日本組織適合性学会

標準化委員会

HLA標準化委員会では、報告書などに記載されるHLA型の表記法の統一およびHLA検査の標準化指針の提案を行っています。

1、報告書に記載するHLA型の表記法を統一について以下の事項を行っています。

 ・血清学的タイピングとDNAタイピングで得られた結果の整合性

 ・DNAタイピン結果と血清学的タイプの相関について

 ・DNAタイピングキットごとでの結果の整合性

 ・アンビギュイティ(ambiguity)の表記法の取り扱いと表記法について

2、HLA検査に関する標準化とその指針の作成について行っています。


HLAアリルの命名規則の改正に関するお知らせ

・HLAタイピング結果のアレル表記法と結果報告の原則(2017年版 改訂1.1版)(pdf)

・表記法Q&A (pdf)

・HLAアレル名変更について(2019年)(pdf)

・HLAタイピング結果のアレル表記法と結果報告の原則(2017年版)(pdf)

・HLA推定アレル一覧表(JSHI)2019年度版(pdf)

・アリル表記法と結果報告の原則(2010年版 改訂1.1版)(pdf)

・同 改訂箇所(pdf)

・「タイピング結果のアリル表記法と結果報告の原則」2010(pdf)

・HLAアリルの命名規則の変更について2010(pdf)

・検査結果記載法と結果報告書表記法およびアンビギュイティの取り扱いの原則(2003改訂版)(pdf)

・検査結果記載法と結果報告書表記法およびアンビギュイティの取り扱いの原則2003(pdf)

・HLAアリル命名規則の改正に関するお知らせ2003(pdf)

・アリル表記法と結果報告の原則について2002(pdf)

・Ambigiuityの記載法の原則について2001(pdf)

・日本人のアリルとその対応抗原2000(pdf)

・アリル表記法と結果報告の原則について2000(pdf)


HLA検査の標準化とその指針に関するお知らせ

・造血幹細胞移植における抗HLA抗体検査に関する指針(2015年)(pdf)