすく、ジエチルエーテルにはほとんど溶けない。
 c ウはジエチルエーテルに溶けやすい。
 d エは希塩酸又は水酸化ナトリウム試液に溶ける。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問4

β-ラクタム系抗生物質アモキシシリンに関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a *印不斉炭素の絶対配置はRである。
 b アモキシシリンは細菌の細胞壁合成酵素と結合し、抗菌活性を発現する。
 c β-ラクタム環はアルカリ性条件で側鎖アミド基と比較して加水分解されにくい。
 d 赤外吸収スペクトルにおいて3種のカルボニルのうち、β-ラクタム環のカルボニルが最も高波数に強い吸収を示す。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問5

ハロアルカンの性質に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a 炭素-ハロゲン結合の分極により、ハロゲンに結合した炭素原子はわずかに負電荷を持つ。
 b ハロアルカンは同じ炭素数のアルカンより沸点が高い。
 c フロロアルカンは対応する他のハロアルカンより求核剤との反応性が高い。
 d ハロアルカンの炭素-ハロゲン結合距離はC-I、C-Br、C-Cl、C-Fの順に短くなる。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問6

1,3-ブタジエンに関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a 1,3-ブタジエンのC2-C3結合の長さは、エタンの炭素-炭素結合より短い。
 b 1,3-ブタジエンヘの臭化水素酸の1,2-付加反応により得られる生成物は、1-ブロモ-2-ブテンである。
 c l,3-ブタジエンとアクリル酸メチルのDiels-Alder反応は、紫外線照射により進行する。
 d 1,3-ブタジエンとアクリル酸メチルのDiels-Alder反応の遷移状態において、1,3-ブタジエンはs-シス配座をとる。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問7

シクロヘキセンに次のような反応(a〜e)を行った。得られる主生成物が、ラセミ体となるものの組合せはどれか。ただし、立体配座異性体は考えないものとする。
 a 臭素を反応させたときの生成物
 b m-クロロ過安息香酸を反応させたときの生成物
 c m-クロロ過安息香酸を反応させたときの生成物に、さらに酸触媒による加水分解反応を行ったときの生成物
 d 塩化水素を反応させたときの生成物
 e ジボランを反応させた後に、さらに塩基性過酸化水素水溶液で酸化反応を行ったときの生成物

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、e)
  4(b、d)  5(c、e)  6(d、e)

<解答>へ・  <解説>へ


問8

エステルに関する記述の正誤について正しい組合せはどれか。
 a エステルは一般に、酸又は塩基触媒下で、過剰の第一級アルコールと反応し、エステル交換反応を起こす。
 b エステルは一般に、第一級アミンと加熱するとアミドヘ変換される。
 c エステルエノラートは一般に、他のエステルカルボニル基に対して付加-脱離反応を起こし、β-ケトエステルを与える。
 d 環状エステルはラクトンとよばれる

    a b c d
  1 正 正 正 正
  2 誤 誤 正 誤
  3 正 正 誤 誤
  4 誤 誤 誤 正
  5 正 正 正 誤

<解答>へ・  <解説>へ


問9

カルボニル基に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
 a ケトンは過酸(ペルオキシカルボン酸)により酸化され、2分子のアルデヒドを生成する。
 b (S)-3-methylcyclohexanoneのエタノール溶液をNaOC2H5で長時間処理すると、ラセミ化する。
 c アルデヒドは酸触媒下で、アルコールと反応し、アセタールを生成する。
 d 塩基による2,4-pentanedioneの3位水素の脱プロトン化は、2-pentanoneの3位水素の脱プロトン化よりも容易である。

    a b c d
  1 正 正 誤 正
  2 正 正 誤 誤
  3 誤 正 正 誤
  4 誤 誤 正 正
  5 誤 誤 誤 正

<解答>へ・  <解説>へ


問10

次の芳香族化合物に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a アセトアニリドヘの求電子的ニトロ化反応は、メタ位に比べ、オルト位及びパラ位に優先して起こる。
 b アニリンはヘテロ環化合物である。
 c ピロールヘの求電子的ニトロ化反応は、ペンゼンヘの求電子的ニトロ化反応より起こりにくい。
 d ピリジンは窒素原子の影響により、環の電子密度がベンゼンより減少している。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問11

次の反応式は、日本薬局方医薬品フェノバルビタールの合成法を示したものである。この合成法に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a 化合物(1)のエタノール溶液に濃硫酸を加え加熱すると、化合物(2)が生成する。
 b 化合物(2)から化合物(3)への反応はアルドール反応である。
 c 化合物(4)はマロン酸ジエチルとヨードベンゼンの反応によっても合成できる。
 d 化合物(5)と尿素をNaOC2H5存在下で反応させると、フェノバルビタールが生成する。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問12

次の反応式は、日本薬局方医薬品カプトプリルの合成法の一部を示している。
この反応式の中間体〔A〕の構造と、生成物〔B〕に関する記述のうち、正しい組合せはどれか。

 〔A〕の構造


 〔B〕に関する記述
 a 生成物は〔B〕単一エナンチオマーである。
 b 生成物は〔B〕ラセミ混合物である。
 c 生成物は〔B〕ジアステレオマー混合物である。

 〔A〕〔B〕
 1 a  a
 2 a  b
 3 b  a
 4 b  c
 5 c  b
 6 c  c

<解答>へ・  <解説>へ


問13

キシロースからキシリトールヘの変換に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

  キシロース           キシリトール

 a 図中のキシロースはD糖である。
 b キシロースからキシリトールヘの変換反応は還元反応である。
 c キシリトールは光学活性である。
 d キシリトールは不斉炭素原子を持たない。

    a b c d
  1 正 誤 正 誤
  2 誤 正 正 誤
  3 正 正 誤 誤
  4 誤 誤 正 誤
  5 誤 正 誤 正

<解答>へ・  <解説>へ


問14

ウシから得られた日本薬局方医薬品インスリンは次の化学構造で表される。本品に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

            ウシインスリン

 a ウシインスリンの3つのジスルフィド結合は、いずれも2本のペプチド鎖を互いに結合させている。
 b ジスルフィド結合は、メルカプト基の脱水縮合反応で形成される。
 c ジスルフィド結合を完全に切断して得られる鎖長が短い方のペプチドをEdman分解すると、最初にグリシンが切断される。
 d ジスルフィド結合を完全に切断して得られる鎖長が長い方のペプチドのC末端アミノ酸は、アラニンである。
 e ジスルフィド結合を完全に切断して得られる鎖長が長い方のペプチドは、塩基性アミノ酸残基を含む。

  1(a、b、e)  2(a、c、d)  3(b、c、d)
  4(b、d、e)  5(c、d、e)  

<解答>へ・  <解説>へ


問15

アセチルコリン、ムスカリン、アトロピンの構造及び性質に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

 a アセチルコリンは酸性水溶液中で容易に加水分解されるが、塩基性水溶液中では安定である。
 b アトロピンはl -ヒヨスチアミンのラセミ体である。
 c ムスカリンの水酸基が結合する不斉炭素の立体配置は、酸性水溶液中で異性化しやすい。
 d アトロピンの第三級窒素は、生体内でプロトン化され、受容体との結合において、アセチルコリンの第四級窒素と同じ働きをする。

    a b c d
  1 正 正 誤 誤
  2 正 誤 正 誤
  3 誤 正 正 正
  4 誤 正 誤 正
  5 正 誤 誤 正

<解答>へ・  <解説>へ


問16

分子間力に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a 極性分子、無極性分子ともに、固有の永久双極子モーメントを有する。
 b 無極性分子間に働く分散力は、分子内電子雲のゆらぎにより生じる。
 c ファンデルワールス力のポテンシャルエネルギーは、分子間距離γに反比例する。
 d イオン間の静電ポテンシャルエネルギーは、イオン間距離γに反比例する。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問17

次の滴定(a〜d)と予測される滴定曲線(ア〜エ)の正しい組合せはどれか。

 a 0.10 mol/L塩酸10.0 mLを0.10 mol/L水酸化ナトリウム水溶液で滴定する。
 b 0.010 mol/L塩酸10.0 mLを0.010 mol/L水酸化ナトリウム水溶液で滴定する。
 c 0.10 mol/L酢酸(Ka =1 .8×10-5)1.0 mLを0.10 mol/L水酸化ナトリウム水溶液で滴定する。
 d 0.10 mol/Lフタル酸(Ka1 = 1.3×10-3、Ka2 = 3.9×10-6)水溶液10.0 mLを0.10 mol/L水酸化ナトリウム水溶液で滴定する。

    a b c d
  1 ア イ ウ エ
  2 ア イ エ ウ
  3 イ ア ウ エ
  4 イ ア エ ウ
  5 ウ エ ア イ

<解答>へ・  <解説>へ


問18

一定圧力下で、純物質の固相の温度を上げていくと、固相、液相、気相に変化する。図は温度Tの変化に伴う化学ポテンシャルμの変化を示す。固相、液相、気相の化学ポテンシャルがμs、μl 、μgで示されている。次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

 a 各相の化学ポテンシャルの勾配はエンタルピーを示す。
 b 液相の温度を上げていくと、沸点Tb 以上でμl > μgとなり、自発的に気相に変化する。
 c 液相の温度を下げていくと、凝固点T以下ではμs < μlとなり、自発的に固相に変化しない。
 d 凝固点及び沸点では二相共存であり、相律によるとそれらの点での自由度は1である。

    a b c d
  1 誤 正 誤 正
  2 正 誤 誤 正
  3 誤 誤 正 正
  4 正 正 正 誤
  5 誤 誤 正 誤

<解答>へ・  <解説>へ


問19

医薬品の溶解度に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。ただしその溶解度と温度の関係はファントホッフの式に従うものとする。
 a 温度を下げることにより溶解度が減少する場合、その溶解反応は発熱反応である。
 b 融解熱が等しい化合物の場合、融点の高い化合物は低い化合物に比べてその溶解度が大きい。
 c 融点が等しい化合物の場合、融解熱の大きい化合物ほどよく溶ける。
 d 一般に化合物の溶解度は、準安定型の方が安定型よりも大きい。

    a b c d
  1 正 正 誤 誤
  2 誤 誤 誤 正
  3 正 正 誤 正
  4 誤 正 正 誤
  5 正 誤 正 正

<解答>へ・  <解説>へ


問20

大気中に分散している微小球状液滴に関する記述について、〔  〕の中入れるべき数値と字句の正しい組合せはどれか。
 球状液滴の内圧P i と外圧P o との差 ΔP(=P i - P o)は、
       ΔP=γ(2/r)

で表せる(γは液体の表面張力、rは液滴の半径)。
大気中に平均半径1.4 μmの微小水滴が分散している。水の表面張力を70 mN/mとして?BPを概算すると、〔 a 〕Paである。微小水滴の水の化学ポテンシャルは、平坦な界面を有する水の化学ポテンシャルと比べると、〔 b 〕。

    a       b
 1 105     大きい
 2 108     大きい
 3  0    等しい
 4 105     小さい
 5 108     小さい

<解答>へ・  <解説>へ


問21

反応の進行に伴うエネルギー変化に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

 a 反応速度定数kがアレニウスの式に従う場合、kと活性化エネルギーEa で関係づけられる。
 b Eaの値は、0、1、2次反応のいずれの場合でも、反応速度定数と反応温度との関係式から求めることができる。
 c 反応熱 ΔHの値が大きいほど、その平衡状態は反応温度の低下と共に反応前の系に傾く。
 d 標準自由エネルギーが反応前より反応後の系で小さい場合、平衡は反応前の系に傾いている。

    a b c d
  1 正 正 誤 誤
  2 誤 誤 正 正
  3 正 正 誤 正
  4 誤 誤 正 誤
  5 誤 正 誤 正

<解答>へ・  <解説>へ


問22

水溶液中の分解1次速度定数が次式で表される薬物がある。
    k = kH〔H+〕= kOH [OH-]
ここで、kHは水素イオンによる触媒定数、kOHは水酸化物イオンによる触媒定数である。
kH = 1.0×102 L/mol・hr、kOH = 1.0×104 L/mol・hr及び水のイオン積kw = 1.0×10-14とすれば、この薬物を最も安定に保存できるpHはどれか。

  1 9.0   2 8.0   3 7.0   4 6.0   5 5.0

<解答>へ・  <解説>へ


問23

放射線に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a α線は、線スペクトルを示す。
 b α線の本体は、電子である。
 c β-線の透過性は、α線の透過性よりも大きい。
 d β+線は放射された後、運動エネルギーを失った状態で電子と結合して消滅し、消滅放射線が放射される。
 e γ線は、電荷をもった粒子線である。

  1(a、b、c)  2(a、b、e)  3(a、c、d)
  4(b、d、e)  5(c、d、e)  

<解答>へ・  <解説>へ


問24

結晶多形に関連する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
 a 結晶多形とは、同じ化学構造を持つ物質が異なる結晶構造を取りうる現象である。
 b 粉末X線回折測定法が結晶多形の確認に用いられるのは、結晶中に存在している分子の幾何学的配置の状態が多形間で互いに異なることによる。
 c 赤外吸収スペクトル測定法が結晶多形の確認に用いられるのは、結晶中に存在している分子の原子核間の結合力が多形間で互いに異なることによる。
 d 熱質量測定法(TG)と示差熱分析法(DTA)を併用することで、結晶多形と溶媒和結晶との区別が可能である。
 c 晶癖は、結晶多形の一種である。

    a b c d e
  1 正 誤 正 正 正
  2 誤 正 誤 誤 正
  3 正 誤 正 誤 誤
  4 正 正 正 正 誤
  5 誤 誤 誤 誤 正

<解答>へ・  <解説>へ


問25

下図の電磁波の波長・波数領域A〜Dと対応する分析法の正しい組合せはどれか。

     A       B     C       D
 1 赤外分光法  核磁気共鳴法  X線回析法  蛍光分析法
 2 蛍光分析法  赤外分光法  核磁気共鳴法 X線回析法
 3 X線回析法   蛍光分析法  赤外分光法  核磁気共鳴法
 4 核磁気共鳴法 X線回析法   赤外分光法  蛍光分析法
 5 X線回析法   赤外分光法  蛍光分析法  核磁気共鳴法

<解答>へ・  <解説>へ


問26

物質の旋光性に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
 a 化合物の比旋光度を算出するとき、必ずしも分子量がわかっている必要はない。
 b 旋光度は、赤外線の波長領域で通常測定される。
 c 物質が旋光性を持つためには、分子の中に少なくとも1個の不斉原子がなければならない。
 d 旋光性は左右円偏光に対する屈折率の差に起因する。

    a b c d
  1 正 正 正 正
  2 誤 誤 正 誤
  3 正 正 正 誤
  4 正 誤 誤 正
  5 誤 正 誤 正

<解答>へ・  <解説>へ


問27

クロマトグラフィーに関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a カラムの長さが2倍になると、保持時間(tR)は2倍になる。
 b カラムの長さが2倍になると、質量分布比(k)は2倍になる。
 c カラムの長さが2倍になると、理論段数(N)は2倍になる。
 d カラムの長さが2倍になると、理論段高さ(H)は2倍になる。
上記パラメータは下記のように定義される。

     
ただし、toは移動相のカラム通過時間、W0.5h はピーク高さの中点におけるピーク幅、Lはカラムの長さ。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問28

電気泳動法によるイオン性物質の移動に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a 移動速度は、電場の強さに比例する。
 b 移動速度は、溶媒の粘度に影響される。
 c 移動速度は、イオンの電荷に影響されない。
 d 移動速度は、イオン半径に影響されない。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問29

薬物の分析を行う際の試料前処理法に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a 溶媒抽出で1回の抽出率が悪いときは、複数回行って抽出効率を上げることができる。
 b 固相抽出の抽出効率は、溶媒抽出に比べて劣る。
 c 溶媒抽出は、遊離の薬物(遊離型薬物)と血清タンパク質と結合した薬物(結合型薬物)の分離に適している。
 d 弱塩基性薬物ではpKaより水相のpHを低く調整し、有機溶媒中に抽出する。
 e 固相抽出には、吸着、分配、イオン交換型などの固相が用いられる。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、e)  4(b、c)
  5(b、d)  6(c、d)  7(c、e)  8(d、e)

<解答>へ・  <解説>へ


問30

下の図は1〜5に示したいずれかの化合物の1H NMRスペクトル(270 MHz、CDCl3)である。このスペクトルに該当する化合物はどれか。ただし、測定溶媒に基づくシグナルは除いてある

<解答>へ・  <解説>へ


問31

安息香酸クロリドとイソプロパノールを反応させた後、過剰の安息香酸クロリドを水で加水分解したところ、化合物Aと化合物Bが得られた。化合物Aと化合物Bの混合物のエーテル溶液を飽和炭酸水素ナトリウム水溶液で抽出すると、化合物Bだけが水層に移行した。下の図(ア及びイ)は、化合物A及び化合物Bいずれかの質量スペクトル(EI-MS)である以下の記述a〜eのうち、正しいものの組合せはどれか。

 a アのスペクトルに見られるm/z 164のピークは、化合物Aの分子イオンピークに相当する。
 b 化合物Bは、安息香酸イソプロピルエステルである。
 c アとイのスペクトルでは、基準ピークのm/z値が異なる。
 d m/z 105のピークは、両スペクトルとも同じフラグメントイオンのピークである。
 e m/z 77のピークは、両スペクトルともベンゼン環に由来するイオンピークである。

  1(a、b、d)  2(a、c、d)  3(a、d、e)
  4(b、c、d)  5(b、d、e)  

<解答>へ・  <解説>へ


問32

原子吸光光度法に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a 原子吸光光度法に用いられる光は連続スペクトルである。
 b 試料原子化部を通過した光を、回折格子、干渉フィルターなどを用いて分光する。
 c 水素化物発生装置及び加熱吸収セルは、水銀の定量に用いられる。
 d 常水中からのカドミウムの抽出は、キレート形成後、溶媒抽出により行われる。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問33

ある医薬品(分子量:200)の1.00 mgを水に溶かして正確に50 mLとし、この水溶液につき層長1 cmで波長250 nmにおける吸光度を測定した。このとき得られる吸光度の値は次のどれか。ただし、この医薬品の水溶液の250 nmにおける比吸光度E1%/1cmは125である。

  1 0.025  2 0.050  6 0.125  4 0.250  5 0.500

<解答>へ・ <解説>へ


問34

イムノアッセイに関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a 標識イムノアッセイでは、分子量が5,000以下の低分子物質は測定できない。
 b 標識イムノアッセイは、血中薬物濃度モニタリング(TDM)に利用される。
 c 標識イムノアッセイに用いられる標識物質として、ラジオアイソトープや酵素のほかに蛍光物質も用いられる。
 d それ自身で免疫原性を有する高分子物質をハプテンという。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問35

物理的診断法に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a 超音波診断法では、ヒトの可聴域の周波数をもつ音波が使用される。
 b MRI(magnetic resonance imaging)法では、非侵襲的に体内を描画することができる。
 c CT(computed tomography)スキャン法には遠赤外線が使用される。
 d 内視鏡検査に用いる光学ファィバーは、光の全反射ではなく屈折光を利用している。
 e X線造影法では、ヨウ素を含む有機化合物を造影剤として用いることがある。

  1(a、b)  2(a、e)  3(b、d)
  4(b、e)  5(c、d)  6(c、e)

<解答>へ・  <解説>へ


問36

構造式a〜dで示される天然物由来の医薬品に対する説明ア〜エについて、正しい組合せはどれか。

 ア 生薬バッカクから得られ、子宮収縮薬、鎮痛薬などとして用いられる。
 イ 生薬マオウから得られ、気管支拡張薬などとして用いられる。
 ウ セイヨウイチイ(Taxus baccata)などの樹皮、小枝、葉から得られ、抗癌薬として用いられる。
 エ ケジギタリス(Digitalis lanata)の葉から得られ、強心薬として用いられる。

    a b c d
  1 ア イ ウ エ
  2 イ ウ エ ア
  3 ウ エ ア イ
  4 エ ア イ ウ
  5 イ ア エ ウ
  6 エ ウ イ ア

<解答>へ・  <解説>へ


問37

生薬と主要成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a タンニンという名称は皮なめし作用を有することに由来する。タンニンは、タンパク質と結合する性質を有するものが多く、ゲンノショウコなどの生薬の主要成分である。
 b フラボノイドは天然色素の一種であり、そのアルコール溶液はDragendorff試薬で呈色する。フラボノイドはダイオウなどの生薬の主要成分である。
 c サポニンという名称は石ケン様作用を有することに由来する。サポニンは、起泡性や溶血性を有するものが多く、サイコなどの生薬の主要成分である。
 d アルカロイドという名称は酸性を示すことに由来する。アルカロイドは、酢酸-マロン酸経路で生合成され、チョウジなどの生薬の主要成分である。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問38

次の生薬についての記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a ニンジンとコウジンは、いずれもウコギ科植物のオタネニンジン(Panax ginseng)の根から製造される生薬で、強壮、健胃などの目的に用いられる。
 b ショウキョウとカンキョウは、いずれもショウガ科植物のショウガ(Zingiber officinale)の根茎から製造される生薬で、修治手法が異なる。
 c ビャクジュツとソウジュツは、いずれもキク科植物のオケラ(Atractylodes japonica)の根から製造される生薬で、緩下、消炎などの目的に用いられる。
 d トウヒとチンピは、いずれもミカン科植物のダイダイ(Citrus aurantium)の未熟果実から製造される生薬で、鎮痛、鎮痙などの目的に用いられる。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問39

タンパク質中のアミノ酸残基に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a 開始コドンでコードされるメチオニンは、タンパク質のC末端に位置する。
 b コラーゲン中のプロリンの多くは、水酸化されている。
 c タンパク質のリン酸化は、チロシン、セリン又はスレオニン残基で起こる。
 d ヒストンのリジン残基のアセチル化は、ヒストンのDNAに対する親和性を高める。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問40

核酸の構造と性質に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a DNA及びRNAを構成する塩基のうち、アデニン、グアニン、シトシンはDNAとRNAの両者に共通であり、残りの1種類はDNAではウラシル、RNAではチミンである。
 b DNAにはデオキシリボースが、RNAにはリボースが含まれる。
 c DNAが熱により変性するのは、ホスホジエステル結合が加水分解されるためである。
 d 細菌内に存在するプラスミドは、環状構造をしたDNAである。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問41

ビタミンに関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a ビタミンA及びビタミンDは、脂溶性ビタミンである。
 b ビタミンB1(チアミン)は、チアミン二リン酸の形で糖質代謝系酵素の補酵素として作用する。
 c ヒトは肝臓でビタミンB2(リボフラビン)を生合成することができる。
 d ビオチンは、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)の前駆体である。
 e パントテン酸は補酵素Aの前駆体である。

  1(a、b、c)  2(a、b、e)  3(a、c、d)
  4(b、d、e)  5(c、d、e)  

<解答>へ・  <解説>へ


問42

次の金属イオンa〜cに関する記述ア〜ウについて、正しい組合せはどれか。
 a Ca2+
 b Na+
 c K+

 ア この金属イオンの細胞内濃度は、細胞外よりも低い。神経細胞においてこのイオンを選択的に通すチャネルが開くと活動電位が生じる。テトロドトキシンは、このイオンチャネルを阻害する。
 イ この金属イオンの細胞内濃度は、細胞外よりも高い。神経細胞においてこのイオンを選択的に通すチャネルが開くと膜電位は過分極する。
 ウ この金属イオンの細胞内濃度は、細胞外よりも低い。このイオンの細胞内濃度変動は、筋収縮やシグナル伝達などに関与する。

   a b c 
  1 ア イ ウ 
  2 ア ウ イ
  3 イ ア ウ
  4 イ ウ ア 
  5 ウ ア イ 
  6 ウ イ ア

<解答>へ・  <解説>へ


問43

酵素と酵素反応に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a 一般に、酵素反応において、基質の鏡像異性体間に反応速度の差はない。
 b 一般に、酵素による反応の速度は、温度による影響を受けない。
 c 基質以外の物質が酵素の活性部位とは別の部位に結合して酵素活性が変化することを、アロステリック効果とよぶ。
 d 競合阻害剤は酵素に可逆的に結合し、基質が活性部位に接近するのを妨げる。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問44

糖質の代謝に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a 乳酸、ピルビン酸、グリセロール、アミノ酸などの物質からグルコースが産生される経路を糖新生という。
 b 解糖経路は、グルコースがフルクトース-1,6-ビスリン酸を経てピルビン酸となる過程で、ATPを産生する代謝経路である。
 c クエン酸サイクルは、グルコースがクエン酸に分解され、ATPを産生する代謝経路である。
 d ほ乳動物は、余ったグルコースをグリコーゲンとして主に脂肪組織に蓄える。
 e NADPHは、ペントースリン酸経路によるグルコース-6-リン酸の酸化で作られる。

  1(a、b、c)  2(a、b、e)  3(a、c、d)
  4(b、d、e)  5(c、d、e)  

<解答>へ・  <解説>へ


問45

ミトコンドリアの電子伝達系に関する記述のうち正しいものの組合せはどれか。
 a 電子がNADHからフラビンタンパク質へ伝達されると、プロトン(H+)が細胞質からミトコンドリア内へ取り込まれる。
 b 補酵素Q(CoQ)は、電子授受に関与する。
 c シトクロムP450は、ミトコンドリアにおける電子伝達系の主要な成分である。
 d 電子の最終的な受容体は、酸素分子である。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問46

神経系の構造と機能に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a  脳は中枢神経系に、脊髄は末梢神経系に分類される。
 b 延髄には、呼吸中枢など生命維持に必須の自律性反射中枢がある。
 c 小脳は、大脳と脳幹の間にあり、その主要部分は視床と視床下部である。
 d 脊髄は、中心部に灰白質があり、周辺部に白質がある。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問47

肺胞の構造と機能に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a 肺胞は、直径1 cm程度の袋で、空気と接する上皮細胞の内側は平滑筋に覆われている。
 b I型肺胞上皮細胞は、扁平で肺胞の内表面の大部分を覆っている。
 c II型肺胞上皮細胞は、分泌細胞ともよばれ、界面活性物質(サーファクタント)を分泌する。
 d 肺への血液は、大動脈から分岐した肺動脈から供給される。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問48

肝臓の構造と機能に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a 肝臓には、肝動脈と冠状動脈の両者から血液が供給されている。
 b 肝臓の基本単位である肝小葉の中央には、中心静脈がある。
 c 肝臓は、栄養素や薬物の代謝を行う。
 d 肝細胞により生成された胆汁は、総胆管を経て回腸に分泌される。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問49

腎臓の構造と機能に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a ネフロンは、腎小体と尿細管からなる。
 b 腎小体は、糸球体とボーマン嚢から構成されている。
 c 糸球体で限外ろ過された原尿は、ボーマン嚢から遠位尿細管へ出て、ヘンレ係蹄、近位尿細管、集合管を経て腎孟に至る。
 d バソプレシンには利尿作用が、アンギオテンシンには抗利尿作用がある。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問50

白血球に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
 a 白血球には、顆粒白血球、リンパ球、単球がある。
 b 顆粒白血球には核があるが、リンパ球と単球にはない。
 c 顆粒白血球の中では、好中球の数が一番多い。
 d 顆粒白血球の核の分葉数は、その細胞の成熟に伴い減少する

    a b c d
  1 正 誤 正 正
  2 誤 誤 正 誤
  3 正 正 誤 誤
  4 誤 正 誤 正
  5 正 誤 正 誤

<解答>へ・  <解説>へ


問51

内分泌系臓器と分泌されるホルモンの対応の正誤について、正しい組合せはどれか。
 a 下垂体前葉--------甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン
 b 視床下部 --------甲状腺刺激ホルモン
 c 副腎皮質 --------コルチゾール(ヒドロコルチゾン)
 d 精巣 ------------テストステロン
  
    a b c d
  1 誤 誤 誤 誤
  2 正 正 正 正
  3 正 正 誤 誤
  4 誤 正 正 誤
  5 正 誤 誤 正
  6 誤 誤 正 正

<解答>へ・  <解説>へ


問52

細菌及びウイルスに関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
 a 大腸菌は、グラム陰性菌であり、毒素を産生するものがある。
 b 破傷風菌は、皮膚の創傷面から感染する嫌気性菌で、毒素を産生しない。
 c ウイルスは、細胞を含まない人工培地でも増殖することができる。
 d B型肝炎ウイルスは、ヒトに持続感染する。

    a b c d
  1 正 誤 正 誤
  2 正 誤 誤 正
  3 誤 誤 正 正
  4 誤 正 正 誤
  5 正 正 誤 誤

<解答>へ・  <解説>へ


問53

細胞周期と細胞死に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a S期進行前にDNA損傷を受けた細胞は、G1期で細胞周期が停止する。
 b アポトーシスは、核の断片化を伴わない細胞死のことである。
 c 細胞死は、正常な個体発生のために必須の現象である。
 d S期の進行は、コルヒチンで阻害される。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問54

真核細胞のRNAに関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
 a tRNA及びrRNAは、それぞれ異なったRNAポリメラーゼで転写される。
 b mRNAは、最初にヘテロ核RNA(hn RNA)として転写され、スプライシングされて生成される。
 c mRNAは、成熟の過程で3’末端にポリチミジル酸(poly T)が付加される。
 d 多くのmRNAの5' 末端には、キャップとよばれる構造が付加される

    a b c d
  1 正 誤 正 誤
  2 誤 誤 正 正
  3 誤 正 誤 正
  4 正 誤 正 正
  5 正 正 誤 正

<解答>へ・  <解説>へ


問55

遺伝暗号に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
 a 1つのアミノ酸は、3つの塩基の並び方によって指定され、この遺伝暗号の単位をコドンという。
 b すべてのアミノ酸は、それぞれ複数のコドンを有する。
 c 終止コドンは、UAA、UAG、UGA、UGGの4種類である。
 d AUGはメチオニンのコドンである。

    a b c d
  1 正 正 誤 正
  2 正 誤 正 誤
  3 正 誤 誤 正
  4 誤 正 正 誤
  5 誤 誤 正 正

<解答>へ・  <解説>へ


問56

遺伝子工学に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
 a ES(胚性幹)細胞は、すべての組織の細胞に分化できる能力を持つ。
 b 特定の塩基配列を認識して切断する制限酵素は、遺伝子組換え技術に頻繁に用いられる。
 c 相同組換えを利用して特定の遺伝子を人工的に欠損させたマウスをノックアウトマウスとよぶ。
 d ほ乳類での最初の体細胞クローン動物はヒツジで作られた。

    a b c d
  1 正 正 誤 正
  2 正 誤 正 誤
  3 正 誤 誤 正
  4 誤 正 正 誤
  5 正 正 正 正

<解答>へ・  <解説>へ


問57

情報伝達機構に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a 多くのステロイドホルモンは、細胞表面受容体を介して作用する。
 b 液性(可溶性)因子を介さない細胞間の接触による情報伝達がある。
 c オートクリン(自己分泌)機構では、ホルモンが、それを合成した細胞から離れた標的細胞に作用する。
 d 免疫に関与する細胞は、主にパラクリン(傍分泌)機構により、相互に情報伝達を行っている。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問58

レニン及びアンギオテンシンに関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a アンギオテンシンIIは、血管平滑筋を弛緩させる。
 b アンギオテンシンIIは、副腎皮質でアルドステロンの合成・分泌を促進する。
 c カプトプリルは、アンギオテンシンIからアンギオテンシンIIへの変換を阻害する。
 d レニンは、副腎髄質クロム親和性細胞から分泌される。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問59

甲状腺ホルモンに関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a バセドウ病(グレーブス病)は甲状腺機能の低下による病気である。
 b チログロブリンは、チロキシン(T4)の合成に利用される。
 c T4は、分子内にヨウ素を含んでいる。
 d T4は、遊離のチロシンがヨウ素化されて生合成される。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ


問60

サイトカインに関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
 a サイトカインは、細胞質内の受容体に作用し、細胞増殖、分化及び細胞死を決定する。
 b Th1(1型ヘルパーT細胞)が分泌するインターロイキン2(IL-2)とインターフェロンγは、主に細胞性免疫反応の増強に重要な役割を果たす。
 c Th2(2型ヘルパーT細胞)が分泌するインターロイキン10(IL-10)は、細胞性免疫や炎症反応を抑制する。
 d インターロイキン8(IL-8)などのケモカインは、12回膜貫通型の受容体に結合して白血球遊走などに関わる。

  1(a、b)  2(a、c)  3(a、d)
  4(b、c)  5(b、d)  6(c、d)

<解答>へ・  <解説>へ