入会申込: 以下のいずれかのファイルをダウンロードしてお申し込み下さい。会費(2000円/年)納入済みの会員には「消化器心身医学」が無料で配付されます。  
Word.file  PDF.file  
消化器心身医学のページ
雑誌の目次リスト(1994〜)
  メディカルオンラインから過去の論文をダウンロードできます(有料)
消化器心身医学オンラインジャーナ-ル(ISSN2188-0549)
URL ←ここをクリック
 
投稿規定とテンプレートファイルのページ
 
日本心身医学会
日本心療内科学会
日本国際消化管運動研究会
日本消化器病学会
日本神経消化器病学会
耳鼻咽喉科心身医学研究会

米国消化管運動学会
欧州Neurogastro-enterology学会

(Since 2007.10.20)

 
  2016/04/26
『第84回消化器心身医学研究会学術集会』のご案内 NEW
  2015/09/15
『第83回消化器心身医学研究会学術集会』のご案内
  2015/09/15 消化器心身医学22-1のJ-STAGE公開日が決定
  2013/07/19 会員の皆様:オンラインジャーナルが利用できるようになりました
  2013/07/19 第81回学術集会 演題募集を開始しました 
  2013/07/03 第81回学術集会 案内を掲載しました
  2013/06/05 第80回学術集会抄録集を掲載しました  
  2011/11/112 受賞者一覧を更新しました
 お知らせ

消化器心身医学22-1のJ-STAGE公開日が決定しましたので、お知らせします。

公開日:2015年9月1日
認証期間:2015年9月1日〜2016年2月28日(6ヶ月間)
購読者ID:(前回と同じです)
パスワード:(前回と同じです)

______________________________________________________________________________

消化器心身医学研究会誌電子ジャーナル化について

消化器心身医学研究会
編集委員長 乾 明夫

 本研究会会誌『消化器心身医学研究会』は、20巻より電子ジャーナル化が2012年10月12日の幹事会にて審議され、出席幹事全員の了承を得て、電子ジャーナル化をする運びとなりました。
会員の皆様には、今後、紙媒体のお届けはございませんので、本学会ホームページにてご覧ください。尚、電子ジャーナル閲覧用ID・パスワードは後日お手紙にて、ご通知させていただきます。
今回の電子化により大幅な経費削減が可能となります。編集委員会では、電子ジャーナルの利用拡大等、消化器心身医学研究会の益々の発展に向け努力して参ります。今後とも皆様のご理解とご支援をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

http://www.rinsyo-iyaku.co.jp/jspmdd/ebook/contents.htm

会員の先生方には、御手紙にて、IDとパスワードをお送りいたします


 

 

『第84回消化器心身医学研究会学術集会』のご案内

第84回消化器心身医学研究会
会期:2016年9月9日(金)・10日(土)
会場:北海道大学医学部学友会館 フラテ
会長:奥村 利勝(旭川医科大学病院総合診療部)
テーマ:異分野融合を目指して
ホームページ http://neuro-g18.hkdo.jp

 

  演題登録   ←  ここをクリック

    学会開催案内、演題募集のポスター  ← ここをクリック
    学会プログラム   ← これから  
    学会会場アクセス
   ← ここから 




 代表幹事からのメッセージ

金子 宏 [藤田保健衛生大学医学部内科学(心療内科)]  

消化器心身医学研究会は消化器疾患における心身医学的諸問題を検討し、臨床医学の発展・向上に寄与することを目的に、昭和48年(1973年)3月に第1回の学術集会が九州大学(心療内科)名誉教授、中川哲也先生を当番世話人として開催されました。その後、日本消化器病学会の総会・大会の時期に開催され平成20年5月には第70回の学術集会が予定されている歴史ある研究会です。私は平成19年から佐々木大輔前代表幹事(現名誉会長)の後任として代表幹事を拝命しております。  消化器心身医学研究会は日本心身医学会および日本心療内科学会の認定研修研究会となっています。心身医学は心身症、すなわち心理・社会的因子が発症や経過に影響を及ぼす器質的あるいは機能的身体疾患の病態生理、治療法を研究対象とする学問であり、その目標はbio-psycho-socio-ethical (ecological)な存在である心身症患者さんへのよりよき医療の提供といえます。  

感情を表す言葉として「胃が痛む」「断腸の思い」という消化器症状を含むものが多数存在することからも、気分(情動)が胃腸に影響することが古くから分かっていたことが推定できます。2007年は、いわゆるストレス学説、ストレス潰瘍の生みの親であるカナダの生理学者ハンス=セリエ博士生誕100年の年でもありました。セリエ博士はストレスが脳に作用し自律神経系、内分泌系、免疫系を介して消化器臓器を含む全身に様々な異常をきたす「脳から腸」への影響を約70年前に提唱しました。この20年は「腸から脳」、すなわち内臓知覚の研究が盛んとなり、今まさに消化器心身医学のキーワードとして「脳腸相関」が挙げられます。  

分子生物学の進歩、PETやfMRIなどの脳イメージ技術の進歩により、とりわけ機能性消化管障害のさらなる病態生理の解明が可能な時代となってきています。これらの技術によって得られたデータを消化器心身症の患者さんの医療に役立たせるためには消化器病学、心身医学をはじめ基礎医学、予防医学など学際的な共同作業・研究が不可欠です。ややもすると「精神論的な心身医学」「臓器偏重の消化器病学」と対立軸としてとらえがちであったわけですが、現在は建設的統合へのパラダイムシフトが必要であり、可能な時代といえます。さまざまな分野の領域の方が参加していただくことで、このことが実現できるのではないでしょうか。多くの皆様のご参加をお待ちしております。


 

       
   

 ◆事務局
 鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 社会・行動医学講座 
 心身内科学分野(心身医療科)内
 消化器心身医学研究会事務局

 ◆事務局所在地
 〒890-8520 鹿児島市桜ケ丘8-35-1